1
濡れ場シーンで「濃厚なキスをしている」映画10選【動画あり】

濡れ場シーンで「濃厚なキスをしている」映画10選【動画あり】

12,253 views

名作と呼ばれる映画を見るとその世界観やストーリーに感動して素晴らしい気持ちにさせてくれる、そんな経験はありませんか?ただ、ストーリーだけでなく映画の中の見どころの一つが濃厚な濡れ場シーンですよね。かっこいい俳優と美しい女優の濡れ場は男性のみならず注目度の高いシーンと思います。今回はそんな濡れ場で特に「濃厚なキスをしている」映画を中心に皆様にご紹介をしたいと思います。


濡れ場での濃厚なキスは妙に興奮する!


濡れ場での濃厚なキスは妙に興奮する!

濡れ場でのキスは、普通の恋愛ドラマとは違ってリアル感がハンパではないです。普通にキスをするだけではなく、やっぱり体と体の絡みや、気持ちの高ぶりを表現しているところがポイントだと思います。そんなシーンに興奮してツイートしている方もたくさんいるようです!




映画の透き通った美しさに加えて、この濡れ場のシーンが絡み合うことでとっても印象的なシーンになっているのですね。美しさも一層際立って、また興奮する感じ、大好きですね。




濡れ場とキスの関係は最高です。濡れ場があるからこそ、キスシーンの価値が上がったり興奮度が増すのです。キスだけでは物足りず何度も何度も見てしまう気持ち私もとっても同感です。視聴者の気持ちが高ぶれば高ぶるほど、もしかして、ヤッてるんじゃない?と錯覚してしまいますよね。




もう濡れ場を通り越して、濃厚なキスシーンにも注目が集まる時代です。最近は普通のキスシーンもとってもセクシーな描写になっているし、しかも、そのキスシーンが濡れ場の興奮度を上げるという最高のサイクル。。これで濡れ場に濃厚なキスシーンが入っているともう我慢できませんよね!


①「マイ・ブルーベリー・ナイツ」




マイ・ブルーベリー・ナイツは、ノラ・ジョーンズとイケメンのジュード・ロウの共演で話題になった作品です。あらすじは、彼氏が心変わりしてしまって残念ながら失恋したノラ・ジョーンズ演じるエリザベスが、彼のことをいつも待っていたカフェで、恋敗れた後もジュード・ロウ演じるオーナーのジェレミーに愚痴をこぼし、気持ちを落ち着けます。

ただ、その後、失恋を癒すためにたびに出るエリザベスとジェレミーの濃厚なキスシーンが話題になっている作品です。爽やかな空気感だけでなくこの濃厚なキスが加わったセクシーな作品です。


簡単なあらすじ


エリザベスが演じる女性がメインビジュアルになっており、また印象的なキスシーンがフィーチャーされている作品です。この作品はラブロマンスではありますが、濃厚なキスシーンが2回も準備されています。

これらのシーンはそれぞれ別の意味合いでのキスが展開されています。ここはこの作品のポイントの一つでもありますが、キスという行為を通して、もともとはただの知り合いだった二人がキスをすることでどんどん親密になっていき、最後は濃厚にキスを絡め合う素晴らしい作品になっています。この作品を見るとキスが人間関係においてどういう形で存在しているかを改めて考えさせられる作品だと思います。

「マイ・ブルーベリー・ナイツ」の詳細はこちらから


禁断のキスシーンを解説


この作品では2つの濡れ場が存在します。はじめの濡れ場は比較的ライトな感じで進みます。ヒロインのノラ・ジョーンズが失恋を乗り越えるために、カフェオーナーであるジュード・ロウのカフェから旅立つシーンです。このシーンではベッド・インした二人が比較的軽くキスをする、というシーンで濃厚さというよりも、初々しい二人のドキドキしたキスシーンが楽しめます。

2つ目のシーンはもっと濃厚になっています。旅から戻ったノラ・ジョーンズが、またオーナーのジュード・ロウとともに恋仲になって濡れ場を演じます。こちらはもうすでに恋が爆発したかのような濃厚なキスを展開することになります。特に口元にブルーベリーパイをつけたまま、グチョグチョの濃厚キスをするシーンはとても興奮度が高い名シーンの一つだと思います。


