悲惨な死を遂げたAV女優たち厳選12人|元週刊誌ライターが徹底解明

悲惨な死を遂げたAV女優たち厳選12人|元週刊誌ライターが徹底解明

39,615 views

この記事を書いた人
元パパラッチ集団
マチクサ編集チーム
芸能系を主に執筆しているマチクサ(34歳)編集チームです。昔からテレビやエンタメが好きで、7年間、某週刊誌で芸能と裏社会の記者をしていました。しかし、30歳に政治部へ異動となり悶々としている中、panpan編集部にスカウトされ転職。現在はみんながあっと驚く情報を発信しようと、記者時代に研ぎ澄まされたアンテナを張り巡らして、昼夜ネタ探しに奔走中。
体を張る過酷な仕事であるAV女優。身体的なダメージに加え、精神的にも負担が大きいAV女優は死亡報道がされることも珍しくありませんよね。「AV女優 死」などで検索している方が多いのも事実です。今回は死亡要因別に、亡くなってしまったAV女優をご紹介していきます。悲惨すぎるAVの裏側まで明らかになるでしょう!


今だけ!期間限定でAVが無料で見放題に!! 楽天TV 公式サイト
30,000本以上のAVが見放題の「楽天TV」が今なら""""完全無料""""で配信中!

今やAVは無料サイトでも見れますが、広告まみれだったり、ロードに時間がかかったり、AV一本見るのにもストレスを感じがち。さらにはウイルスなどのセキュリティ上のリスクも。
「楽天TV」ならそんなストレスまみれのオナニーライフから解放してくれます。これから紹介するおすすめAV女優も見放題!

登録にかかる時間はたった1分。31日間無料は今だけです!
まずは下のボタンを押して配信作品をチェックしよう!

※31日以内の解約で追加料金は一切発生しません!
配信作品を見に行く

人気AV女優たちの主な死因5つ

AV女優の主な死因は、以下の5つです。
・撮影中に死亡
・自殺
・過労死
・他殺
・事故に合う

事故や他殺、精神的に病んでしまい自殺などは考えられますよね。しかしそれだけでなく、なんとAVの撮影中に死亡したり、過労で死亡してしまうこともあるんです!いくらAVといっても、人として命くらい当たり前に守られる世界だと思っておりました。AV女優には、我々が想像できないような過酷な裏側もあるのかもしれません。

さっそく死因別に実際死亡してしまったAV女優をご紹介します。


過激すぎて撮影中に死亡した人気AV女優たち

最初は衝撃的な撮影中に死亡したAV女優です。そんなことあっていいのかと疑ってしまいますが、実際撮影中に命を失った事例があります。


「石野容子」




出演本数 8本
主な活動期間 2007〜2009年まで。
死因 突然死?妊娠の影響?
死亡した年齢 25歳
遺体の悲惨さ・グロさ ★☆☆☆☆

「いしの ようこ」「白井 エリコ」という名義でも、2007年からAV女優活動をしていた石野容子さん。石野容子さんは、妊婦系AV女優として作品を出していて、初の妊娠中に撮影されたのがデビュー作。その後も出産後に母乳モノへ出演するなど、妊娠を繰り返すことで仕事をしていた女優なんです。

亡くなった撮影というのが、「美人妊婦容子」という2009年2月12日に撮影された作品。この時はなんと2度目の妊娠中で7ヵ月。撮影が始まる前から「気持ち悪い」などの体調不良を訴えていましたが、そのまま撮影を続行。インタビューを撮っている最中に意識を失い倒れ込み、救急隊員が到着した時はすでに心肺停止状態だったといいます。

このことはニュース番組でも報じられており、AVの撮影中による死ということで事件性も疑われました。しかしハードな作品ではなく、外傷も全くありませんのでグロさはなく、眠るように死亡したということですね。

詳しい死因はわかりません。しかし妊娠を繰り返しての撮影は、少なくとも原因になっていると考えられます。ただ出産をするだけでも命がけなのに、AVへ出演するというのは、亡くなるの危険性もあるということです。尚この「美人妊婦 容子」は現在も発売されています。

