1
【レビュー】「不感少女がおじさんに負けた日」読んだら同人人気No.1の理由が判明

【レビュー】「不感少女がおじさんに負けた日」読んだら同人人気No.1の理由が判明

329 views

「自分は感じないから余裕」と援交をしまくっていた少女が、テクニシャンなおじさんに連続絶頂させられてしまう「不感少女がおじさんに負けた日」。筆者は同人漫画を読んだことはありませんが、Twitterでたくさんの人が話題にしていたことから、今回初めて読んでみることにしました。今回は筆者の感想をはじめ、「不感少女がおじさんに負けた日」の魅力や人気の理由について詳しくご紹介していきます。


同人人気が高い「不感少女がおじさんに負けた日」が気になり過ぎて…

「不感少女がおじさんに負けた日」は同人サークル・餅犬製作所による同人漫画です。FANZA同人やDLsiteなどのダウンロードサイトをはじめ、メロンブックスなどの同人ショップでも発売されています。

DLsiteの「R18 24時間総合ランキング」では1位を獲得したこともあるほどの人気です。FANZA同人でも「2019年 上半期コミックランキング」で6位を獲得。2つのサイトを合わせると発売数は3万件以上にもなります。

Twitter上でも大きな話題になっており、たくさんの人が良い感想を投稿しています。いま一番勢いのある作品といっても過言ではないでしょう。

「不感少女がおじさんに負けた日」の詳細はこちらをチェック


そもそも「不感少女がおじさんに負けた日」ってどんな漫画?エロ要素、強めなの?

「不感少女がおじさんに負けた日」は同人サークル・餅犬製作所が作成した同人漫画です。餅犬製作所の作品はどれも強制絶頂・連続絶頂をテーマにしており、こちらの作品も同じジャンルとなっています。

物語に登場するのは、「性的な快感を全く感じない」という少女・ななせ。感じないのを良いことに、援助交際でお金を荒稼ぎしていました。

ある日、いつものようにおじさんと援交していた少女。チンポを挿入されても何も感じず、「こいつもいつもと同じね」とスマートフォンをいじりながらおじさんがイクのを待っていました。

しかしおじさんに乳首やオマンコをいじられると、今までに感じたことのない快感が。我慢しようにもできず、思わず声をあげてしまうななせ。ついには耐え切れずに絶頂を迎えてしまう・・・というストーリーです。

エロ同人漫画にしては珍しく、挿入シーンは最初の数ページのみ。あとはほとんど手マンやクンニといった前戯シーンで構成されています。


意を決して読んでみた!冒頭でいきなり惹きこまれる…

物語は学校のシーンからスタート。今作の主役・ななせは、同級生たちが援交の時のプレイで感じてしまったという報告に対して「よく感じられるわね、あんなの豚のふれあいコーナーと同じなのに」と一言。なかなか気の強そうな女の子です。

その後、すぐにななせの援交のシーンへ。相手はニコニコした性格の良さそうなおじさん。最初からすぐにチンポを挿入されるも、何も感じないのか余裕でスマホをいじるななせ。おじさんはあっさりとイってしまいます。2回戦目をしたかったようですが、おじさんはまだ余裕が無かったため、ななせの身体を触り始めます。

いやらしい手つきでななせのおっぱいを撫でるように触りますが、やはりななせは何も感じません。・・・と思いきや、乳首の先を摘ままれた瞬間、「んぁっ」と小さな声が。気持ちよくて声が出るという初めての経験に、自分でも驚くななせ。

まだまだ物語が始まってすぐだというのに、なかなかのエロさです。激しいエロシーンではないものの、おじさんのテクニックやななせの可愛らしい喘ぎ方に「これからどうなるんだろう」とかなり惹き込まれました。


思わず股間に手が…。手マンのシーンがエロ過ぎ!