視聴者の口コミ・レビュー





このように根強いキスのファンが多い作品になります。濃厚であったり、印象深いキスはやはりファンの心を掴みますね。

無条件の愛情を子に注ぐ母でないとできないレベルのキスですよ?!
引用:@itan-journ@l


ここまで言わせるキスってどんなキスなんでしょうか。作品では本当に濃厚な愛情丸出しのキスがされてますよ。




このシーンぜひ皆さんにも見てほしいです。女子の方もキュンキュンしてしまうような情熱的なキスを楽しめると思います。


②「つぐない」




つぐないは、イアン・マキューアン(ブッカー賞受賞の作家)のベストセラー小説を映画化したもので、「プライドと偏見」などで有名なジョー・ライト監督がメガホンを取っています。多感な少女がまだ幼いうちにうそをつき、そのせいで引き裂かれてしまった男女が翻弄された人生を描くとともに、そのうその贖罪を人生を通して心の何処かで意識し続ける少女の姿が描かれています。原作小説の緻密さ故、その再現が困難と思われていた作品を見事に映画・映像化した監督の手腕と濡れ場が非常に高く評価されている作品でもあります。


簡単なあらすじ


終戦前のイングランド、同じケンブリッジ大学の同窓生であった官僚の娘(セシーリア)と使用人の息子(ロビー)は、本当はあってはならない身分の壁を超えた愛を育んでいました。それはひっそりと秘密裏にただ、愛情を爆発させながらも美しい恋が二人の間にはありました。セシーリアの妹であるブライオニーは当時まだ13歳でした。非常に純粋な彼女は、二人の関係に気づくことになります。噴水で姉とロビーが怪しい行動をとっていること、卑猥な内容を含んだ手紙が存在することなど、純粋なブライオニーにとっては大きな衝撃を与えるに十分なものでした。

そんな時、姉妹の従妹であるローラにブライオニーは二人の秘密をばらしてしまいます。その後、ブライオニーは姉とロビーの大人な関係、濡れ場を目撃してしまい、さらなるショックを受けてしまいます。さらに不運は重なり、ローラが誰かに強姦されてしまう。そのときに、とっさにブライオニーは犯人はロビーだと勘違いをし、母にいいつけてしまいます。結果としてロビーは逮捕されセシーリアとの恋も終わってしまいます。刑期を終えたセシーリアとロビーは関係を修復しまた情熱的な愛を燃え上がらせるのでした。

「つぐない」の詳細はこちらから


禁断のキスシーンを解説


この作品で最も濃厚なキスシーンは、セシーリアとロビーが禁断の恋を燃え上がらせセシーリアの屋敷の図書館で結ばれてしまうシーンです。このシーンはまだ13歳だったブライオニーが偶然にも目の当たりにしてしまい、その大人の恋愛に大きなショックを受けてしまうシーンでもあります。それだけ濃厚であったということですね!

男女の気持ちが最高潮に高ぶったセシーリアとロビーは、二人で図書館にもかかわらずその愛情をさらけ出します。壁に押し付けられたセシーリアはロビーから壁ドンされ、そのまま押し付けられて濃厚なキスを行います。グチョグチョの最強のキスですね。その後、スカートを捲り上げてそのまま挿入。腰を激しく動かしたと思えば、セシーリアもロビーの体に足を絡めて濃厚なキスを求めます。このシーンは他の作品と比べても非常に衝撃度の高いキスが繰り広げられている良策ではないかと思います。


視聴者の口コミ・レビュー





このキスシーン、女優のキーラ・ナイトレイも大興奮のキスだったみたいですね。見ている方もあれだけ興奮するのですから、女優さんも興奮するわけですね。




みなさんこのキスシーンをみて、コロリと落ちてしまう人が多いみたいですね。確かにあの雰囲気と内容であれば興奮して簡単に恋に落ちちゃうかも。。




キスと濡れ場とセックスとが全て美しい映画なんて最高すぎますね。


③「抱きたいカンケイ」




抱きたいカンケイは、2011年のアメリカ映画です。本作は、ナタリー・ポートマン(「ブラック・スワン」などに出演)が主演と製作総指揮をしたラブストーリーです。非常にアメリカらしい自由なセックスフレンドの関係を描いた作品ですが、セックスフレンドから恋仲に発展しそうな微妙な空気感をラブストーリーとして演じています。監督はアイヴァン・ライトマン(「Gガール 破壊的な彼女」などでメガホンをとる)で、非常に刺激的なストーリーを巧みな描写で描いています。


