1
「対魔忍アサギ」のエロシーンまとめ10選|無料の画像や動画を厳選

「対魔忍アサギ」のエロシーンまとめ10選|無料の画像や動画を厳選

29,889 views

ハードな凌辱描写で話題となったエロゲーム「対魔忍アサギ」。2007年にはアニメ化され、これまで全6作が発売されている息の長い作品です。アニメでも、原作さながらのレイプや輪姦、触手責めなどエロい凌辱シーンが盛りだくさん。かわいらしい忍者っ娘が乱暴に責められて、アヘ顔晒して快楽に堕ちていく様は、S男紳士には大興奮モノです。そんな「対魔忍アサギ」の抜けるエロシーンを厳選して紹介します。


今だけ!期間限定でAVが無料で見放題に!! 楽天TV 公式サイト
30,000本以上のAVが見放題の「楽天TV」が今なら""""完全無料""""で配信中!

今やAVは無料サイトでも見れますが、広告まみれだったり、ロードに時間がかかったり、AV一本見るのにもストレスを感じがち。さらにはウイルスなどのセキュリティ上のリスクも。
「楽天TV」ならそんなストレスまみれのオナニーライフから解放してくれます。これから紹介するおすすめAV女優も見放題!

登録にかかる時間はたった1分。31日間無料は今だけです!
まずは下のボタンを押して配信作品をチェックしよう!

※31日以内の解約で追加料金は一切発生しません!
配信作品を見に行く

アダルトゲームが話題となったアニメ「対魔忍アサギ」とは





原作となった「対魔忍アサギ」は、2005年に発売されたアダルトゲーム(エロゲ)です。「対魔忍シリーズ」としてシリーズ化されており、2017年までに全15作品が発売されています。

主人公の女忍者への凌辱をメインに扱った作品で、ゲーム内にはレイプや輪姦、触手責め、ふたなり、失禁などのハードな描写が登場するほか、キャットファイトや拷問、人体切断、身体改造などの暴力的なシーンも登場し、話題となりました。




「対魔忍アサギ」のアニメ版は、2007年からOVAとして全6作がリリースされています。ゲーム版と同様に、女の子が乱暴に凌辱されるエロシーンが盛りだくさんです。ストーリーを楽しめるだけではなく、夜のオカズとしても使える作品です。

※無修正のエロアニメ動画に興味のある人はこちらがおすすめです!↓↓
無修正のエロアニメ動画ランキングベスト20【全部無料】

①バックから突かれるアサギ




主人公のアサギが大勢の男に犯されて、バックから突かれて喘ぐシーンです。魔族を倒す忍者「対魔忍」であるアサギ。ずばぬけた格闘能力を持っていますが、人体改造されてしまい、性感帯の感度は常人の3,000倍という身体となってしまいました。

敵に敗れて犯されると、上の画像のように涙目で狂ったように喘いでしまいます。「対魔忍アサギ」シリーズでは、このようなハードな性描写が盛りだくさんです。


②アサギのキャットファイト




「対魔忍アサギ vol.02 姦獄のアリーナ」より。闘技場「カオス・アリーナ」で女戦士と格闘するアサギですが、成すすべなくいたぶられてしまいます。

屈強な女戦士による容赦のない首絞めや腹パンに、悶絶しながらついには気絶するアサギ。女どうしの取っ組み合いが好きという、キャットファイト・フェチの方にはたまらないワンシーンです。


③アサギの騎乗位






ゲーム版より、闘技場で相手に敗れたアサギが騎乗位で犯されるシーンです。

極太のチンコにまたがって自ら腰を動かすアサギ。最初は抵抗するものの、ケタ外れに敏感な身体のせいで最後には自分からチンコを求める痴女になってしまいます。腰を振っているときの顔つきは、まさにメス豚そのものですね。


④恭介とセックスして喘ぐアサギ





「対魔忍アサギ 3 #01 叶わぬ願い」より。婚約者の恭介とセックスするアサギの喘ぎ顔です。

作中では、この後アサギは正常位中出しから潮吹き絶頂します。他のアニメではハードな内容ですが、この作品ではレイプや浣腸など過激なシーンが多いこともあって、どこかイチャラブなエッチに見えます。


⑤敵のくノ一・朧の装束姿





「対魔忍アサギ 3 #01 叶わぬ願い」より。アサギやさくらと敵対するくノ一・朧の忍装束姿です。

大勢の男達を使っての強姦や大量の触手による責めでボロボロになったアサギ達を、見下して笑みを浮かべる姿はまさに女王様そのもの。M男の方は「調教されたい」とゾクゾクするのではないでしょうか。露出度が非常に高いコスチュームも、激エロです。


  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る