1
玉置勉強作のエロ漫画おすすめ4作品|見どころや口コミ・レビューを紹介

玉置勉強作のエロ漫画おすすめ4作品|見どころや口コミ・レビューを紹介

303 views

エロ漫画作家というのは基本的にエロ漫画を中心に執筆活動していますが、中にはイラストレーションや映画のシナリオや、一般紙向けの漫画作品を描いている人もいます。玉置勉強先生もその一人で、エロ漫画を描きながらも一般漫画雑誌で一般向けの漫画を発表しています。今回はそんな玉置勉強先生のエロすぎる作品をご紹介しましょう。


人気のエロ漫画家・玉置勉強とは






玉置勉強先生は東京都の新宿区生まれで、世田谷区で育った男性であり、現在は一般漫画作家として活動をしている日本の漫画家です。1994年に成人向け漫画誌である「漫画クリスティ」にて短編作品でデビューし、その後はエロ漫画家として活動していきました。

ですが、1998年に「恋人プレイ」で一般向け漫画誌にも作品を発表し、2005年以降はエロ漫画を発表せずに、一般漫画だけを描いています。エロ漫画を読んだことないという人でも、漫画好きなら名前を聞いたことがあるかもしれない人物です。

※参考記事:↓↓
「エロ漫画雑誌・コミック誌」を無料でこっそり読めるサイト10選

ハード・アクメ


ハード・アクメ

純朴そうな女の子が快楽にだんだんと堕ちていくエロ漫画です。

「ハード・アクメ」の詳細(R18)はこちらから


タイトル通りにハードな内容!


このハード・アクメは2011年9月15日に一水社のいずみコミックスに掲載されており、そのあまりにもハードな内容に話題になった作品です。純粋そうな少女なヒロインたちがあまりにも鬼畜な男性たちに犯されて中出しされまくりで最後にはオチンコ大好きになっちゃう堕落ものです。

無理やりに犯されてハードに責められる女の子たちを見て可哀想だと思ってしまうのですが、それと同時にもっと苛められろと勃起するチンコを刺激されます。


簡単なあらすじ


ヒロインであるチエちゃんは小学生の時にヤンキーの先輩に犯され、それ以来ずっと肉便器として学生時代を送っていました。しかし、そんな学生時代が過ぎると、親の新聞勧誘の仕事をするようになり、セックスをしない禁欲的な生活を送っていきます。

ところが、新聞勧誘でお客さんにおこなった非礼をお詫びしに行くさい、薬を打ち込まれ、普段ためていた欲求を解放させられてしまいます。快楽に敏感になったチエちゃんは溜まっていた性欲を吐き出すかのようにチンコを求めだしました。


見どころ(ヌキどころ)はココだ!


この作品は最初は嫌がっているはずなのに、だんだんとチンポを自分から求め始める少女たちが見どころです。

ストーリーの流れとしては、なにかしらで知らない男性に少女が無理やり犯されてしまうという展開が多いのですが、他の作品とは違い、一般向けの漫画作品を手掛けるほどの構成力でその絶望感をじわりじわりと表現しています。恐怖で浮かべていた涙が次第に快楽によって浮かべるようになっていく姿は見なければ損するレベルと言えるでしょう。


口コミ





数多くある玉置勉強先生の作品の中でもファンに好かれているのがこの作品です。ハードすぎるその作風が性癖に突き刺さる人は少ないくないはずです。





他のエロ漫画と比べても見劣りしない作品であり、ハードで責められる作品にしてはヒロインが病むことがなく、最後には少女が快楽を求めて笑顔を見せてくれるのがこの作品の良いところです。

すべてがハードな内容ではないが、病的でマニアックなものが好きならオススメかも。
登場人物は華奢の割には胸は大きめで、顔も清純そうな子が変貌する感じが良いですね。
引用:ハード・アクメ


不健康そうな印象を受けるヒロインで、見た目は少女なのに脱げばしっかりと女性の体をしているのもエロさを引き立てている要因です。肉体的なハードではなく、精神的なハードが好きな人はぜひオススメしたくなる作品でしょう。

ゲストで絵を提供している人も言ってましたけど、幸薄そうな女の子だらけだな。聴覚障害の女の子の話が良かった。
引用:ハード・アクメ (いずみコミックス)


不幸でもないけど、幸せを掴みきれていない女の子たちに降りかかる悲劇がこの作品の精神的なハード要素を強めています。ついつい引き込まれてしまう少女たちの過去やコンプレックスなどの設定は、さすが一般向けの作品を発表している玉置勉強先生だなと思わされます。

一般の作品が可愛い~感じなのにR18作品エゲツない(褒めてます笑)
引用:ハード・アクメ (いずみコミックス)


玉置勉強先生を一般漫画から知り、過去作であるエロ漫画を読んだ人は、その作風から衝撃を受けることが多いでしょう。



鼻血ブー


エロいだけではなく、面白くもしっかりと青春をしている玉置勉強先生の最高潮時に書いたエロ漫画です。

「鼻血ブー」の詳細(R18)はこちらから


一般漫画と同時に執筆していた最高傑作!