おっぱいをいじり終えたおじさんは、次に手マンをはじめます。中指と薬指でななせのオマンコの中をクチュクチュとかき混ぜるおじさん。かなりのテクニシャンなのか、ななせは「っふぅうう・・・っ!」と先ほどよりも激しく感じています。

その様子を見たおじさんは、「こういうガキを徹底的に攻略すんのが楽しいんだよなあ」と
ついに本性を現します。とはいえ表面上は優しいまま。ニコニコした表情のまま、感じるななせのオマンコをいじり続けます。

我慢しながらも吐息が漏れてしまっているななせがエロ過ぎるシーンでした。「くすぐったかっただけ」と強気な態度を取ろうとするも、思わず足を閉じようとして抵抗しようとするななせに征服欲が掻き立てられました。思わず筆者の手も股間に伸びてしまいます。


連続潮吹きの場面でついヌイちゃいました…

オマンコをたっぷり触られて敏感になったななせ。ついに手マンで2回イってしまいます。それでも「イってなんかない」とまだまだ強気な様子。そんなななせを見ておじさんは「全弱点覚醒済みのクソ雑魚まんこに生まれ変わりだよ」と言います。

何のことか全く分かっておらず、ななせは不思議な顔をします。筆者も「これからどうなるんだろう」と期待が膨らみました。次の瞬間、おじさんはななせのオマンコにまた指を入れてGスポットをぞりぞりと触り始めます。

するとななせはいきなり「ブシュゥッ」と潮吹き。あまりの勢いの良さに、ななせの身体もシーツもベチョベチョに。ななせは放心状態で自分の身に起きたことが信じられない様子。鬼畜なおじさんは間髪入れずにまたオマンコに指を入れ、かき混ぜます。

必死に歯を食いしばって耐えるななせでしたが、抵抗むなしく2度目の潮吹き。涙を流しながら潮を吹くななせがあまりにエロ過ぎて、筆者もヌイてしまいました・・・。


【レビュー】私が「不感少女がおじさんに負けた日」を読んだ感想を改めて…

「不感少女がおじさんに負けた日」は挿入シーンが少ない漫画とのことだったので、正直「本当にエロいんだろうか」と思っていました。しかし実際に読んでみると、挿入シーンたっぷりな漫画よりもかなりエロさがあり、むしろ「挿入シーンが無くて良かった」とさえ感じました。

おじさんのいやらしい手つき、感じてしまうけれど我慢しようとするななせの表情や心理描写、イってしまう際の演出など、どれをとっても素晴らしい漫画です。手マンなどの前戯だけでこれだけの漫画を描けるとは、作者はかなり実力があると見られます。


徹底評価したら「不感少女がおじさんに負けた日」の同人人気が高い理由が判明

今回は「不感少女がおじさんに負けた日」の人気が高い理由を探るため、3つの項目を基準に徹底評価していこうと思います。評価する3つの項目は「イラストの良さ」「ストーリーの良さ」「Hシーンのエロさ」です。

イラストの良さ 97点/100点
ストーリーの良さ 90点/100点
Hシーンのエロさ 100点/100点
総合点数 96点/100点

イラストのクオリティは高め!ただ表情が同じことが多い

イラストのクオリティは全体的にかなり高めです。小さなコマでも丁寧に書き込まれており、手抜き感は一切ありません。効果音もたくさん入れられており、漫画ですが臨場感がたっぷりです。

ただ一点気になるとすれば、ななせが感じている時の顔がややワンパターンになってしまっているということです。何をされても同じ表情でしか感じていないため、見ていてやや飽きてしまいます。

攻められるたびに違った表情を見せてくれれば、より良い漫画になること間違いありません。とはいえ他の部分は文句のつけようがないほど素晴らしいイラストでしたので、3点のみマイナスの97点としました。


練り込まれたストーリー性はあまりない

「不感少女がおじさんに負けた日」にはあまりストーリー性はありません。用意されている設定といえば「ななせは援交をしており、これまでに感じたことがない」ということくらいです。内容の大半はななせとおじさんのプレイシーンです。

そのためストーリー性を期待して読む人からすると、少し物足りなさを感じてしまうかもしれません。一応、後日談も少しだけ用意されていますが、2ページだけであっさりと終わってしまいます。

ストーリーがあまり練り込まれていないのは残念な部分でもありますが、それが気にならなくなってしまうほどのプレイ内容は充実していましたので、90点としています。


挿入はしないのにヌケるHシーン

先ほどもご紹介したとおり、「不感少女がおじさんに負けた日」にはHシーンがほとんどありません。最初に1ページだけ挿入するシーンはありますが、すぐに終わってしまいますし、ななせの反応も全く無くてヌケるシーンではありません。