簡単なあらすじ


もともと、林間学校で知り合っていたアダム(アシュトン・カッチャー)とエマ(ナタリー・ポートマン)が時を経て偶然の再会をします。かなり性格の違う二人は林間学校のときには恋仲になることはなく、時間だけが流れていきます。その後、社会人となった二人はある日再会し、ある時、泥酔してしまったアダムがなぜか、エマのシェアハウスで目覚めます。その時、体を重ねてしまった二人。アダムはエマに好意を寄せるが、エマはそんな気はないよう。単に体だけの関係が続くことになります。

「抱きたいカンケイ」の詳細はこちらから


禁断のキスシーンを解説


この作品で一番濃厚なキスシーンはやはり冒頭の初めてアダムとエマが体を重ねるシーンでしょう。泥酔してしまったアダムは、なぜか目をさますとエマのシェアハウスに居ます。隣にはエマもいて、、二日酔いの勢いなのか二人は自然と体を重ねます。やはり、誰しも男は初めての女性とのエッチは興奮するもので、アダムも非常に野獣に近いような勢いでエマに向かっていきます。

ベッドに寝転んだエマに覆いかぶさるアダム。そのまま抱き合うようにしてキスをはじめます。貪るようなキスを何度もした後に挿入シーンに入ります。このシーンはかなり濃厚です!二人はまだ付き合っていないし、付き合う気もない、単なる体の関係のみを求めているため、本当に本能のまま性欲のまま突っ走る感じが最高の濡れ場とキスになっています。


視聴者の口コミ・レビュー





女子がめっちゃキスしたくなる映画って最高じゃないですか?これを好きな人と見れば濃厚なチューができるかもしれませんね。




ここまで嫉妬させるくらい濃厚なキスだからこそ、この作品の価値があると思いますね。私もファンだったら絶対嫉妬しちゃうくらいにグチョグチョなキスでした。




ナタリー・ポートマンのキスはやはりどの作品でも際立って素晴らしいみたいですね。これは他の作品もチェックしてみたくなりますね。


④「きみに読む物語」




「きみに読む物語」はニコラス・パークス(メッセージ・イン・ア・ボトルなどで有名)が執筆したベストセラー小説を映画化したもので、監督はニック・カサヴェテス(シーズ・ソー・ラブリーなどでメガホンをとる)です。出演は若手の注目株であったライアン・ゴズリングと、この作品が出世作となったレイチェル・マクアダムスと、ジーナ・ローランズらによって構成されている。身分が違うなかで純愛を貫く若人たちの素晴らしい共演が見どころの、セクシーラブストーリーになっている。


簡単なあらすじ


レイチェル・マクアダムスが演じるアリーは良家の子女であった。ノースカロライナに家族と夏季休暇を過ごすためにやってきたが、地元で出会ったライアン・ゴズリング演じるノアから熱烈なアプローチを受ける。その後、アプローチは無事成功し、二人は恋に落ちる。ただ、身分の大きな違いが二人の関係に水を指します。アリーの両親は貧乏なノアとの交際に大反対。結局、夏季休暇が終わる頃には二人の関係は終わってしまうのでした。

その後、戦争が始まります。ノアは徴兵され、アリーは裕福な弁護士であるロンと婚約。まだ、気持ちが残っていたアリーはノースカロライナのノアに会いに行きます。ただ、ここで出会った二人は、また激しい愛を重ねることになります。そんな3人の純粋な恋の行方はどうなるのか、本編でぜひお楽しみください。

「きみに読む物語」の詳細はこちらから


禁断のキスシーンを解説


この作品では非常に濃厚なラブシーンが展開されています。少年・少女時代に恋に落ちた二人。ただ家の都合で引き裂かれてしまったその関係は残念ならが一度は終わりますが、その後、再会したときに燃え上がるような恋になっていきます。この時の濡れ場とキスシーンがこの作品の見所でしょう。なお、この作品のキスシーンはMTVのベスト・キス賞にも選ばれており、授賞式では二人がキスを披露しているくらいに、キスがフィーチャーされている作品になります。

再会のシーンで二人は大人の情熱的な濡れ場を演じます。まず、ノアがアリーを抱きかかえ、そのまま、壁に押し付けるような形で荒々しく脱がせ合う二人。もうストップできないくらいに盛り上がった二人は、いきなりベッド・インします。濃厚なキスを繰り返し行なった二人はそのまま正常位でイン。座位なども含めて最高のキスを絡めてラブシーンが盛り上がります。この作品のキスシーンはぜひチェックしていただきたいと思います。


