1
シングルマザーの厳しすぎる恋愛事情

シングルマザーの厳しすぎる恋愛事情

14,987 views

未婚の母や、離婚して子供を育てている母親、これらを称して、シングルマザーと言います。シングルマザーとはいえ、女性です、時には恋もします。しかしそこには、厳しい恋愛事情が、立ちはだかり、苦悩と混乱を産み出します。どうして、そんなに厳しいのでしょうか?そこには、シングルマザー特有のある事情があるからです。厳しすぎる恋愛事情を解説します。


シングルマザーの恋愛、大半は低所得者


シングルマザーの恋愛、大半は低所得者

シングルマザーの大部分は年収200万以下、恋愛したくても出来ません。恋愛より子供、あるいは生活費に、収入の大半を、使わなければならないからです。毎日の遣り繰りに死苦八苦、そんな状態で、恋愛する余裕なんかありません。

シングルマザーが低所得なのは、就業がままならないと言う現実があります。育ち盛りの子供を 抱えて、フルタイムで正社員の待遇は、望めません。せいぜいパートの掛け持ちがいいとこです。

身の丈に合う恋愛をすれば問題ないです。お金が無いから恋愛できない事はないですから。


シングルマザーの恋愛、自分で引け目を感じ遠慮している。


シングルマザーの恋愛、自分で引け目を感じ遠慮している。

シングルマザーの中には、毎日の生活に疲れ「子供が居るから恋愛は無理」「デートする余裕ない」等、理由付けて恋愛する事を、自分から諦めている人がいます。それは、あくまでも予想でしかなく、その悪い予想で恋愛を諦めるなんて、もったいないの極みです。シングルマザーというネガティブイメージにどっぷり浸かり、恋愛なんか無理、そう思い込んでいるだけなんですが、シングルマザーの大半はこの考えに染まっています。


シングルマザーの恋愛、恋愛する男性も限定される。


子供が居る、お金が無い、離婚暦あり、当然恋愛する男性もそれを受け入れる事が出来なければなりません。つまり自分の子供を好きになって貰わなければなりません。有る程度、経済的に豊かでなければなりません。そうなると、当然男性も限定されます。

恋愛できない訳ではありません。理解できる男性が対象になるだけです。


シングルマザーの恋愛、恋愛が怖くできない


シングルマザーの女性は、男性恐怖症になってるきらいがあります。もう男なんかコリゴリ、そんな女性は、なかなか恋愛には動きません。心の傷を癒してくれる、包容力がある男性でも現れない限り難しいでしょう。 毎日の生活に煽られている内に「恋愛なんて、もういいわ」そんな、心境になっているんじゃないでしょうか。考え方を代え開き直る気持ちがないと難しいです。考え方を代え開き直る気持ちがないと難しいです。


シングルマザーの恋愛、世間体など周りの目


シングルマザーが恋愛するのは、まったく問題ないのですが、世間の目は冷たいもので、「シングルマザーなのに彼氏なんか、作って、子供はどうするの?かしらね」など噂話が広がり、いつの間にか、本人の耳にはいり、気まずい思いをする事があります。こういった体験をすると、周りに気を使うようになり、なかなか恋愛に踏み込めなくなります。周りの目って気になりますから。シングルマザーが、「デート中子供を車中に、置き去り熱中死」、などの良くない事件などのニュースで、世間的にはマイナスイメージとして捉えられています。世間体を気にせず、お構いなしに行動するしかないでしょう。



シングルマザーの恋愛、遊び目的の男性が近づく


シングルマザーに近づく男性には、遊び目的の男性が、少なくありません。最初から、真剣な交際を望んでいませんから、上手い口車で言いくるめられ遊ばれてしまいそうになる。もしくは、途中で気ずきながらも、なりゆきに任せてしまう場合もあります。

男性の見極めをしないと、遊ばれて捨てられる。最悪のパターンになります。


シングルマザーの恋愛、子供目的の性犯罪者が近つ”く


なにやら物騒な話ですが、シングルマザー本人より、その子供が目的のため、近つ”いてくる性犯罪者が多からず存在します。こういう彼らは心理学的に長けていて、シングルマザーの弱い心の隙間に入り込んできます。母親自身が、引き寄せてる部分もあるのです。子供に最悪の事態を起させないよう、気をつけましょう。子供に一生物の傷を負わせるのは、絶体阻止しなければ、なりません。