作品の大半は手マンやクンニ、おもちゃを使ってのプレイとなっています。これを聞いた人は「それでヌケるのか?」と思ってしまうかもしれませんが、これがかなりエロくてヌケるんです。

感じたくないのに感じてしまい、悔しい表情をするななせ。ついには潮まで吹いてイってしまうという淫乱女へ変貌をとげます。これまで見下していた「男」という存在に翻弄されて、何度もイキまくってしまう可哀想な女の子はこの作品でしか見られないでしょう。文句なしの100点です。


挿入シーンの少なさを逆に魅力へと変えた一作

「私は感じないから大丈夫」と信じ込んでいた強気な女の子が、一人のおじさんのテクニックによって淫乱女へと変わってしまう様子を描いた「不感少女がおじさんに負けた日」。筆者はこの作品を、読む前と読んだ後で180度評価が変わる作品であると感じました。

まともな挿入シーンがないというのは、ほとんどの人にとってデメリットでしかありません。人によっては「Hシーンがないなら読まない」ということもあるのではないでしょうか。しかしこの作品はそんなデメリットを作品の魅力に変えています。Hシーンが無いからつまらないのではなく、Hシーンが無いからこそ余計に興奮できる作品なのです。

もしもこの作品にHシーンがあったとしたら、「チンポで墜ちてしまう」という他の作品と同じような内容になってしまっていたでしょう。そこをまさかの「前戯で堕ちてしまう」という設定にすることで、他の作品には無い魅力を持った一作になっている感じます。


「不感少女がおじさんに負けた日」はこんな人に特におすすめ!

ここからは「不感少女がおじさんに負けた日」がおすすめな人をタイプ別に紹介していきます。ここで紹介したタイプに当てはまるという方はぜひ読んでみてくださいね。


同人誌を普段読まず、初めて挑戦する人

「不感少女がおじさんに負けた日」はイラストやプレイ内容的にあまりクセが強い作品ではありませんので、同人誌を普段読まない方にもおすすめできます。実際、筆者も同人誌は一切読んだことがないタイプでしたが、楽しんで読めました。

同人誌といえばハードなプレイやマニアックな内容のものが多くなっていますが、同人誌を読んだことがない人が最初からそのような作品を読むと、あまりの過激さに抵抗感を持ってしまうこともあります。

しかし「不感少女がおじさんに負けた日」であれば比較的軽い気持ちで読めますので、これから同人誌にチャレンジしようと思っている方はぜひとも読んでみてくださいね。


援助交際モノが好きな方

「不感少女がおじさんに負けた日」は王道の援助交際モノだと感じました。この作品は「制服」「ホテル」「金銭のやり取り」「少し汚いおじさん」という援助交際モノに求められる要素を全て満たしています。

この作品を読んだ後、他の援助交際モノの同人誌をいくつか読んでみましたが、女の子が制服を着ていなかったり、お金のやり取りが省かれていたり、おじさんが綺麗すぎる、もしくは汚すぎたりして、完璧な作品というのはなかなかありませんでした。

しかし「不感少女がおじさんに負けた日」は援助交際モノとしての基本的な設定を全て踏襲しているため、援交好きにとってはたまらない作品といえるでしょう。


強気な女の子が堕ちるのが好きな方

最初はかなり強気で、男性のことを「豚」と呼んでいたななせ。友人が男性に感じさせられてしまったことに対して「バカじゃないの」とまで言う始末。実際、おじさんチンポを挿入されても全く動じず、スマートフォンをいじるほどの余裕を見せていました。

そんなななせですが、おじさんのテクニックには敵わず、堕とされてしまいます。最初こそ歯を食いしばって耐えようとしていましたが、結局耐えられずに顔を真っ赤にして感じまくるという、「強気の女の子が堕ちる」というシチュエーションが好きな方にはドストライクな一作です。


