オタク歴30年の私がおすすめするアダルト同人サークル10選

オタク歴30年の私がおすすめするアダルト同人サークル10選

7,900 views

この記事を書いた人
コタロー編集チーム
エロ漫画・アニメなど、オタク趣味のディレクターとライターで構成されたチームが作品の隅々までレビュー。軽いエロからハードエロまで、シコれる作品を紹介していきます。基本的に好きな作品や、シコネタのルーティンになっているオススメばかり!コミケ参加は不可欠で新刊チェックも日々行っています。
男の夢とロマンが詰まった作品、アダルト同人サークル。3次元のAV作品とは違い、2次元ならではの現実ではありえないシチュエーションや展開を楽しめるのが魅力ですよね。今回は数多くのアダルト同人サークルを見まくった私がお勧めできる珠玉の10つをご紹介していきます。アダルト同人好きもそうでない方も「新しいエロス」を発見出来るかもしれませんので最後までお付き合いくださいませ。


そもそもアダルト同人サークルとは

そもそもアダルト同人サークルとは
ではそもそもアダルト同人サークルを知る前に「同人」の意味について詳しく見ていきましょう。

「同人」とは「同じ趣味を持った人の集まり」のことを言います。私も調べてみて驚いたのですが、「同人」=「アダルト漫画」と思っておりました。しかし実際はエロ以外でもスポーツ系や恋愛系など、同じ趣向を持っていれば「同人」と言うんですね。その「同人」が集まって作られた組織や団体のことを「同人サークル」と呼びます。

つまりアダルト同人サークルとは「アダルト関係を趣向として集まった方々」のことを指します。そんなアダルト同人サークルが出しているエロ漫画や3DCGではがエロくないわけがありません。非現実なシチュエーションを作り出せるのも2次元の特権ですので「最高にヌけるもの」や「新しい性癖の発見」をアダルト同人サークルから探してみましょう。


オタク歴30年の私がおすすめの同人サークルを選出

アダルト同人サークルにハマり出してからはや30年。それまでは3次元の女性以上の興奮はこの世にないだろうと思っていました。「所詮2次元だから・・・」と興味を持たなかった過去の自分が恥ずかしくなるほど、アダルト同人サークルには素晴らしいエロスが詰まっています。

アダルト同人サークルの魅力は何と言っても性癖の種類。お姉さん系からロリ系、シチュエーションで言えば寝取られやレイプものなどがあり、自分が一番興奮出来るものを見つけた時の喜びは言葉に出来ません。

また「興奮できるアダルト同人を見つけたい!」と思っても、今やアダルト同人作品の数は無数に存在し、一つ一つ見ていったら時間が足りません。そこで今回アダルト同人サークルのエロ漫画や3DCGなど、とにかくエロい2次元を手あたり次第堪能しまくったオタク歴30年の私が、10作品ほどおすすめします。

今回見ていただくアダルト同人サークルの選考基準は、「ストーリーの濃さ」「クオリティー」そしてもちろん「興奮出来るかどうか」で選ばさせていただきました。ではアダルト同人サークルにハマって30年の私が選ぶ珠玉の10つを見ていきましょう。


クリムゾン


まずおすすめしたいアダルト同人サークルは「クリムゾン」。アダルト同人サークル界では圧倒的な地位を誇っており、2次元作品に興味がない人までもがご存知のレジェンド的サークルです。

元々姉と弟の二人で活動していた同人サークルでしたが、現在は姉一人。クリムゾンのお姉さんということから「クリ姉」の愛称でファンからも親しまれている漫画家です。現在までにも数々の賞を獲得しており、ストーリー性と画のクオリティは格別と言えるでしょう。

内容は主に「凌辱系」で、気の強いヒロインや美人格闘家など普段は芯を持った強い女性が、快楽の虜になってしまったり堕ちてしまう作品が多数を占めます。愛読している方ならご存知の「くやしい・・・!でも・・・」というセリフは有名ですよね。作品のジャンルは「痴漢」「媚薬」「拘束」など。

そんな「凌辱系」で男性のファンをがっちり掴んでいるクリムゾンですが、実は女性ファンも根強くいる最強同人サークルです。凌辱と言ってもグロテスクな表現などはないため、アダルト同人サークル初心者の方でも安心して興奮出来ます。


