PSVRで「カスタムメイド3D2」をプレイするための方法を徹底解説!

PSVRで「カスタムメイド3D2」をプレイするための方法を徹底解説!

240 views

この記事を書いた人
新人AV女優大好き。
ヌキ山シコ太郎
横浜在住のアラフォー男子(バツイチ)。AVライター歴15年。20代前半からほぼ毎日、新作AVのチェックと風俗通いが欠かせない生粋のエロ男。新人AV女優の風俗在籍情報を特定するのに定評あり。最近では、新人AV女優の石原希望が大のお気に入り。
エロゲ「カスタムメイド3D2」がPSVRで遊べちゃう!?PS4・PS5用のVRヘッドセットとして発売されているPSVR(PlayStation VR)ですが、海外の無料ソフトを使えばPC用のVRエロゲをプレイできるのはご存知ですか?そこで今回は、PSVRで「カスタムメイド3D2」をプレイする方法を解説します。すでにPSVRを持っていて、PC用のVRソフトもプレイしてみたい方は、ぜひとも参考にしてみてくださいね。


「カスタムメイド3D2」とは、VRに対応しているキャラメイク系エロゲ!

引用:FANZA GAMES


2015年にエロゲメーカー・KISSから発売された「カスタムメイド3D2」。3Dモデルで作られたメイドっ娘を自分好みにカスタマイズできる、キャラメイク系のエロゲです。

引用:FANZA GAMES


メイドっ娘の外見や衣装を細かいところまで変えられるほか、オーナー(プレイヤー)とのプレイによって性感帯や性癖を調教こともできます。ご奉仕好きのメイドがドMな変態っ娘になることも……。非常にドSゴコロをくすぐりますよね。

VRで真価を発揮する

5年前に買って放置してましたが、
VR導入したので再度プレイしたところ評価が一気に上がりました
VRあるなら超オススメです
引用:FANZA GAMESのユーザーレビュー


後発のキャラメイク系エロゲも登場していますが、「カスタムメイド3D2」の大きな特徴は、アップデートによってVRに完全対応したところです。HTC ViveやOculus RiftなどのVRデバイスがあれば、メイドっ娘とのエロシーンを主観視点で拝めます。

さらに、ワイヤレスオナホとも連動するので、コレ1本あればもう現実の彼女は必要ないかも……。


PSVRで「カスタムメイド3D2」をプレイするための方法を8STEPで解説

引用:Amazon.co.jp


没入感満点のエロシーンを楽しめる「カスタムメイド3D2」ですが、PC用のVRヘッドセットを持ってなくても、PSVR(PlayStation VR)があればプレイできるのはご存知ですか?

本来、PSVRで遊べるのは専用のゲームのみ。家庭用ゲーム機用のデバイスなので、エロゲはプレイできません。ですが、ご安心を!非公式の無料ソフトを使えば、PSVRで「カスタムメイド3D2」が遊べるようになります。

ここからは、PSVRで「カスタムメイド3D2」を動かす手順について紹介します。なお、あくまでメーカー非公認の手順なので、くれぐれも自身責任で試してくださいね。


PSVRで「カスタムメイド3D2」を遊ぶために必要なもの

PSVRで「カスタムメイド3D2」を遊ぶためには、下記のものが必要です。準備を始める前に、まずは覚えておきましょう。

・PSVR(一式)
・PC(できれば、高スペックのもの)
・Webカメラ
・「カスタムメイド3D2」(VRに対応しているバージョン)
・「Trinus PSVR」(無料ソフト)
・「Steam」「SteamVR」(無料ソフト)

PCのスペックが弱いと、「カスタムメイド3D2」がスムーズに動作しません。Steam内にある無料ソフト「SteamVR Performance Test」を使えばスペックを判定してくれるので、準備する前にチェックしておくことをオススメします。

「SteamVR Performance Test」のページはこちらから

「レディ」の結果であれば問題なく動作しますが、「可能」「使用不可」であれば、そもそもPCで動作しない(遅延が発生する)ケースが多いので、使用は控えましょう。

CPU:Core i5 2.5GHz以上
メモリ:3GB以上必須 / 8GB以上推奨
グラフィック:1280×720以上 32bitカラー必須 / 1920×1080 32bitカラー推奨
グラフィックカード:
DirectX11対応GPU Geforce GTX 400シリーズ以上 Radeon HD 7000シリーズ以上必須 /
Geforce GTX 500シリーズ以上のミドルレンジ〜ハイエンドクラス推奨
DirectX:11.0以降
引用:「カスタムメイド3D2」の動作環境(FANZA GAMES)