シングルマザーの恋愛、彼氏と会う時間を作りにくい


仕事に家事に育児、シングルマザーは忙しいのです。彼とのデートの時間合わせるのも一苦労、彼の休みの日も時間が合わない。 シングルマザーの恋愛には、この問題が付き纏います。会う時間がままならないので、電話やLINEで済まし、会うのは数ヶ月に一日というカップルもいます。時間的制約がこの恋愛には付き物です


シングルマザーの恋愛、子供に拒否される


子供がまだ幼い場合、母親の恋愛に特別な関心は持ちませんが、小学生以上の年齢になると、嫌悪感が先に立ち、拒否される可能性大です。こうなると、恋愛もやりにくくなります。いったん拒否されれば、親子関係に亀裂が入る為、ギクシャクした関係に陥りがち、そうなると、恋愛を諦め、子供の信用を得る方にシフトするしかないでしょう。


シングルマザーの恋愛、恋愛してはダメという先入観


シングルマザーで恋愛に対して否定的な考えを持つ人は、少なくありません。「子供が大きくなるなるまで、恋愛はやめとこう」大半のシングルマザーの意見です。これが、恋愛に対しておっくうになり、遠ざかる要因になります。その結果、精神的に余裕無くなり、子供に対して虐待などに、走るケースもあります。

シングルマザー恋愛ダメ!共通意識が出来上がって、それに流されている側面があります。


シングルマザーの恋愛、恋愛に集中できない


シングルマザーは育児、就業、家事などで、恋愛にさける時間が短くなりがちです。ついつい子育てに追われ、デートの時間が無くなり、いつの間にかフェードアウト、よくあるパターンです。
 
関心がどうしても子供の方に行ってしまい、彼氏はどうでもよくなる。シングルマザーの恋愛で多くなる事例です。

シングルマザーの根幹にある「生活の安定を優先」これが恋愛を遠ざけている要因では、ないでしょうか。

いかがでしたか、シングルマザーの恋愛は、様々な困難がありますが、恋愛は自由です、思い切り、恋愛して女として輝いて欲しいです。その糸口に少しでも役立つ事が出来れば、嬉しいかぎりです。


※本記事に関する削除依頼は、以下にメッセージください。
削除依頼はコチラから

驚きの5000円でなんと風俗約20回分セックスが楽しめちゃう!?

ピンサロや激安風俗店をのぞけば、風俗だと安くても1万円はかかります。プラスして本番裏オプションにホテル代となると2~3万円はかかります。高いですよね。

そのお金を”あること”に回すだけで簡単にセフレが出来て、一生タダでセックスできるようになっちゃいます。なんと、たった5000円で風俗20回分セックスできちゃう

風俗にお金をかけるよりもお得にセックスできる方法とは

ある方法とは、インターネットのアダルトマッチングサービス

女性は男性以上に性欲があります。友達の目を気にして、ネットでこっそり出会いを募集します。

そんなエロい女達が使っているのが、Jメール【R18】というサイト。

Jメールは、10年以上の運営実績がある老舗のサイトで、登録者数はなんと600万人

jmailkoukoku02
Jメールが他の出会い系と違うポイントは、アダルトな出会いを売りにしていること。セフレ探し、不倫相手探し、一夜限りの相手探しなど、エッチな関係に興味がある男女だけを集めています。

Jメールが「今すぐセックスしたい女性」と出会える理由

Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内を見てください。



全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上。

パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます。

筆者は、メッセージを送って即日待ち合わせをして、ホテルで即セックス。

次々と会えるので、可愛くて、エロくて、軽いノリの子をセフレにしましょう。風俗でお金をかけるよりもセフレを作ることにお金をかける方が最終的に安上がりで済みます。

deaipoint01

今なら600万人突破記念!お得に課金できちゃうポイント増量キャンペーン中

Jメールスタートダッシュキャンペーン
1000円分無料でお試し出来る上に、最大約25%ポイント増量でお得にセフレが作れちゃいます。今だけの大還元キャンペーンなので是非この機会に遊んでみてください。