素晴らしい流儀ですね。女性ファンも根強くいる理由がわかる気がします。またクリムゾンは漫画の垣根を越えてアニメ化や実写AVにもなっており、名実ともに日本を代表するアダルト同人サークルです。過去には2次創作の作品もありましたので、自分好みのモノが必ず見つかりますよ。ではそんなクリムゾンのおすすめ作品を3つ見ていきましょう。


クリムゾン OFFICIAL WEB SITE


主な作品①「親友のカレシに犯された私」


クリムゾン人気作品の一つ「親友のカレシに犯された私」。タイトル名でも分かる通り、絶対に関係を持ってはいけない相手に凌辱される作品です。

主人公の佐伯姫子は親友の真知子の家で愚痴をお酒を飲んでいると、そこに現れたのは真知子の彼氏。いかにも悪そうな雰囲気を持っており、案の定真知子がいない隙に身体を触られてしまいます。

終始嫌がっている姫子をあらゆる手で凌辱していくシーンにたまらなく興奮します。クリムゾンのクオリティーと内容の濃さが全面に出ており、「次のシーンではどうなるの!?」と思わず息をのんでしまうことでしょう。

また「親友のカレシに犯された私」はシリーズ化しており、これが1作目。そして2作目、3作目と展開もエロく面白くなっていくので、アダルト同人初心者にもおすすめです。

自分もこんな体験してみたいと感じるような作品で、非常に興奮しました!続編も楽しみにしてます!
引用:FANZAレビュー


後に続くシリーズの1作目です。
設定的にはNTR作品にはなりますがそっちの系の気は感じられません。
犯されてはいけない相手に無理矢理犯されるという作品で凌辱ものが好きな方にはおすすめのできる作品です。
引用:FANZAレビュー


「「親友のカレシに犯された私」」の閲覧はこちらから


主な作品②「 1年間痴漢され続けた女」


タイトル名だけで勃起できるほどインパクトがある「 1年間痴漢され続けた女」。クリムゾンに多数ある痴漢モノの一つで、「くやしい・・・でも・・・」というセリフがピッタリの作品になっています。

主人公は幼少期から空手の英才教育を受けて育った邑楽あかり。父親が残した借金のためにキャバクラに働くことになるんですが、出勤の電車の中で痴漢に合ってしまいます。

空手ばかりしていた男勝りな邑楽あかりは、抵抗しようとしても複数の男には敵わなず女としての快楽を徐々に叩き込まれてついには・・・。

今回ご紹介している「 1年間痴漢され続けた女」もシリーズ化しており、今作品は邑楽あかりが堕ちていく序章にしかすぎません。ボリュームある内容と興奮できるシチュエーション、そしてクリムゾン作者が織りなすエロい言葉の数々に酔いしれちゃってください。

痴漢物はいい。
このじっくり濃厚なところが◎。
よく分かってらっしゃる。
後編でどういう感じになっていくのか。
今から楽しみだ。
引用:FANZAレビュー


本当は強い女が抵抗させてもらえない状況におちいって毎日痴漢されるという内容。
前編ではおっぱいイキ、手マンでのイキ、フェらから集団ぶっかけまで。
はやく後編が読みたい。
引用:FANZAレビュー


「1年間痴漢され続けた女」の閲覧はこちらから


主な作品③「 映画館で罠にハメられた風紀委員長」

強い女性もさまざまいますが、今回は真面目で優等生の風紀委員長。主人公である藤浦ヒナタは父の借金返済のために、映画館でモニターのバイトをすることに。

もちろんただそれで終わるわけはなく、座席に固定されて男たちに凌辱されてしまいます。優等生の風紀委員長という肩書があるからこそ「こんなこと許さない・・・」と反発する藤浦ヒナタ。しかし心とは別に身体はどんどん正直になっていきます。

「 映画館で罠にハメられた風紀委員長」では、エッチなことが嫌いだったはずの真面目な女が堕ちていく心理を上手に表している作品で、男性のみならず女性も興奮出来ること間違いないでしょう。

映画館ヒナタ最高でした!!  薄暗い映画館でベルトで固定されて、声も出せず、事前に書かされた契約書のせいで抵抗もできずに、周りにいる何十人もの男達の慰みものになるヒナタに興奮しました! 
引用:FANZAレビュー


クリムゾン作品を愛読して長いですが、藤浦ヒナタが1番好きなキャラクターです。
JK、真面目な性格、そしてスタイル抜群で美巨乳。
言う事なしですね。
引用:FANZAレビュー



