1
濡れ場シーンで「本当にフェラしている」映画11選【動画あり】

濡れ場シーンで「本当にフェラしている」映画11選【動画あり】

319,166 views

最初からヌク目的で見るエロ動画と違い、映画の濡れ場には何度もシコりたくなるようなエロさがあります。興奮をあおるような過剰な演出は一切なく、淡々と進むシーンはリアリティ満載です。今回は本当に俳優のナニをフェラチオしている映画をピックアップ!本物の恋人がしているようなフェラを、追求した作品を11選紹介します。フェラだけでなくその後のプレイや見どころを余すところなく解説。忘れられない1本に出会いましょう。

今だけ!期間限定でAVが無料で見放題に!! 楽天TV 公式サイト
30,000本以上のAVが見放題の「楽天TV」が今なら""""完全無料""""で配信中!

今やAVは無料サイトでも見れますが、広告まみれだったり、ロードに時間がかかったり、AV一本見るのにもストレスを感じがち。さらにはウイルスなどのセキュリティ上のリスクも。
「楽天TV」ならそんなストレスまみれのオナニーライフから解放してくれます。これから紹介するおすすめAV女優も見放題!

登録にかかる時間はたった1分。31日間無料は今だけです!
まずは下のボタンを押して配信作品をチェックしよう!

※31日以内の解約で追加料金は一切発生しません!
配信作品を見に行く

本当のフェラシーンはフランス映画に多いが、一部の邦画でも発見!

本当にフェラしている映画があった!



本当にフェラしている映画があるという噂は聞いていても、実際にフェラシーンは編集され見えない様になっている映画ばかり。だからこそ本当にフェラしている映画でも、素直に信じることはできませんよね。






結局はフェラ顔がかわいらしく興奮してきても、疑似フェラや編集をしていると思うとテンションが下がります。そんな人は本当にフェラをしている映画をチェックして、自分の目で確かめてみましょう。






実際にフェラをしている映画は倫理的に、日本では無理といった風潮があります。しかしフランスやスペイン映画はフェラシーンが多く、日本でも観てみたいと思いました。そして根強く探していると、日本でもフェラシーンが観られる映を発見したのです。






日本でフェラをしている映画は珍しいですが、本当にフェラするのを目の当たりにして興奮!本当にフェラをしている映画は存在するので、エロ動画に飽きた人は存分に楽しんでください。


①「愛のコリーダ」

1976年に日本とフランスの合作映画として製作された作品。大島渚監督が指揮をとり、藤竜也さん、松田暎子さんが主演です。日本で初めてのハードコアポルノ作品として、当時大きな話題となりました。

映画の題材はかの有名な阿部定事件。ご存じ男女の愛欲を生々しく描いた作品です。リアルを追求する大島渚監督は、本番の濡れ場をそのままノーカットで撮影し無修正で上映しました。


簡単なあらすじ

東京中野にある料亭吉田屋の主人である吉蔵(藤竜也)に、偶然出会った阿部定(松本映子)が一目惚れをします。すぐに二人は意気投合し、体の関係を重ねるようになりました。次第に二人のセックスはエスカレートしていき、お互いの首を絞めて快感を高める行為を行うようになっていきます。

一歩間違えば死の危険がある行為ですが、ある日誤って吉蔵の首を強く絞めすぎてしまいます。そのことがきっかけとなり、定は吉蔵のことを自分だけのものにするため殺す決意をするのです。

「愛のコリーダ」の詳細はこちらから


禁断のフェラシーンを解説

吉蔵と定は昼夜を問わずにセックスをするようになりました。定は着物のため下半身は下着を履いておらず、着物をきたままの状態でセックスをしています。吉蔵は全裸で正常位でハメた後、椅子にもたれ掛かってからタバコを吸い始めます。

定はそのまま構わずフェラをし、根元の方から先までゆっくり深くフェラをし続けます。定のバキュームフェラによる口元はエロく、吉蔵はそのまま静かに口内発射をします。定のエロい表情の口元からは、精液がこぼれ落ちていました。


視聴者の口コミ・レビュー

日本でもかなり話題となった「愛のコリーダ」ですが、モザイクなしで口内射精までしているフェラシーンはリアルですね。エロい表情の松田映子さんのバキュームフェラは気持ちよさそうです。「愛のコリーダ」のフェラシーンへの口コミを紹介したいと思います。






松田映子さんのフェラシーンを観て、フェラが上手くなったようですね。あとは実践あるのみです。






藤竜也さんは本当にイケメンで雰囲気がある人ですよね。フェラシーンでタバコを吸っている姿は、フェラをさせているという雰囲気でカッコいいです。






確かにフェラをしてもらっている時にタバコを吸っていれば、女性に怒られるのが普通ですよね。男の余裕がよくわかるシーンです。






男女の愛欲を表現する時にはセックスは重要ですし、やはりリアルを追求する大島渚監督だったからこそ、フェラシーンにもこだわったはずです。






藤竜也さんの色黒と松田映子さんの真っ白な柔肌の対比は、確かに素敵でしたよね。生々しいセックスシーンはエロティックそのものです。



  • 1
  • /
  • 5
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る