視聴者の口コミ・レビュー





やはりこの作品はキスシーンが最高のウリになっています。濃厚なキスシーンはどの作品でも視聴者を魅了しますね。




リビングでこの作品を見るとはかなりの勇者ですね。ほとんどAVレベルのキスが連発されていますから。父親もさぞかし興奮したでしょう。

ふたりが雨に打たれながらも夢中でキスをする場面は、映画とは思えないくらいのすごい迫力で、とっても綺麗
引用:♥HANA♥の映画ブログ


迫力あふれるキスシーン。これはめっちゃ濃厚ですよ。それに映画が表現するキレイさも加わって、私もおすすめしたい作品です。


⑤「プリティ・ウーマン」





プリティーウーマンは1990年に制作されたアメリカの映画で、監督はゲイリー・マーシャルが担当した。また、主題歌は非常に有名なロイ・オービソンの「オー・プリティ・ウーマン」である。この作品は、「マイ・フェア・レディ」の現代版とも言われ非常に多くのファンを魅了した。主演はリチャード・ギアとジュリア・ロバーツであり、1990年度の全米興行収入1位を獲得している。特にジュリア・ロバーツはこの作品でゴールデングローブ賞の主演女優賞を受賞し、トップスターの仲間入りを果たすこととなった。


簡単なあらすじ


リチャード・ギア演じる実業家のルイスが、たまたま出会ったジュリア・ロバーツ演じるコールガールのビビアンとペントハウスで一晩を過ごす。「体は売っても唇へのキスはお断り」と言われたルイスは、そのままビビアンと一週間のアシスタント契約を結ぶ。はじめはみすぼらしい身なりをしていたビビアンだが、すぐにエレガントな女性に変化する。そんなビビアンに恋い焦がれていくルイス。そして、二人はビジネスパートナーであり、大切な恋人として結ばれそのまま情熱的な濡れ場を演じることとなる。

「プリティー・ウーマン」の詳細はこちらから


禁断のキスシーンを解説


この映画では、2つの濡れ場があります。一つ目はジュリア・ロバーツと初めてであったときにペントハウスで行うもの。もう一つは二人が結ばれ、ピアノの上でお互いの愛を確かめ合うシーン。確実に後者のほうが濡れ場としても、キスの濃厚さとしても素晴らしいものになっています。

二人の愛が盛り上がり、情熱的な濡れ場へ。ジュリア・ロバーツはバスローブの下にセクシーな下着を着用しています。そんなジュリア・ロバーツを無言で抱え上げたリチャード・ギアは、目線を合わせむざぼるように愛撫を行います。弄りあいながらも濃厚なキスを繰り返し、パンティをおろして挿入。このキスシーンは美しいジュリア・ロバーツの裸体も含めて一生に一回は見ておくべき素晴らしいシーンだと思います。


視聴者の口コミ・レビュー





グランドピアノでのキスシーンはやはり注目度の非常に高いシーンのようです。一見の価値アリですよ!




リチャード・ギアの名演の一つにこのキスシーンがありますよね。貪りながらも愛を表現する、イケメンのキス。




非常に激しいキスでしたよね。濡れ場としてもいいですが、キスが印象的な作品だからこそ今回ご紹介したかったのです。


⑥「海を感じる時」




海を感じる時は、中沢けいさんが執筆された1978年発表の小説をもとに、2014年に映画化された邦画です。この作品はその叙情的な描写が非常に高い評価を受けている、安藤尋さんがメガホンを取り、荒井晴彦さんの脚本で作品化されています。

この作品の見所は何と言っても主演の市川由衣さんと池松壮亮さんの濃厚な濡れ場とキスシーンで、当時トップアイドルだった市川由衣さんのおっぱいもしっかり拝める神作品です。


簡単なあらすじ


本作は、千葉県の海沿いの街から始まります。お互いに意識していた高校生の恵美子(市川由衣)と洋(池松壮亮)が軽いキスをするシーンから作品は始まります。ただ、実際には恵美子はそこまで洋のことが好きでもなかったのにもかかわらず、会うと性欲に負けてセックスをしてしまう関係に嫌気がさしてきます。

