1
女性が彼氏とのセックスに飽きる理由・6選

女性が彼氏とのセックスに飽きる理由・6選

49,830 views

「彼氏とのセックスがマンネリ化してる」「正直飽きてしまった」そんな女性も多いのではないでしょうか?今回は女性が彼氏とのセックスに飽きる理由を6つご紹介します。

彼氏とのセックスに飽きる理由1:いつも同じ体位だから


彼氏とのセックスに飽きる理由1:いつも同じ体位だから

いつも同じ体位でワンパターンだと当然、女性は飽きてしまいます。いつも同じ流れで、同じ体位で終了!だと何だか味気ないですよね。

たまにはアクロバティックなプレイをいれたり、体位を変えてみたりして刺激的なセックスをすることは重要です。もし体位をあまり変えたくないなら、セックスする場所を変えてみたり、音楽をかけてみたりすることも有効です。要は「変化」を加えることが重要なんです。毎回ワンパターンのセックスにならないように注意しましょう。

彼氏とのセックスに飽きた女性は出会い系に登録している人も多くいます。こっそり彼氏以外の相手とセックスを楽しんでいるのです。「PCMAX(ピーシーマックス)」ならそんな女性と出会えるかも!「PCMAX(ピーシーマックス)」について詳しく知りたい人は下記記事を読んでみてください。

■関連記事:PCMAXでセフレを作る方法|セックスまでの具体的な5つのステップ


彼氏とのセックスに飽きる理由2:前戯が雑、短い、ワンパターンだから


彼氏とのセックスに飽きる理由2:前戯が雑、短い、ワンパターンだから

前戯が雑な男性は驚くほど多いです。これでは、女性に飽きられて当然。前戯は、女性にとって最重要なポイント。「前戯を疎かにする男は、セックスするべからず」です。

最近では「クンニをしない」という男性も増えているそう。それはあまりにかわいそうです。「自分はフェラしてもらってるくせに何様だ!」と叫びたくなります。前戯はねっとり丁寧に、そしてできればパターンも変えていきましょう。もし「疲れて長くできないよ」という方は道具を使ったっていいんです。ローターやバイブなど、うまく道具を活用することに女性はそこまで抵抗感はないです(もちろん最初はありますよ)。色々なものを活用してもいいので、相手の気持ちよさを最大限に考えてあげましょう。


彼氏とのセックスに飽きる理由3:セックス前の雰囲気作りがゼロ


セックス前のムード作りを疎かにする男性もいけません。付き合いが長いカップルほど、注意すべきことです。

もちろん毎回ムード作りを精一杯がんばれ!というのは酷かもしれません。でも、記念日だったり誕生日はもちろん、月に一度くらいは彼女に感謝の意味も込めてムード作りも含めて、努力することはお互いのために必要だと思います。女性にとってはデートから、既に前戯なんですよ。


彼氏とのセックスに飽きる理由4:舌の活用が下手すぎるから


舌の活用が下手すぎる男性は意外に多いです。身体を舐める、ディープキスやクンニ、全てにおいて舌づかいが下手な男性はたくさんいます。これでは彼女もあなたとのセックスに飽きてしまいます。

何よりNGなのが、そもそも「舌を活用すらしない」男性がいること。適当にフレンチキスで済ませたり、クンニしなかったり。はっきり言います。論外です。これで彼女に浮気されても、あなたのせいです。「フェラをしてくれない」「全く舐めてくれない」彼女がいたら、あなたも浮気しますよね。舌はセックスにおいて、重要な武器です。最大限生かす努力をしてください。


彼氏とのセックスに飽きる理由5:気持ちいいポイントを理解してくれてないから


気持ちいいポイントを理解してくれないことも、彼氏とのセックスに飽きる理由の1つです。

これはお互いのコミュニケーションの問題です。努力次第ですぐに解決できます。女性側は「ここ、触ってくれたらもっと気持ちいい」と恥ずかしがらずに言いましょう。男性側も「どこ触られるのが一番気持ちいい」と聞きましょう。男性側がリードしてあげてくださいね。


