えっ?日本初のAV男優はまさかの、あの人だった・・・

えっ?日本初のAV男優はまさかの、あの人だった・・・

13,036 views

この記事を書いた人
セクシーな人生を。
panpan編集部
メンズ総合情報サイトpanpan[パンパン]のメイン編集デスクです。2015年にコンパ仲間とともに立ち上げ、読者にとって本当に価値のある情報提供を心がけて執筆を続けてきました。他のサイトではちょっと見られない、PanPanならではの使える恋愛ネタやテクニックを発信していきます。応援よろしくお願いいたします。
「日本初のAV男優」と呼ばれているジャーナリストがいることをご存知ですか?

実は、知ってビックリの「あの人」なんです。また、何故彼が日本初のAV男優と呼ばれるようになったか…その理由もビックリですよ!

「日本初のAV男優」とは…


「日本初のAV男優」とは…
日本初のAV男優と呼ばれるジャーナリスト…何を隠そう、それは田原総一朗さんなんです。

最近ではテレビのパーソナリティとして認識されている事も多い田原さんですが、元々はテレビ東京のディレクターでした。1977年にテレビ東京を退社して、現在でもフリージャーナリストとして様々な活動を続けています。


何故、田原総一朗がAV男優と呼ばれたか…



※田原さんが日本初のAV男優である旨を認めた動画(1時間11分~ご覧ください)

何故田原総一朗がAV男優と呼ばれたか、についてはかなり面白い理由があります。

動画でも説明がありますが、テレビ東京のディレクター時代に取材したあるドキュメンタリー番組での出来事が原因なのです。当時30代だった田原さんは元全共闘の若者を取材、「出席者全員が花嫁とセックスする」と言う結婚式の撮影を行いました。

この時の花嫁が「ディレクターとセックスがしたい」と言い出したらしいのです。

田原さんはこの発言を受け入れ、花嫁とセックスしてしまったようで…さらにはそれを放映してしまったと言うから凄いですよね。


他にもある武勇伝の数々…


他にも調べれば調べるほど、田原総一朗さんの武勇伝が出て来ます。「2ヶ月もかかる撮影に挑み、会社の出勤簿は仲間にハンコを押してもらった」とか、「ニュージャージーのマフィアを撮影するために、ビリヤード台の上で売春婦とセックスした」とか…。

今のテレビ業界ではおおよそ考えられない破天荒ぶりです!面白いネタのためならなんでもする…その姿勢からはジャーナリストの本性が伺えます。


AKB48ファンと言う無邪気な一面も…


荒ぶる神を心に飼っている田原さんですが、案外無邪気な一面もあります。実はAKB48のファンらしいんです。

自身のブログでもAKB48劇場に公演を観に行ったことを嬉々として報告するなど、お茶目な一面を垣間見せています。ちなみに推しメンは髙橋みなみらしいですよ!


いかがだったでしょうか?テレビで見かける田原総一朗さんからは想像できないようなエピソードに驚いた人も多かったのではないでしょうか。しかし、こうした話を聞くと、昔のテレビって今のテレビよりずっと面白そう!と思うのは筆者だけでしょうか…?

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る