この「鼻血ブー」は2008年3月28日に一水社のいずみコミックスにて掲載されていた作品で、幻冬社のコミックバースで同時に一般向けの漫画作品を執筆しながら制作していました。

他のエロ漫画とは違い、ただエロいだけではなく廻るめく青春劇と、笑える面白展開が繰り広げられ、ヌク目的のエロ漫画ではなく、漫画作品として楽しめるエロ漫画として数多くのファンを獲得しました。


簡単なあらすじ


ヒロインであるあーねえに誘われて性的な関係を持ってしまった主人公は、口にはしなくてもあーねえの事が好きでした。ですが、そんなあーねえは知らない男と結婚することになり、主人公はその結婚式に呼ばれます。

主人公はあーねえの花嫁衣裳を見ながらお互いに初めて同士だったころのセックスを思い出してしまい、過去を思い出してムラムラしてしまった主人公は花嫁姿のあーねえへとまさかの行動を起こします。


見どころ(ヌキどころ)はココだ!


この作品は何気ないようでじわりじわりと読者を寂しくさせる設定と、まさかの展開につい笑ってしまうラストが見どころです。キャラクターごとの心理描写や関係性をしっかりと描いていることで感情移入しやすく、本当に登場キャラ同士が興奮しあってセックスしているのだなと分かるほどによくできています。

内容自体はそこまでハードだということもなく、これまで玉置勉強先生の作品を見たことがない人でもとっつきやすい一冊です。玉置勉強先生に興味を持った人はこの作品から読んでみるのをオススメします。


口コミ





一般漫画でも人気がある玉置勉強先生ですが、一般漫画からエロ漫画へと戻ってきてほしいという声はたくさん上がっているようです。





一般漫画でも通用する画力は他のエロ漫画家よりも一段も二段も高いクオリティを誇っています。





古くもいまだに記憶に残り続けている作品のひとつでしょう。それだけエロいということです。

玉置先生の作品が大好きです。確かなデッサン力に裏打ちされた本当に美しくてエロくてリアリティのある肉体と女の子たちの可愛い表情、そそるカメラワーク。エロはもちろん、エロだけじゃなく、お話も少し苦くて、明るく狂っててかっこいい。満足度の高い一冊だと思います。先生と関係している女の子のラストのポーズに痺れます。ぜひ読んでほしいです。
引用:鼻血ブー



何がいいとかではなく、全体的によくできています。安定した高クオリティは鼻血ブーだけではなく、他の作品にもいえることでしょう。

なんか薄っぺらい気がした。引用:鼻血ブーッ (いずみコミックス)



日常マンガ的なのんびりとした空気感に退屈と感じる人もいるようです。


エロい本


玉置勉強先生のファンなら絶対に知っているエロ漫画です。

「エロい本」の詳細(R18)はこちらから


目を引く表紙は誰をも惹きつけています!


この作品は一水社のいずみコミックスに掲載されていた短編作品を集めた短編集ですが、乳首に耳にピアスをつけ刺青を刻まれている裸の女性が笑顔でオマルに座っているという衝撃的な表紙に数多くの男性の視線を集めました。

内容も奇抜な表紙以上にエロく、玉置勉強先生のファンなら必ずこの作品の事を語るほどに有名であり、また人気のある作品といえます。


簡単なあらすじ


高校一年生の主人公は絵の修行のために夏休みを利用して予備校の夏期講習に通っていました。その夏期講習のヌードデッサンの授業で、美人な女性のヌードモデルと出会い、興奮しながらも頑張って視線を隠していました。しかし、ヌードモデルにはその視線がバレバレで、夏期講習が終わった後に声をかけられます。

そのままヌードモデルに誘われ、誰もいなくなった講習室で主人公は初めて女性の裸を触ります。最初はドギマギしていた主人公も興奮を抑えられなくなり、いきり立ったペニスを自分が絵にかいてオナニーまでしたマンコへと挿入します。


見どころ(ヌキどころ)はココだ!


この作品はタイトル通りにエロい本であり、どのページでもヌケる箇所があるのが魅力です。セックスシーン以外でも、女性の裸や、勃起してしまうようなセリフなど、エロさがちりばめられています。まさにエロい本といえるでしょう。それ以外にこの本を表すタイトルは存在しません。

玉置勉強先生のクオリティの高い絵もそうなのですが、この作品はヒロインたちがどれも魅力的であり、個性的です。気づけば好きになっている、そんなヒロインたちがエッチに描かれています。


口コミ





玉置勉強先生の魅力は一つの作品を読んだら別の作品まで読みたくなってしまうことです。一度ハマれば抜け出せない。それが玉置勉強先生のエロ漫画です。

表紙は軽いけど、中味はマニアックっぽいのが多いなあ。著者の他の成年向けに比べたら明るめエッチ度高めかな?
引用:エロい本 (いずみコミックス)



表紙は少しどぎつく、抵抗感があるかもしれませんが、中身はあれほどきつくはありません。むしろ読みやすく、他の玉置勉強先生の作品に比べて明るめになっています。


  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る