作家・綺羅光のおすすめ官能小説5選|口コミ評価・レビュー多数

作家・綺羅光のおすすめ官能小説5選|口コミ評価・レビュー多数

262 views

一昔前は「官能小説でヌク」というのがメジャーなオナニー法でした。はじめは海外の小説を和訳したものが主流でしたが、1980年代から急激に日本作家の活躍が目立つようになります。中でも、綺羅光(きらひかる)先生の作品は、一貫して「屈辱・調教」をテーマにしていてふ現在もファンの間で人気があります。そこで、初心者でも読みやすいおすすめの官能小説を5作紹介、口コミ・レビューも交えてヌキどころを解説します。
面白そうと思ったらイイネ⇒⇒
⇒記事の続きを見る



TOPに戻る