1
大人のデパート エムズ秋葉原店に現役女子大生が潜入調査してみた!

大人のデパート エムズ秋葉原店に現役女子大生が潜入調査してみた!

235 views

アダルトショップなんて男性でも入りにくいもの。
私の元カレも、夜中になってからコソコソ隠れるように行ってました。

でも正直に言うと女だって気になるんです!
どんな売り場でどんな商品が売っているのか、1度は自分の目で見てみたい!

というわけで、今回は現役女子大生の私ミオが、大人のデパートエムズ秋葉原店に潜入してきました!
ドキドキワクワクしながら大人の階段を上りたいと思います♪


私、現役女子大生のミオが大人のデパート エムズ秋葉原店に潜入調査します!


「エムズに行きたがるなんてエロい女だ」なんて思ってません?
確かにエロに興味はありますよ?
興味だけなら人1倍あるけど、アダルトグッズを自分で買ったことはないです!
使用経験で言えば、以前元カレに「ももたろう」っていうバイブを貰って、それをエッチの時に2回使った経験しかありません。

そもそもオナニーもそんなにしないんです。2週間に1回くらいかなぁ?
気持ちいいなとは感じるけど、いつもクリちゃんをイジるだけなんで、事務作業感覚であんまり興奮もしなくなりました。
だから今回エムズ秋葉原店さんでは、中イキできそうなバイブが見つかったらいいなって思ってます♪

「アダルトショップに女1人で行っても大丈夫なのかな…」
「コンドームを買った経験すらない私でも、エムズ秋葉原店さんで無事にバイブを買えるのかな…」
そんな不安は尽きないけれど、ここは女ミオ!根性出して行ってきます!


駅から徒歩1分の立地!だからこそ人通り多くて立ち止まりにくい~!


秋葉原駅を出たらすぐにありました。緑色の看板が目立ってわかりやすい!
でもね、看板に書かれた「pop life department.M’s」はいいんです。ポップライフデパートなんて「アダルトショップ」の意味ではないし、なんだか響きもオシャレだし。
でもその上にデカデカと「大人のデパート」って書いてあるのは恥ずかしい~!

しかも交差点の角地にあるし、建物正面はカフェだし、右横は外貨交換&チケット太郎店だしで、ひたすら人通りが多い!
私が行ったのは平日の午後だったけど、それでもやっぱりたくさんの人が。
駅近だから便利だけど、駅近だからこそ女性は入りにくいかも…
人目を気にしたら負けですね!

あと店の横に顔ハメできる立て看板が2個ありました。
1つは幼女で背が低かったし、もう1つはほぼ裸体のグラビアポーズをした女性。
これに顔を入れるツワモノはいるのかな…。
外国人観光客が物珍しそうに見てたのが印象的でした。


ドキドキしながら潜入!フロアガイドを確認していざ2Fへ!


エムズ秋葉原店は地下1階から6階まで、それぞれで扱っている商品が違います
入り口に大きなフロアガイドがあるのは、初めて行く人にとってありがたいですね!

・B1:アダルトDVD&Blue-ray
・1F:アダルトDVD&Blue-ray
・2F:オナホやダッチ、TENGAショップなど
・3F:ローターやバイブ、irohaショップなど
・4F:ローションやコンドーム、サプリなど
・5F:ランジェリー
・6F:コスチューム

B1と1Fは、アダルトDVD&Blue-rayコーナーだったのでサクッと2Fへ移動。
ほんとにただの冷やかしになっちゃうし、私の前を歩いていた3人組の男性たちが入っていったので、ちょっとついていきにくかったんです…。

緑と白のポップな階段ですが、幅は狭いので1人ずつしか進めなさそう。
でも外から光が差し込んでいるので、よくあるアダルトショップのような隠れ家的雰囲気ではなかったですよ!階段部分は明るくて好き♪


有名なものからマイナーまで!品揃えと在庫数がとにかく豊富!