「不感少女がおじさんに負けた日」は挿入シーン好きな人だと苦手かも…

何度もご紹介しましたが、「不感少女がおじさんに負けた日」には挿入シーンが最初の1ページしかありません。その挿入シーンもとても興奮できるようなものではなく、まずヌケはしません。そのため挿入シーンでヌクことを考えて同人誌を購入するタイプの人にとっては、確実に物足りない作品となるでしょう。

しかし挿入シーンが無いとはいえ、その他の部分でしっかりと補えているのもこの作品の魅力。前戯だけでもちゃんと興奮できてヌケるんだということを証明してくれています。絶対に挿入シーンが無ければ嫌だというタイプでなければ、買ってみる価値はあるでしょう。


ぜひ参考に!他の方による「不感少女がおじさんに負けた日」口コミ・レビュー一覧

「不感少女がおじさんに負けた日」が発売されているFANZA同人やDLsiteでは、数々のレビューが投稿されています。今回はその中でも特に参考になりそうなレビューを中心にご紹介していきます。購入を考えている方にとっては良い資料となるでしょう。

強●絶頂の名に恥じない調教シーンが大変実用的。相手をナメ腐っていた女子高生が徐々に媚びへつらうようになり、懇願するようになり、でも手は絶対に緩めない……挿入シーンこそないものの実用性は非常に高かったです。次作もあれば買うレベルで満足しました。
引用:FANZA同人


やはり調教シーンの素晴らしさを絶賛する声が多く見られました。ななせがおじさんに翻弄され、だんだんと性格まで変えられてしまう描写は見事の一言。こちらの方が言うように、挿入シーンはなくとも十分に実用性のある一作です。

最近の買った同人の中で一番満足度の高い作品。強●、連続絶頂ものが好きな人ならまず間違いなく満足出来ると思われる。
堕ちきった後も女の子が(表面上は)クールなままなのが尚素晴らしい。
引用:FANZA同人


こちらの方は「一番満足度の高い作品」とまで言っています。数ある同人誌の中でもナンバーワンの座を得るのはかなり凄いことです。それだけこの作品のクオリティが高いということでしょう。

読み応えがすごい。クオリティも申し分なく、内容も濃い。エロ作品でこんなに満足感を得たのは初めてかもしれない。あとがきにある作者さまの性癖語りは妙に納得できたし、個人的な部分にもハマって大満足。何回読んでも飽きない。
引用:FANZA同人


この作品のあとがきでは、作者が自身の性癖について熱く語っているのですが、その内容についても「納得できた」との声がありました。筆者も読んでみたのですが、「チンポとマンコは同じレベルの存在なのか?」という哲学のような問いについて自らの持論を繰り広げており、思わず「なるほどな」と思ってしまいました。こちらも読んでみる価値ありな内容です。


【オマケ】「不感少女がおじさんに負けた日」が好きな人におすすめの同人エロ漫画3選

最後に「不感少女がおじさんに負けた日」が好きな人におすすめの同人エロ漫画を3つご紹介していきます。どれも「不感少女がおじさんに負けた日」と同じくらいエロくてヌキまくれる作品となっていますので、気になる作品があったらぜひチェックしてみてくださいね。


彼とわたしと店長の深夜勤務

「彼とわたしと店長の深夜勤務」は漫画家・サイクロンによる作品です。発売サイトであるFANZA同人では48000件以上を売り上げ、発売数ランキングでも1位を獲得しています。またこの作品は全部で3部作になっているのですが、全て合わせた発売数はなんと11万7000件にもなります。

登場するのは学生カップルである円香とヒロキ。ヒロキは円香のことが大好きなあまり、手マン以上のプレイができずにいました。そんな二人は旅行に行くために一緒にバイトをすることに。可愛らしい円香にバイト先の店長は目を付け、手に入れるべく行動を起こす・・・というNTRもののストーリーです。

あまりの人気ゆえに河南美里主演で実写AV化もされたこちらの作品。NTRものに抵抗感がなければ、ぜひとも読んでいただきたい一作です。

「彼とわたしと店長の深夜勤務」の詳細はこちらをチェック

◯関連記事
【レビュー】「彼とわたしと店長の深夜勤務」読んだら同人人気No.1の理由が判明


  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る