1
ポリネシアンセックスで5日間かけて気持ち良くなるやり方&体験談

ポリネシアンセックスで5日間かけて気持ち良くなるやり方&体験談

34,575 views

オーガズムの波が押し寄せ、射精の気持ちよさが持続する…5日間かけて行うポリネシアンセックスは、女性だけでなく男性も未体験の快感を味わえる方法です。精神的なつながりを重視し、内側から愛情があふれ心も体も満たされるポリネシアンセックス。この記事では5日間の全工程をどこよりも詳しく解説します。また今まで語られることのなかった男性の体験談も紹介、ポリネシアンセックスの秘密を徹底解剖します。


ポリネシアンセックスとは5日間かけてゆっくりとセックスすること


ポリネシアとはオーストラリアの右側、太平洋に浮かぶ小さな島々の総称です。ポリネシアンセックスとはこの地方で伝承されてきた方法で、挿入まで5日間をかけて行うセックスのことです。通常は数秒しか感じない男性のオーガズムが長時間持続し、女性がイキっぱなしの状態になるなど、普通では考えられない快感を得られるセックスとして知られています。

1日目…見つめあうだけ
2日目…抱き合うだけ
3日目…ディープキス
4日目…性器以外を愛撫
5日目…挿入後30分はピストンなし

日本で広まったのは小説家 五木寛之さんの「サイレント・ラブ」が始まりといわれます。情報社会に疲れた男女が、スローセックスを通じて自分を取り戻すという内容で大ヒットしました。マンネリセックス解消の手段としてもおすすめしたい、ポリネシアンセックスを徹底解剖していきます。

五木寛之「サイレント・ラブ」


ポリネシアンセックスの魅力は内側からあふれる一体感


5日間かけて行うポリネシアンセックスは、一瞬の快楽ではなく継続して味わえる一体感が特徴です。射精したいだけの男性、気を使って感じるフリをする女性、そんな上辺だけのセックスとは真逆の方法といえるでしょう。ポリネシアンセックスに関する本を出版しているAV女優の吉沢明歩さんは、次のように語っています。

10cmくらいの距離で30分見つめ合って、最初は照れて笑っちゃうんですよ(笑)。でも途中から!カラダのなかから湧き上がるなにか。相手に触れたくなっちゃうし、相手の体の状態を想像しちゃったり…とにかく興奮するんです。
精神的な繋がりを再確認できるから「癒やし」になるし、リラックスして初めて心から「気持ちいい」って思えますね。
引用:SKY ABUN「焦らし、癒されポリネシア〜ン 噂の「ポリネシアン・セックス」のススメ」


女性の気持ちよさがクローズアップされがちですが、男性も同じように快感の波が定期的に押し寄せます。ペニスではなく脳で気持ちよさを感じるため、何度もイクことができるのです。

◯関連記事・吉沢明歩のケツの穴丸見えの「アナルファック」無料動画ベスト10


ポリネシアンセックスをする前に準備すべきこと


ポリネシアンセックスは事前の準備とスケジュール調整が成功の鍵を握ります。最高の状態で挿入するための準備は以下の4つです。

・1~4日目は少なくても1時間ずつ時間を確保
・5日目は午前中からセックスできるよう調整
・生理周期を確認
・食べ過ぎや飲み過ぎに注意

4日目まではキスやハグ、愛撫だけで過ごします。最低でも1日1時間くらい愛し合う時間をとりましょう。長時間2人でいると、我慢できなくなる場合もあります。物足りないかな?と感じるくらいで終わらせることが大切です。

ポリネシアンセックスでは4日目まで挿入しないので、生理期間中でも問題ありません。感覚を研ぎ澄ますために、食べ過ぎと飲み過ぎに気を付けて過ごします。そして5日目は朝からゆっくりとセックスできるように、2人の休日を合わせましょう。


ポリネシアンセックスのやり方を時系列ごとに解説


簡単に説明するとポリネシアンセックスは「4日間は愛撫のみ、5日目に挿入、入れた後も30分間は腰を振らない」という方法です。どこよりも詳しくやり方を時系列で解説します。


セックス初日はスキンシップだけ


1日目は見つめ合ってから抱き合い、お互いの体温をじっくり感じる期間です。キスやオナニーも我慢して気分を高めます。

1.裸になりベッドに横になる
2.言葉も交わさずにただ見つめ合う
3.30分経ったら抱き合う
4.お互いのぬくもりを感じる

ポイントはキスやおっぱい、性器への刺激など、セックスしたくなる行為を我慢することです。ひたすら抱き合っていると、相手への愛おしさや愛情があふれてくるでしょう。

挿入を我慢できるならオイルマッサージもおすすめです。イランイランやサンダルウッドなど、淫乱作用のある香りを選びましょう。乳首や性器ギリギリまで丁寧にマッサージして、2日目への期待を高めます。


2日目〜4日目は挿入以外の愛撫を解禁

いよいよ2日目はキスが解禁です。時系列に愛撫法を解説します。

・2日目は唇、全身にフレンチキス
・3日目でディープキス解禁
・4日目はおっぱい、性器を軽く愛撫

2日目は抱き合ってから舌を入れないフレンチキスをします。唇だけでなくおでこ、耳、首筋と徐々に下へ移動すると気持ちが高ぶります。わき腹やヒップ、太ももなど全身にキスしましょう。

3日目はディープキスが解禁です。2日間我慢した分、お互いに激しく舌を絡めて楽しみましょう。ディープキス中に耳をふさぐと唾液の音が頭に響き、よりエッチな気持ちになります。

4日目でやっと胸や乳首、性器を愛撫できます。ただし膣への挿入とクンニ、フェラチオは禁止です。クリトリスも軽く触るだけにして、イカせないように気を付けます。どんなに濡れたり勃起しても、次の日の挿入を想像して我慢しましょう。


5日目にいよいよ挿入!おすすめの体位は側位


たっぷりと時間をかけて愛撫した後は、ペニスをゆっくりとオマンコに挿入します。興奮で腰を振りたくなりますが、30分間はそのままで抱き合いましょう。ペニスが脈打ち膣内が収縮する感覚を楽しんでください。もしペニスが萎えてきたら、少しだけ動いて勃起状態を保ちます。

ポリネシアンセックスは骨盤を密着させた体位が基本となります。お互いの顔が見える座位は、女性の好きな体位でしょう。男性には後ろから挿入した側位がおすすめです。腰を振りづらいため、せっかちな人に最適な体位です。

30分経ったら少しずつピストン運動をはじめてください。もしかすると極度の興奮のため、すでにオーガズムを感じているかもしれません。腰を動かすと今まで味わったことのない、脳が麻痺するような快感に襲われます。体だけでなく内側から一体になった感覚に身を任せましょう。


ポリネシアンセックスで気持ち良くなるコツ


5日間かけて挿入することで、極上の快感を味わえるポリネシアンセックス。もっと気持ちよくなれる上級者向けのコツを紹介します。

5日目の挿入後に休憩をはさみながら、入れる・抜くを2~3ターン繰り返すと射精の快感が倍増します。

1.30分間腰を動かさずに我慢
2.いったんペニスを抜いて愛撫しながら10分休む
3.また挿入して少しだけ動かす

上記を1セットとして数回繰り返すと、さらにオーガズムへの期待が高まります。射精がセックスの目的になりがちな男性でも、メスイキといわれる女性的な快感を感じられます。

射精後にチンポを抜かずに抱き合い、余韻を楽しむ方法もおすすめです。相手への愛情があふれ、射精後なのにオーガズムを感じる男性もいるでしょう。ゆるやかに続く快感をたっぷり楽しんでください。


  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る