叶恭子のセックスに対する名言が、予想外に深い

叶恭子のセックスに対する名言が、予想外に深い

25,335 views

この記事を書いた人
元パパラッチ集団
マチクサ編集チーム
芸能系を主に執筆しているマチクサ(34歳)編集チームです。昔からテレビやエンタメが好きで、7年間、某週刊誌で芸能と裏社会の記者をしていました。しかし、30歳に政治部へ異動となり悶々としている中、panpan編集部にスカウトされ転職。現在はみんながあっと驚く情報を発信しようと、記者時代に研ぎ澄まされたアンテナを張り巡らして、昼夜ネタ探しに奔走中。
叶恭子さんは芸能人の中でもこれほど謎多き女性もいないでしょう。そんな叶恭子さんのセックスに対する名言が深すぎると話題になっています。そこで、今回はそんな叶恭子さんの名言を集めてみました。


「よいセックスとは、自分と同程度の知性を持った相手として、はじめて可能である 」


よいセックスとは、自分と同程度の知性を持った相手として、はじめて可能である

何を良いセックスとするかは人次第かもしれませんが、どちらかがお馬鹿だったら楽しいセックスはできるかもしれませんが、それを良いセックスとは言わないということでしょう。

確かに性欲に任せて腰を振って快楽を貪っているだけでは猿と変わりません。お互いに知性的で理性を持った人間らしいセックスをすることで、より質の高いセックスが楽しめるのかもしれません。


“全身が顔”なのです。あなたは全身をパートナーに舐めさせることができますか?


体全体が自分を表す顔と同じで、体のどこを見られても自信を持てるように普段から見えないところにも気を配れてこそ本当の美は手に入るということではないでしょうか。

見えるところは綺麗にしているけれど、服で隠れている部分を疎かにしていては、セックスの時に晒すことができず舐めさせることができないということだと思います。


メイクラブの相性は、ひとりの男性と最低3回は試してみないとわからないものです


ひとりの男性と最低で3回エッチしているということは、それだけ時間をかけて付き合っているということではないでしょうか。

すぐに新しい男性ととっかえひっかえ付き合っているように思っていただけに、この発言は意外に感じました。また、3回目となるとお互いにエッチにも慣れてくるため、男性が本性を表すということなのかもしれません。


欲望やエロスというのは、難しくお勉強するようなたぐいのことではありません。ただ感じることで得るものなのです


まさに学校では教えてくれないこと。こちらは前述のセックスとは別に、本能からくる欲望やエロスは学ぶのではなくお互いに肌を合わせて感じることでしか知ることができないということでしょうか。

これに人間らしい知性が加わることでより質の良いセックスを体験できるのでしょう。まずは心のままに、お互いに気持ち良さを感じあえることが大事なのかもしれません。

沢山の恋愛経験、男性経験を積んできた叶恭子さんだからこそこのような名言がいえるのでしょう。女性はもっとオープンになって、セックスを楽しんでも良いのかもしれません。

※本記事に関する削除依頼は、以下にメッセージください。

削除依頼はコチラから

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る