登録は1分で完了

しかも、初心者の方のために新規会員登録直後のアイコンが初心者のマークのうちは、掲示板で目立ちやすくなっています。

かなりマッチングしやすいので登録初月にガッツリメッセージを送って大量にセフレをゲットするのがお得にセフレを作るポイントです。

ポイント増量キャンペーンはいつまで続くかわからないキャンペーンなので今がチャンスです。

今なら数千円の課金でもセフレを探すことができます。筆者は5000円課金して7人とセックスしちゃいました。今ではそのうち3人とセフレに。


セフレになると何回会っても何回やってもタダなので、今では20回以上セックスしました。 たった5000円で風俗20回分以上の価値があります

合コンや風俗、飲み会でお金を使うならこちらの方がお得ですよね。脱風俗して楽しい生活をゲットしちゃいましょう。


まもなく無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス。
本日でキャンペーン
終了

残り

登録は1分で完了

【週5でデリヘル】定額5000円/月で"マンコ使い放題"の神プランとは

仮に週5でデリヘルを呼ぶことができたら、毎日がハッピーで過ごせますよね。ただ現実的に考えれば問題となるのはお金のこと…。


格安デリヘルでも1回1.5万円。週5で通ったら、月に30万円かかる計算になります。普通のサラリーマンでは、とても払える金額ではありません。

月5000円でデリヘル以上のプレイを好きなだけできる…?

残念ながら、週5でデリヘルは難しいのが現実。ですが、その代わりに…

月に5,000円の出費だけで、若くてかわいい女の子と好きなだけセックスできる」

こんな方法なら存在します。


いわば毎日のようにデリヘルを呼ぶような生活ですね。夢に見たエッチな日々が現実のものに…。

あなたの精力と体力が枯れ果てるまでセックスの快楽に溺れることができます。

好きなだけヤラせてくれる都合のいい女なんて…どこにいるの?

エロい女の子と無尽蔵にセックスをするために必要なこと。それは「アダルトマッチングアプリ」です。


・ワンナイト
・割り切り
・セフレ

こういった大人の関係を望む女性が集まるアプリを利用すれば、デリヘル嬢に来てもらうよりもずっと安く好きなだけセックスができます。

アダルトマッチングアプリって…具体的にどれを使えばいいの?

マッチングアプリにも色々な種類がありますが、エロいことが目的である場合、おすすめなのが「ハッピーメール」。サイト内にあるアダルト掲示板を利用しましょう。


ハピメの特徴①:サクラや業者が少なく安心・安全

ハッピーメールは出会い系サイトの大手であるため、サクラや風俗業者アカウントの規制にかなり積極的。そのため他のアダルト系アプリに比べて安全に使うことが可能です。

ハピメの特徴②:他のアプリよりも女性に出会いやすい

また、ハッピーメールは女性向けメディアへの広告出稿を大量に行っています。そのため、他のアプリと比べると女性会員の比率が高いのが特徴。大人の関係を希望する女性とも出会いやすくなっています。

ハッピーメールを使って本当にエッチな女とつながれるの?

ハッピーメールを使って、セックス相手の女性を見つけるのは簡単です。

▼ハピメでエロい女性と知り合う4ステップ▼
①「大人の出会い」掲示板を閲覧する
②気になる女性がいたらメッセージを送る
③仲良くなったらデートを打診する
④実際に会ってそのままセックスする


やることはこの4ステップだけ。このサイクルを繰り返すことで、エロい女性との出会いを量産することができます。

たった5000円で毎晩のようにセックスできるって本当?

1000円課金してアダルト掲示板にいる女にメッセージを送れば、1か月間で2~3人の女性とセックスできるのがハッピーメール。

「2~3人じゃ満足できない」という方には、3000円の課金がおすすめ。3000円でだいたい月に10人前後といった感じです。


「毎晩のように女とヤリまくりたい!」と本気で思う場合は、月に5000円の課金をしましょう。

▼5000円の課金でできること▼
「5000円課金」⇒「100通のメッセージ」
「100通のメッセージ」⇒「50~80人から返信」
「50~80人とやり取り」⇒「20~30人と会える」

このように5000円の課金で20~30人の女性と出会うことができます。もとがアダルト掲示板にいた女性なので、この20~30人とは100%でセックス確定です。


こうして5000円で週5以上のセックスが可能となるわけですね。これがタイトルの「定額5000円/月で"マンコ使い放題"」の正体です。

今すぐハッピーメールに登録してエロい女をゲットしよう!

ハッピーメールに少しでも興味がある場合は今すぐの登録がおすすめです。


内部情報なのですが、これからの時期、女性誌や女性向けメディアに大々的にハッピーメールの宣伝広告が掲載されます。それに合わせて新規の女性会員数は激増するでしょう。

今からだいたい1か月ほどの間、ハッピーメール内の掲示板では女性の書き込みが急増します。これはアダルト掲示板も同じです。


しばらくは男性の入れ食い状態になるということですね。こんなチャンスは年にそう何回もあるわけではないので、ぜひこの機会にハッピーメールへの新規登録を考えてみて下さいね。

以下のリンクから申し込むと、期間限定の1200円分の無料ポイントもゲットできてさらにお得です。

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る