1
オリエント工業でラブドールを買ったら、見るべき動画一覧

オリエント工業でラブドールを買ったら、見るべき動画一覧

72,661 views

ラブドールといえばここ!というぐらいにリアルドールで有名なオリエント工業でラブドールを買ったなら、これらの動画は見ておかないと駄目!ラブドールの取り扱い方法を紹介している公式動画をまとめましたので、ぜひ購入した方だけでなく購入を考えている方もご覧ください。


リアルすぎると話題…オリエント工業製ラブドールシリーズとは?


唇がぷにっとしている
白塗りのラブドール・未亡人朱美ちゃんが囁く「ダメよーダメ、ダメ」というフレーズが爆発的に広まり、一躍ブレイクした日本エレキテル連合。2016年の現在、このお笑いコンビは見事にテレビ界から消えてしまいましたが、日本のラブドール業界自体は未だ熱く燃えています。

その火付け役であり、ブームの燃料を注入し続けているのが「オリエント工業」です。東京台東区でダッチワイフ・ラブドールの製造を続けるこの会社は、1977年に創業された老舗企業。もともとはアダルトグッズの販売店でしたが、グッズの品質の悪さをみかねた社長が自ら製造に乗り出したのが創業のきっかけだとか。

1977年オリエント工業から初めて発売されたダッチワイフは「微笑み」という名前で、空気式。腰部にウレタンを使用したものの、手足はなく、トルソーのようなものでした。しかし、それから数十年の月日を経てオリエント工業のプロダクトは格段にレベルアップ。1999年に発売された全身ソフトビニールでできた「アリス」がバカ売れしたことにより、リアルドールへの注目が集まり出しました。その後の10数年でシリコンによるリアルドール制作が可能になり、よりリアルで人肌に近い質感のドールが多数制作されるようになりました。

現在では、骨格はアルミニウム合金、肌は肌質シリコーンゴム、内部充填材は軟質ウレタンフォームを使った「どう見ても人間」なリアルドールが多数作られています。オリエント工業のHPでは現在、「やすらぎ」、「Ange」、「Jewel」、「Ange sepalate」、「Nano」の5つのシリーズのラブドールが販売されています。価格は20万円台〜60万円台までと、幅広いラインナップが話題です。HPに掲載された画像を見ると、とにかくリアルな質感に驚かされますよ。アノ美人女優にそっくりのラブドールもいて、びっくりですよ!これはもう、ときめきを止められませんね!


シリーズラインナップが見たい方はコチラ→オリエント工業のHP

オリエント工業製ラブドールの柔らかさ紹介動画




どんどん進化しつつあるオリエント工業のラブドールですが、まずご紹介したいのがこの柔らかさ!動画で指の食い込みを見るだけでその柔らかさは想像することができますが、これによって腰をひねるような体勢をラブドールに取らせることができるようになり、ラブドールをモデルとして写真を撮影される方にも嬉しい進化です。


オリエント工業の『アンジェセパレート』タイプ紹介動画




オリエント工業のラブドールにはさまざまなタイプがありますが、こちらの「アンジェセパレートタイプ」は腕の着脱が可能な仕様になっています。リアルさという意味では、動画をご覧の通り、腕に線ができてしまい損なわれてしまうかもしれませんが、これによって持ち運びや使用後のお手入れが簡単にできるようになったほか、衣服の着せ替えもしやすくなっています。


オリエント工業の『パーティードール』タイプ紹介動画




大人の秘密のパーティには、こんなオリエント工業のパーティドールを置いても盛り上がるかも?こちらラブドール型のドリンクサーバーになっています。タイプとしては、和服を着た芸者のともこバージョンと、バニーのさおりバージョンの二種類。動画のように右胸を揉むと左の乳首からドリンクがぴゅーっと噴き出すのが笑えるようで、やっぱりどこかエロチック。お遊びで買えるお値段ではありませんが、ちょっと一度ぐらいは試してみたいですよね。


オリエント工業の『アンジェ』&『ジュエル』タイプ紹介動画




オリエント工業のラブドールの中でも人気のあるシリコン製の一体型ボディが魅力的な『アンジェ』と『ジュエル』。よりリアルさを出すためにとアンジェは日本女性の平均身長157cmに作られていますが、更に好みに合わせて胸のサイズやアンダーヘアの毛量を選ぶなんてことも可能。そして、ジュエルに関しては、こちらはちょっと小さい女の子が好きな方向けのラブドールになっています。身長は136cmか146cmのいずれかから選ぶことができ、動画のものは胸が大きめの仕様ですが、Aカップに変えることも可能ですよー!


オリエント工業製ラブドールの可動部と自由度の紹介動画




オリエント工業のラブドールは、びっくりするほどリアルに首などが動きます。首を傾げたり、上を向いたり。そして、その時の首の皮のたるみ具合などもびっくりするほどリアル!ただ、無理矢理動かすとどうしてもラブドールを痛める原因になってしまいますので、こちらの動画を見てしっかりと動かし方を学んでおきましょう。


オリエント工業の頭部取り付け説明動画




この動画を見るとやっぱり人形なんだなあと感じる反面、オリエント工業製ラブドールの作りがとてもしっかりしていることに驚かされます。あれですね。頭が外れているところを見ると、ついついDr.スランプアラ◯ちゃんを思い出してしまいます(笑)


オリエント工業製ラブドールの手入れ&保管方法説明動画




オリエント工業のラブドールはその柔らかくリアルな質感を出すためにシリコンでできていますが、ゆえにきちんとした手入れをしなくては劣化してしまい、使い物にならなくなってしまうことも。保管においては湿気の少ない場所を選び、下にはクッションを敷くなどの気遣いを。そして、汚れた時や時々はお手入れとして、動画のように水拭きなどで汚れを落とした後はベビーパウダーをはたいておくとほこりなどがつきにくくなるのでおすすめです。


  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る