美人妊婦 容子


「美咲天使」

出演本数 不明
主な活動期間 2004年頃
死因 急性アルコール中毒?
死亡した年齢 19歳
遺体の悲惨さ・グロさ ★★★☆☆

詳しいプロフィールはわからないですが、2004年頃にゴスロリ美少女としてAV女優活動をしていた美咲天使さん。享年19歳という若さです。

2004年頃起きた「バッキー事件」というAVの有名な事件をご存知でしょうか?バッキー事件とは、ビデオ制作会社「バッキービジュアルプランニング」がAV女優に強姦致傷事件を起こしたこと。このバッキーという会社が製作したビデオは、違法薬物を使用したもの、監禁、水責めなどの暴行映像が大量にあるんです。

この美咲天使さんも、バッキー事件被害者の一人。作品は「問答無用 強制子宮破壊12 精神病のゴスロリ美少女 美咲天使 19歳」です。内容はまず大勢で腹を平手打ちなどの暴行。続けて執拗な水責め。死亡の決め手となったのが強制飲酒です。4リットルもの原液焼酎を、漏斗を使って強制的に飲ませたところ、昏睡状態や脳幹麻痺。意識を失いそのまま死亡してしまいました。

この事件で監督らは逮捕されましたが、「COLLECTOR」という会社が後継し現在も作品が発売されています。

問答無用 強制子宮破壊12


「女優名不明(圧縮モノに出演した女優たち)」




出演本数 不明
主な活動期間 不明
死因 窒息死
死亡した年齢 不明
遺体の悲惨さ・グロさ ★★☆☆☆

特定の女優名は不明ですが、AV撮影中に死亡した例で多いのが「圧縮モノ」。過去に女優名も公開されず、ただ圧縮されそのまま窒息死してしまったAV女優がたくさんいるので、ご紹介いたします。

まず圧縮モノとはマニア向けなので、ピンとこない方もいるでしょう。これは圧縮袋などにAV女優が入り、真空パックにされるという内容です。安全面を考え、普通なら口だけ穴を開けて息はできるようにするのですが、リアリティを求め全く穴を開けずに圧縮する作品もあります。制作側は数秒なら息くらい止められるだろうと思っているのでしょうが、ジタバタした後に動かなくなりそのまま死亡してしまうケースが多いです。

また窒息に加え圧縮の威力が強すぎて、頭の形が変形してしまったり、臓器が圧迫され死に至ることもあります。





自殺して亡くなった人気AV女優

お次は自殺で死亡したAV女優。自殺者は年々増加していますが、精神的に不安定になりやすいAV女優の自殺もとても多いです。


「倉沢七海」




出演本数 26本
死因 飛び降り自殺
主な活動期間 1996〜2004年まで。
死亡した年齢 28歳
遺体の悲惨さ・グロさ ★★★★★
自殺に至った経緯 結婚が破談になったため。本当の真相は不明

1996年にAV女優デビューした倉沢七海さん。愛嬌のあるルックス、スレンダーなボディが人気な女優です。作品ではザーメンモノによく出演していて、当時は「ぶっかけ女王」といわれるくらいザーメンがよく似合っていました。

そんな倉沢七海さんは、2004年8月19日に都内の自宅マンションで飛び降り自殺。AV女優現役時代で、突然の事だったためAV界は騒然としました。

原因は同棲していた彼氏との結婚が破談になったからとのこと。しかしこれは報道されているだけであって真実はわかりません。AVでは特別ハードすぎる作品には出ていませんでしたし、出演数もほどほどなので原因はプライベートだと考えられます。


「苺みるく」




出演本数 98本
死因 手首を切る
主な活動期間 2000〜2009年まで。
死亡した年齢 31歳
遺体の悲惨さ・グロさ ★★★☆☆
自殺に至った経緯 不倫関係のもつれから鬱病になり自殺

苺みるくさんは、2000年に『好きです』でAVデビューしたロリ系の女優。小柄な幼児体型が可愛くて、ロリ好き中心に大人気。ほぼ単体女優の扱いをされており、Adult Video GRANDPRIXでは、最優秀女優賞を受賞するほどAVの活動は順調でした!