「映画館で罠にハメられた風紀委員長」の閲覧はこちらから


山雲


アダルト同人サークル閲覧歴30年の私が次におすすめするのは「山雲」。デビュー作品が異例の大ヒットをし、一躍アダルト同人サークル界で有名になった最強漫画家です。

上記の画像を「見たことある!」と思った人も多いのではないでしょうか。そうです、この「クローゼット」という作品が2015年に発売し大ヒットし、2018年とごく最近に完結したシリーズ超大作なため知名度が抜群なんです。内容は完全なるNTRモノで鬱勃起系が好きな人は絶対ハマってしまうでしょう。

全体的な作品数は少なめですが、デビュー作のインパクトから今後確実にヒット作品を連発するアダルト同人サークルです。そんな「山雲」のデビュー作品、「クローゼット」を余すことなくご紹介していきます。

山雲のBlog

主な作品①「クローゼット~幼馴染の真実~」

NTR漫画界に新しい風を送り込んだクローゼットシリーズの第1章、「クローゼット~幼馴染の真実~」では胸が締め付けられるような寝取られの興奮が味わえます。

家が隣同士の幼馴染、たかしとりんか。ある日りんかの家に行ったらりんか母に部屋で待つよう言われます。しかしりんかは誰かと帰宅してきたため思わずクローゼットへ隠れ、そこに現れたのはチャラいで有名な先輩の姿が。

エッチなことは嫌いだったはずのりんかが、チャラい先輩の魔の手に徐々に堕とされてしまいます。寝取られるたかしの心理的描写は細かく描かれていますが、逆にりんかの心理はあえて描写しておらず、そこで沸き起こる不安と興奮に魅入ってしまうでしょう。

セックスのうまい先輩に幼馴染が寝取られる話なのじゃ。実用性もいいし、ストーリーもなかなかいいのでNTR大丈夫なら買い
引用:FANZAレビュー


「クローゼット」はNTR漫画の金字塔だ。
りんか、薄井先輩という2人のキャラクターは読めば読むほど味が出てくる不思議な存在であり、そのためストーリーにもどんどん引き込まれていく。
引用:FANZAレビュー


「クローゼット~幼馴染の真実~」の閲覧はこちらから

主な作品②「クローゼット0~奪われた純潔~」


大ヒットしたクローゼットシリーズの2作目、「クローゼット0~奪われた純潔~」では、1作目の数か月前の出来事が描かれており、前作の疑問だった「清楚で真面目のりんかがなぜ寝取られてしまったのか?」が忠実に描かれています。

りんかが段々とメスの顔になっていく姿が本当にたまりません。NTRモノで重要なのはストーリー性と言われていますが、「クローゼットシリーズ」ではそれが非常に細かく表されています。

その為主人公のたかしや、ヒロインのりんかなどに感情移入が出来るので、心の底からエロスを感じ取れる作品でしょう。1作目をご覧になった方には特におすすめしたい作品です。

前作を見てりんかちゃんがどのような経緯で堕ちたのか、見ていてつい感情移入してしまうくらいよく描かれています 
引用:FANZAレビュー


先輩と幼馴染の馴れ初めをきっちりと丁寧に描写しています。
ヒロインがどんどん間男が与える快楽に堕ちていくのがいいですね。
処女喪失の辺りは本当に辛かったです。
引用:FANZAレビュー


「クローゼット0~奪われた純潔~」の閲覧はこちらから

主な作品③「クローゼット2~彼女の結末~」


NTR漫画の最高傑作、クローゼットシリーズの完結編が「クローゼット2~彼女の結末~」。1作目では幼馴染のりんかがチャラい先輩に寝取られて、2作目では「なぜ寝取られたのか?」という部分が重要なポイントでした。

3作目でも同様激しくセックスをするりんかと先輩。そしてチャラい先輩の口車に乗せられて、もう一度クローゼットの中へ入り、行為を覗くたかしに起こった悲劇とは・・・。

シリーズ完結編ということもあり非常に上手くまとまっています。また「清純で真面目な彼女が・・・」という点もしっかりと押さえているので、NTR好きは確実チェックしてほしい作品です。

オーソドックスなntrの最終話なのじゃが、ヒロインがエロかったため実用的だったのじゃ!意外と好きなのじゃ!
引用:FANZAレビュー


「クローゼット2~彼女の結末~」の閲覧はこちらから


次のページ
M&U
  • 1
  • /
  • 3
1/3 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る