彼氏とのセックスに飽きる理由6:心だけでなく、身体も満足させてほしいから


「彼氏とのセックスが気持ちよくない」のも、彼氏とのセックスに飽きる大きな原因です。これは考えれば当然のことです。気持ちよくない相手とのセックスなんて飽きるでしょう。

よく「気持ちよくなくても、大事にしてくれればOK」といわれることもありますが、嘘です。真っ赤な嘘です。女性も、気持ちよくなりたくて当然です。こんなことをいう女性は、まだオーガズムを体験したことがないのでしょう。心を満たすことも、もちろん重要なことです。ただ、それと同時に「身体の満足を求める」ことも当然のことです。

セックスはお互いの理解と、努力次第でいくらでもスキルが伸びます。つまり、快感が増します。努力してください。話し合ってください。以上。


まとめ


いかがでしたか?結局、女性が彼氏とのセックスに飽きる理由は、男性側の努力が足りないことが原因です。相手の立場になればわかることですよね。セックスに「変化」を持たせるように意識し、相手を気持ちよくさせるために、努力を怠らないようにしましょう。そしてコミュニケーションは怠らないように。疲れていれば、道具に頼ったっていいんです。相手を気持ち用させるために、頭を回転させることが大切です。

※本記事に関する削除依頼は、以下にメッセージください。
削除依頼はコチラから

セックスしたいならラブホは使うな!『〇〇』に誘うだけで、超簡単にセックスできる出会いの裏ワザ

ラブホは女性の警戒心を高めるNGワード
・ホテルにカメラや不審なものがないか
・密室なので襲われる心配はないか
女性は、出会ったばかりの人にラブホに誘われると警戒するのは当然です。

それをラブホではなく、『〇〇』に誘うだけでセックスできる確率が大幅にアップ。

セックスしたいなら気軽で入りやすい『ネカフェ』に誘え

ネカフェは漫画・映画・アニメなどいろんな趣味の人と話を盛り上げやすく、断る理由がありません。


こんな感じでアッサリと誘えます

『ネカフェ』は女性を強制的にエッチな気分へする

初めての人と会うのは、誰でも緊張するもの。ネカフェで座って落ち着いてくると、エッチな気分が湧いてきます


その理由は、半個室で初めて会う人と二人っきりの妙な空間。密着度と小声で喋る感じはエッチな想像をしちゃうのは女性も同じです。

あとは「肌白いね」「この服かわいいね」など、きっかけを作ってソフトにボディータッチ。嫌がられなければそのまま様子をみつつイチャイチャへ

いつもと違うシチュエーションに女性は感じるものです。そのあとセックスへ持ち込むのは簡単

【快○クラブ店員暴露】ネカフェでペアシートの80%以上が"セックスしている"

最近、ネカフェのペアシートがセックス部屋になっています。1人でネカフェに行く人は、セックスしてるカップルに気付きますよね。


ネカフェの掃除で嫌なことはコンドームの処理です。その数なんと全体の8割以上。


最近では、コンドームの片付けを促す表示までされています。

【ラブホ消滅】"ネカフェセックス"が当たり前のアダルトマッチングサービスとは

女性は男性以上に性欲があります。しかし、女性は友達の目を気にして、ネットでこっそり出会いを募集します。

一夜限りの相手探しや、セフレ探し、不倫相手探し、エッチな関係に興味がある男女が使っているのが、匿名可能なJメール【R18】というサイト。


Jメールが女性に人気の理由は、
・匿名可能で知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌で話題
と知名度が高く安心して使えるからです。

15年以上も運営をしている老舗で登録者も600万人いています。


Jメールがセックスできる女性と出会える理由

Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「今すぐあそぼ」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で200投稿以上


パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

Jメールを使ってみたら慣れれば500円でセックスできた

結論として筆者は5000円課金して7人とネカフェセックスできました。1人目こそ1000円位かかりましたが、最終的には1人500円でセックスできます。

1ヶ月で7人と24回セックスしました。これを風俗でやると30万円以上かかります。そう考えるとJメールに課金して近くのネカフェでセックスができる女性を探す方がコスパ◎。

セフレ関係になることも多いので、"一生タダでセックス"できるようになっちゃいます。

今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.46倍になるキャンペーン中

Jメールスタートダッシュキャンペーン
セフレが数人欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら会員登録無料で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る