なお、メーカーによる「カスタムメイド3D2」の動作環境は上記の通りです。ゲーミングPCでなくても動作しますが、オンボード(CPU内蔵)のGPUで動かすのは厳しいため、グラフィックカードの購入をオススメします(5~6,000円程度のもので十分です)。


STEP1:「カスタムメイド3D2」をインストールする


まずは、「カスタムメイド3D2」をPCにインストールしましょう。ダウンロード版(FANZA GAMES、8,580円)なら最新バージョンなので、そのままVRデバイスでプレイできます。

一方、パッケージ版(Amazon、4,370円)を購入した場合は、初期バージョンのためVRでプレイできません。インストールした後は、メーカー公式サイトを利用して最新版にアップデートしてください(無料)。

「カスタムメイド3D2」のアップデータ配布ページはこちらから


STEP2:「Steam」「Trinus PSVR」をPCにインストールする

「カスタムメイド3D2」をPSVRで遊ぶためには、「Steam」(SteamVR)と「Trinus PSVR」の2つのソフトが必要です。


「Steam」は「カスタムメイド3D2」(VR版)をPC上で起動させるための汎用ソフト。
「Steam」の公式ページはこちらから
「Trinus PSVR」はPCを使ってPSVRを動作させるためのドライバです。どちらも、公式サイトから無料ダウンロードできます。
「Trinus PSVR」のアップデータ配布ページはこちらから

「Steam」をインストールした後は、次に、Steam上でVRゲームを動かすための「SteamVR」をダウンロードします。手順は以下の通りです。

1.タスクトレイにある、Steamアイコンをクリック
2.SteamVRを選択
3.インストール画面が表示されるので、「次へ」をクリック(インストール開始)


STEP3:PSVRとPCを接続する(「Trinus PSVR」のHELPを参照)


インストールした後は、PSVRとPCを接続します。PSVRのプロセッサーユニット(ヘッドセットと電源・モニタ等を繋げる黒い機器)からPS4に繋いていた①HDMIケーブルと②USBケーブルを外し、PCに接続しなおします(丸番号は、コードに付いているタグ番号)。

ユニットとPSVRを接続するコード(④番)、およびACアダプターのコード(③番)はそのままで良いです。

なお、上記の画像ではユニットと(PS4を遊ぶときの)TVモニタのコードが接続されたままになっていますが、これは取り外しておきましょう(不具合が発生する恐れがあるため)。


STEP4:PC上で、ディスプレイの設定を変更する

PCのディスプレイ解像度をPSVRと同じにします。手順は、Windowsの「設定」→「システム」→「ディスプレイ」の順でクリックし、「ディスプレイの詳細設定」の画面で以下のように変更します(Windows10)。

ディスプレイ解像度→「1920×1080」
複数のディスプレイ→「表示画面を拡張する」


次に、GPUの設定ツール(「NVIDIA コントロールパネル」など)で、以下のように変更します。

リフレッシュレート→「90Hz」


STEP5:PC上で「Trinus PSVR」を設定する


PCで「Trinus PSVR」を起動し、ソフト側の設定を行います。なお、ここからの説明については、バージョン1.0.9のものに準拠します。

最初に表示されるMain画面で、以下の部分を変更(確認)してください。

・Mode → 「SteamVR」
・Headset Display →「DISPLAY2」

次にVR用のドライバーをインストールします。「Advanced」タブを選択して(Mainの2つ右)、下部にある「PSVR Driver」と「SteamVR Driver」の右にあるInstall(インストール)ボタンをクリックしてください。なお、すでに「Uninstall」と表示されていれば、インストールの必要はありません。


STEP6:Trinus PSVRの「START」ボタンを押す

設定が完了したら再びMain画面に戻り、右下にある「Start」ボタンをクリックします。設定が上手くできていればPSVRが起動し(LEDライトが点灯)、自動的にPSVR側のキャリブレーション(調整)が始まります。

なお、この時に、PSVRは必ず平らな場所に置きましょう(動かすと、キャリブレーションが失敗する恐れがあるため)。


STEP7:SteamVRを起動する

「Trinus PSVR」上でPSVRを起動できたら、次に「SteamVR」を立ち上げます(「Trinus PSVR」の画面ははそのまま開いておく)。このタイミングで、PSVR(ヘッドセット)を頭に装着してください。設定に問題なければ、PSVRに「SteamVR」の画面が表示されます。


STEP8:「カスタムメイド3D2 VR」を起動!


最後に、PCで「カスタムメイド3D2」を起動して終了です。なお、VRパッチをインストールしていれば、Windowsのアプリ一覧で「カスタムメイド3D2」と「カスタムメイド3D2 VR」の2つが表示されるので、必ず「VR」のほうを選択しましょう。


次のページ
いよいよプレイ!おすすめの攻略法や隠れたエロシーンを少しだけ公開
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る