クンニってどんな意味|語源はラテン語で軽蔑の対象だった。

クンニってどんな意味|語源はラテン語で軽蔑の対象だった。

5,769 views

この記事を書いた人
テクニックで愛される
ピースフルえりこ
大人の恋愛小説や映画に刺激され、実生活でもスリルと興奮を求める女子ライター。元々は小説家志望でネタ探しも兼ねて自分でいろんな恋愛やセックスを試してましたが、その経験はpanpanのコラム記事で活かされることに。最近は妄想を膨らませる一人エッチにもはまっており、女性向けラブグッズのレビュー記事も書いています。赤裸々な私の本音を届けます。
スマホのおかげで、エロワードを目にする子も多いでしょう。また早熟な友達から聞いたものの、詳しく聞けずにモヤモヤしている人もいるかもしれません。

中でも自分がいつかされるかもしれないクンニは、どんなものか気になってドキドキしてしまいますよね。

そこで今回は、クンニってどんな意味?と気になっているウブっ娘のために、クンニの意味や語源まで解説!クンニする男性や、される側の女性の気持ちも教えちゃいますよ。





クンニ(クンニリングス)の意味とは

くんに 意味
クンニの正式な呼び方は、クンニリングス!発音は完全に日本語読みですが、実はラテン語が語源です。

ラテン語の「cunnus(クンヌス)」の意味は、女陰や外陰部!要するに女性器を指しています。同じくラテン語の「lingere(リンジェーレ)」の意味は、ズバリ舐めるです。

この2つの言葉が組み合わさり、「cunnilingus(クンニリングス)」となりました。つまり直訳すれば、女性器を舐める行為がクンニなのです。

女性器を舐めるなんて、さすがラテンの国は情熱的!と思いますが、実はラテン語発祥の古代ローマでは男たちにとってクンニは軽蔑の対象だったとか…。

当時男が主導権を握る男尊女卑文化だった古代ローマでは、女の股間に顔を埋めるなんて服従する行為だと、侮蔑対象になっていたのです。

しかし表向きはどうあれ、古来よりクンニをしたい男もされたい女もたくさんいたのは事実!古代ローマにも当然クンニ好きの男はいましたし、されたいマダムたちは奴隷にクンニさせて楽しんでいました。

また古代中国では長寿の秘薬としてクンニを推奨し、我が日本でも「なめくじり」や「相舐め」なる言葉があるほど、アソコを舐めたい人は古今東西たくさんいるのです。


次のページ
男性はなぜ性器を舐めて愛撫するのか
  • 1
  • /
  • 3
1/3 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る