5月に出会いの場が急増する5つの理由|恋人がいない男女、必見!

5月に出会いの場が急増する5つの理由|恋人がいない男女、必見!

111 views

この記事を書いた人
愛のあるヤリチン
時雨
小中高時代は義理チョコしかもらったことない非モテ男でしたが、大学デビューして遊び人の友達とストナンしまくるように。19歳で童貞卒業と遅咲きながら、28歳の今では遂に3桁突破!非モテだったからこそ女性に尽くしたいと努力した結果、女性を喜ばせるセックステクニックやデート交渉術には自信があります。皆さんに勇気を与えられるようなノウハウ伝授を心がけます。
5月という季節には出会いの場が急増するって知っていましたか?理由は様々ではありますが、5月に出会いが急増するのは確実と言えます!もしも今恋人がいない場合には5月というこの時期を使って色んな出会いを求めてみると成功する確率があがるでしょう。ちなみにこの出会いの場が急増するのは男女関係ありません!つまり男女共出会いを求める人が多くなるということなんです!


このままだと一人ぼっちの夏が来る…


このままだと一人ぼっちの夏が来る…

1月で年が明け、4月という新年度が始まり、そしてGWというカップルの期間も終わり…次に来るのは開放的になる夏です。しかし、このままでは恋人がいないまま、一人ぼっちの夏が来る…なんて焦ってしまいます。







5月となればまずはGW、周りのカップルはGWで旅行に出かけたりと幸せな時間を送っていたり…そんなのを見てしまえばうらやましくなってしまいます。そして少し経てば次は夏です。夏にも海にプールなどなどカップルで楽しめる場所が沢山あります。

どうにかそんな夏には周りのカップルと同じようにSNSで恋人自慢、恋人とのデートの写真を投稿など出来るようにしておきたいですよね。その為にこの5月、気合を入れて出会いを求めなければいけません。まず、何故5月に出会いが急増するのか?そのメカニズムを知っておきましょう。


①寂しい気持ちになるから


①寂しい気持ちになるから

5月は5月病などもあり、とにかく心が空っぽになりやすい時期なのです。そもそも5月病というのは新社会人がGWを間に挟むことで仕事のやりがいなどを見つめなおし、そこから落ち込んでしまったりやる気が出ないというものですが、これは出会いに関しても同じことが言えます。

新社会人で特に上京してきて初めての一人暮らしの場合、最初は一人暮らしが楽しく感じますが、GWを挟むと仕事に対してもやる気を失い、3~4月に引っ越してきたとなればまだ友達なども少ないでしょう。その中でSNSなどを見ていると、GW中に楽しく友達や恋人と遊んでいる投稿が目に留まってしまい、寂しく感じてしまうのです。

寂しく感じて、そのままもし夏が来てしまったら…と考えるとこのまま一人でずっと過ごすのでは…なんて不安になってしまい、そこから出会いを貪欲に求めようとするのです。


②人との出会いが楽しくなるから


5月は何度も言っているようにGWがあります。GWではどこかに出かけたりと男女関係なく、新しい出会いが沢山あります。色んな所に出かけて、色んなお店に行くことで恋愛などには関係なく、人と人との繋がりが楽しく感じることでしょう。

そこで人と人との繋がりを楽しいと感じるようになると、やはり今度はどうしても異性との出会いに目がいってしまうものです。自分の出会ったことのない異性と出会ってみたい、話してみたい、そんな気持ちが沸いてきやすくなります。

これはもちろん新社会人にも言えることで、上記では新社会人は寂しい気持ちになると解説しましたが、その逆で人間関係が円滑な人は新社会人でもある程度人間関係を構築できているはずです。新社会人の場合はそこで、人と繋がるということに楽しさを感じます。

また、上京してきた新社会人も都会に慣れ始めてきた頃で、もっと都会のこと、都会の人間を知りたいと思い始めます。こういった理由から、とにかく沢山の出会いがほしいと、出会いの場が急増するのです。


③Jメールで出会いを求める人が増えるから


出会いの場が急増するというのは何もリアルな世界だけではありません。慌ただしい4月の時期を過ぎて、ひと段落した5月には、やはり出会いたいという気持ちはネットにも向きます。

そこで、とにかく利用数が多くなるのがJメールです。もちろんネットでの出会いを求める人の中にはSNSを利用する人も多いですが、実際SNSで出会いたいとつぶやいたりしても、そこからすぐに出会いに発展することなんてありません。

もしもそれで出会えてしまうならそうとうなイケメンかそうとうな美女だけでしょう。そこで使われるのがこのような出会い系サイトですが、その中でもJメールは他の出会い系サイトと比べると比較的早く出会いに繋がりやすいです。

出会いを焦っている人にとっては、のんびりメッセージして、のんびり待ち合わせを決めて…なんてそんな時間はありません。とにかく早く会ってみて、自分と合う人かどうか確かめたいです。そんな人がこぞって登録するのがJメールで、若い年齢層はもちろんですが、Jメールは昔からあるサイトなので、ある程度年齢が上の人も登録しています。その年齢層の幅の広さからもJメールを利用する人が多いのです。

Jメール公式サイト(R18)無料登録はこちら


④梅雨入り前に恋人を作っておきたいと思う心理が芽生えるから


夏も間近な季節ではあるものの、夏前ということで次に来るのは梅雨です。梅雨はじめじめしますし、あまり良い季節ではありません。そんな時に恋人もいない一人になってしまうのは暗い気分になってしまいます。

一人でじめじめする雨の中部屋に一人きりなんてなかなか寂しいですよね。だからこそせめて心だけは明るくいれるようにと、恋人を求めるようになります。また、出会いがあればインドアで家の中でのんびりデートなども出来ますから、恋人がいない人にとってはそういうのもうらやましい部分ではありますよね。


⑤「母の日」に母親と連絡して「恋人はできたか?」と聞かれたから


GWも大きなイベントですが、5月中旬には母の日があります。特に一人暮らししている場合、母の日だけには実家に帰ったり、母の日にせめて電話だけでもするという人もいると思います。

しかし、親と連絡を取ると決まって言われるのが「結婚はまだか?」「将来は?」「恋人は?」などです。正直このような質問にはウンザリしてしまいますが、心配するのが親の役目です。この言葉を言われると焦る気持ちが出てきてしまいます。

30代の男女だと恋愛を諦めて仕事一本になっていたり、趣味に没頭していたり…ある程度生活が確立していて恋愛に対する貪欲さは忘れてしまっているかもしれません。しかし親のこの一言で恋愛をしなければ…という気持ちも出てきはじめ、出会わなければという気持ちになります。


まとめ:夏が来る前に5月中に恋人をGET


のんびりしていると時間はあっという間に過ぎてしまいます。気づけば夏…なんてことにならないように、今の時期を狙って出会いを貪欲に求め、そして恋人をゲットしてください。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

◯関連記事
PANPAN認定出会い系ランキング1位「5000円で風俗20回分セックスできる」Jメール
新入社員の女とヤルならGW明けがベストタイミングである理由4選

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る