その後、二人は学校を卒業して離れてしまいますが、会ってくれるのなら、体を差し出してセックスしてもいい、と思うようになります。お互いの関係は、体の関係以上のものにはならず、最終的には母に見つかってしまいます。そして、会えない日々が続く中でまた二人の思いは爆発し、最終的に恋人にならないか、とお互いが話し合いを始めます。このようなドロドロの肉体関係をベースにした、濡れ場の多い作品になります。

「海を感じる時」の詳細はこちらから


禁断のキスシーンを解説


この作品では複数の濡れ場があるため、キスシーンも非常に多く収録されています。まず、冒頭のシーンではいきなり二人がキスをするシーンからはじまります。非常に軽いキスですが、このあとの展開を期待させる素晴らしいキスです。

私が見どころだと思っているのは、二人が肉体関係だけになってしまった中盤での濡れ場です。恵美子と洋がとにかく性欲を満たすだけのために、グチョグチョのセックスをするのですが、ここで市川由衣のおっぱいもしっかり収録されています。前戯もあまりせず、濃厚なキスを繰り返した二人は、いきなり覆いかぶさるような正常位を始め、その後、濃厚な座位が続きます。この時のキスがとても濃厚で、お互いを思いやっている恋人というよりは、肉体関係のみの性欲にまみれたキスで、これは本当に最高ですね!


視聴者の口コミ・レビュー





この作品でおっぱいを出している市川由衣ですが、可愛さも異常だということです。普通、ちょっと旬を過ぎたアイドルが濡れ場に出演することは多いようですが、この作品では全盛期に濡れ場に出ているということで、ものすごく期待が持てます!




やっぱりこの作品はまずおっぱいに注目が集まりますよね。すばらしい美乳なので是非チェックしてみてください。




そうなんです、この作品は展開が早すぎるんです。冒頭から一気に行きますよ!


⑦「愛の渦」




愛の渦は、2006年に岸田國士戯曲賞を受賞したポツドールの舞台劇を映画家したもので、脚本は、ポツドールの三浦大輔自信が行い、また監督も自信が行った。映画化は2014年であったが、当時、売り出し中の池松壮亮と新進女優の門脇麦だけでなく、新井浩文、滝藤賢一といった錚々たる顔ぶれで作品化させた。内容は非常にディープなものとなっており、このレベルの俳優・女優が六本木のアンダーグラウンドな環境で繰り広げられる乱交パーティーを舞台としている。特に濡れ場やキスシーンが非常に特徴的な作品でもあります。


簡単なあらすじ


六本木の高級マンションの一室で催される秘密のパーティー。会員制のクラブ、ガンダーラを舞台に、そこで夜な夜な開催される乱交パーティーが話のメインとなる。池松壮亮が演じるニートと新井浩文が演じるフリーターは毎晩豪華なマンションでセックスに明け暮れる。そこへ普段はそのような世界と一切関わり合いのない、女子大生の門脇麦なども参加し、肉体関係が加速する。ただ、体を重ねるうちに、単なる性欲だけでは済まされない感情が彼らの中に芽生え、そこから話はどんどんと複雑に展開していく。

「愛の渦」の詳細はこちらから


禁断のキスシーンを解説


この作品では基本的に複数人の男女による乱交シーンがメインではありますが、濃厚なキスも見逃せないものとなっています。私のおすすめするのは、最初の乱交シーンです。まだ、新井浩文さんたちも性欲まみれの状態で、単に体と体の関係を求める状態だったのですが、門脇麦さんたちといきなり乱交に突入します。

お互い性欲を発散するだけの関係だったため、非常に濃厚で野獣のようなキスが繰り返されます。セックスシーンは普通のカップルがするようなものとはことなり、とにかく激しく、欲と欲がぶつかりあうものになっています。特におすすめなのは、複数人のプレイです。イケメン二人に囲まれたアイドル級の門脇麦がグチョグチョの騎乗位を繰り返すシーンは一見の価値アリです!


視聴者の口コミ・レビュー





ニートの方も刺激をいっぱいもらって、もしかしたら乱交パーティーに行ってしまうかもしれませんね。




いきなり乱交から始まりますので、興奮度が非常に高い作品です。いきなり、そんなセリフなんてアリなのでしょうか!




乱交パーティーって非日常ですけど、この作品をみると、アソコも元気になりますし、性欲の極みのような愛を感じることができる最高の作品だと思います。


  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る