さすがにTENGAは知ってます。irohaだってドンキで見たことありました。
でも「これどう使うの!?」と使用用途すらわからないものもたくさんあって、カルチャーショックが半端ない!
特に男性用ってなんであんなにネーミング面白いんですか(笑)
「zkzkしたらnrnr(ズコズコしたらヌルヌル)」って…センスがすごいな…。

あと意外とSMグッズって種類豊富で安いんですね!
色んな意味でもっと上級者向けのプレイだと思ってました。
「ピンクのフリフリがついた手錠カワイイ!」
「私の腕より太い注射器…?どうやって使うんだろう…」
なんてマジマジ見てたら、時間なんてあっという間に過ぎちゃいます。

私が1番気になったのは、5Fにあったふんどし
和柄のものや金色のものまで、ぜ~ったいに実用性なさそうなふんどしが、下半身トルソーにたくさん着せられていました。
どこ需要なんだろう(笑)

「ここに来てないものはないんじゃないか?」なんて思えるほどスゴイ商品量でしたよ。
世の中にはこんなにアダルトグッズがあったのかと感動すらしました。


店内の陳列はどこもオシャレ!ポップカードがごちゃついてなくてスマートな感じ!


入ってすぐ思ったのは「ドンキみたい」でした。
だって通路が狭くて、商品が私の身長以上にまで積み上がっているんだもの!
それなのにゴチャゴチャ感を感じなかったのは、陳列センスが良いのと、うるさいポップカードがないせいだと思います。
段差がついていて見やすいし、照明もカラフルでラインナップに合わせた作りになっていました。

あとコスチュームを着せられたトルソーがあったり、見本としてクリアケース内に商品が飾られていたりと、「買わなくてもどんな商品かわかる」のがスゴイ!
これがエムズ秋葉原店さんの実力か…
フロアガイドもそうだったけど、購入者への配慮が考え尽くされていたように感じます。

ただ商品やAV女優さんのポスター量はすごかったですね(笑)
広々としたスペースなんて皆無!
見知らぬ土地に来た観光客のように、口を半開きでキョロキョロしちゃいました。
目のやり場に困るものもあったので、私以上にウブな子ならうつむくしかないかも。


外国人がとにかく多い!2Fは♂客9割で3Fは♀1人客も。5Fはカップルの巣窟…


店内の陳列・ラインナップと衝撃が続きましたが、フと周囲に目をやると、外国人観光客がとても多いのに気付きました。
モデル顔負けのスタイルをしたブロンド美女が1人でバイブを見ていたり、60代に突入してそうな老夫婦が真顔でダッチワイフを触っていたりとものすごくシュール!
海外では「HENTAI」がそのままの意味で通じるそうですが、外国人にとってもカルチャーショックなのかもしれませんね。

ちなみに2Fは「メンズサポート」と書かれているだけあって、男性客が9割を占めます。女性客は私と、カップルでいたもう1人の方のみ。
でも3Fはバイブやローターコーナー。女性客も一気に倍増し、1人客もチラホラいましたよ!4割弱は女性客だったんじゃないかな。

ショックだったのは5Fですね…カップルがいるわいるわ。
フロアに10人未満しかいませんでしたが、その大半がカップル。独り身にはこたえます。
私お気に入りのふんどしも、2人でキャッキャ笑って楽しそうでした。
でも6Fのコスチュームコーナーは、ちょっぴりオタクチックな2人組みの男性以外、私しかいませんでしたね。タイミングかな?


1回100円の「顔かけ(エロ)みくじ」にいざ挑戦!来い500円OFFクーポン!


「がんかけ」って聞いたら「願掛け」を連想しません?
でもエムズ秋葉原店は違いますよ。「顔かけ」なんです。
てなわけで入り口はいってすぐ右隅にある、「顔かけ(エロ)みくじ」ガチャガチャをしてみました。

1回100円でできて、アタリ(?)には店内や通販サイトで使える500円OFFクーポンが入っているんだとか。
3Fで良さそうなバイブを見つけた私にしてみれば、この500円OFFクーポンは魅力的です。

しかし残念ながら結果は中吉。
文言は「かわいい娘には膣トレをさせよ」でした…。
せっかくなので再度チェレンジ!
…するもののまたまた中吉~!
「セックスは一瞬、オナニーは一生」ってどういう意味だろう…。

これ結構クセになるかもしれません(笑)
男性客が入ってこられたので2回でやめましたが、エムズ秋葉原店に行ったならぜひチャレンジしてみてください。


  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る