そんな苺みるくさんが自殺してしまった経緯は、野球選手の吉武真太郎さんとの不倫。苺みるくさんは結婚をすると決めていたほど本気だったのに、相手に馬鹿にされたと思い手首を切る自殺未遂。この時は死に至らなかったものの、失踪し芸能界からも消えてしまいました。

しかし2008年にはAV復帰。この時は相当深刻な精神状態だったのか、鬱病になり2012年に自殺で死亡。2回目の自殺は何をしたのか明かされていませんが、追い詰められていたので絶対に死ねるような方法を選んだと予想できます。


「牧野田彩(AYA)」




出演本数 16本
死因 飛び降り自殺
主な活動期間 2009〜2010年まで。
死亡した年齢 30歳
遺体の悲惨さ・グロさ ★★★★★
自殺に至った経緯 精神的に病み、衝動的に自殺

牧野田 彩ことAYAさんは、1996年のオーディション番組に出演して見事歌手デビュー。絶頂期の小室ファミリーと親交があり、AYAさん自身も小室ファミリーといわれていました。ブレイクの前から嵐やTOKIOなど、ジャニーズと深い関係があったAYAさん。プライベートの写真やエピソードを暴露してジャニーズからは接見禁止令を出されています。2009年5月にはAV女優デビュー!圧倒的な美貌やスタイルの良さ、元歌手タレントということで注目されました。

しかし精神的に病んでいたのか2010年10月23日、都内マンションの自室7階から飛び降り自殺。ジャニーズだけでなく、多くの芸能人と体の関係にあったため「芸能界の大物に殺される」という精神的な被害妄想で、衝動的に飛び降りてしまったと報道されています。

芸能人との関係を公に暴露してしまうという時点で、正常ではないと感じますね。もしかしたら元から鬱病など、何らかの心の病だった可能性があります。


「麻生美由樹」




出演本数 4本
死因 硫化水素を発生させ自殺
主な活動期間 2008年
死亡した年齢 22歳
遺体の悲惨さ・グロさ ★★★★★
自殺に至った経緯 ネットでの誹謗中傷で病み自殺

麻生美由樹さんは、元芸能人で2008年にAV女優デビューしました。作品数はわずか4作のみ。モデル体型で元芸能人ともあり、デビューから人気があります。自殺のきっかけとなる事件はAV女優デビューしてすぐの事でした。

麻生美由樹さんは50名もの芸人と深い関係をもっており、一人一人の性癖などを名指しで暴露していたんです。それについてキングコングの西野亮廣さんが、自身のブログで公論を述べたところ、ネット民たちも便乗しました。そして麻生美由樹さんは、あっという間にネットで叩かれるようになったのです。内容は「死ね」などという酷いもので、それを見て「近いうちに確実に自殺するつもりです。生まれてきてすいませんでした。」という書き込みをし本当に自殺。

死因は硫化水素。マンションの自室で、硫化水素を発生させて死んでしまいました。自殺の方法としては聞きなれない方も多いと思いますが、硫化水素とは自然に多いガスのことです。これは濃度が高いほど猛毒となり致死率が上がるので、綺麗に安楽死できるという噂が流れて自殺に多用されるようになりました。しかし実際はそんなこともなく、体は緑や茶色に変色し、体中の油がドロドロに溶けだしてしまったりと、遺体はとても悲惨なことになります。

硫化ヘモグロビンは緑色なのが特徴で、硫化水素自殺をした人や事故死した人の肌がコケが生えたような緑色になっていたり、司法解剖で臓器が緑色になっていることが知られています。
引用:エキサイトニュース



次のページ
働き過ぎにより過労死した有名AV女優
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る