1
男がクンニしたくなるワケが判明!実は意外に深い理由があった!

男がクンニしたくなるワケが判明!実は意外に深い理由があった!

588,521 views

セックスの最中、男性は女性の膣やクリトリスを舐める「クンニリングス」をしたくなってしまいます。よく考えれば尿道や肛門に近く雑菌も多いのになぜなのか。これには実は生殖学的な真面目な理由があったのです。

クンニリングスは遥か昔から行われてきた


クンニリングスは遥か昔から行われてきた

クンニリングスはクンニと略して呼ばれるセックスの愛撫のひとつです。女性器の中でも敏感なクリトリスや小陰唇、大陰唇や膣内を口で舐めたり軽く噛んだりします。男性は不思議と女性の膣を見るとそこに引き寄せられてクンニをしたいと思ってしまうものです。

男性の中には絶対にクンニをしたくないと考えていたり、女性が気持ちよくなるから仕方なくしているという人もいるようですが、マジマジと膣を眺めているとそこに顔を埋めたくなる衝動に駆られてしまうこともあります。

この衝動は昔からあったらしく、古い本にもそのやり方が書いているんだとか。では、なぜ男性は女性の性器をそんなにもクンニしたいと思ってしまうのでしょう?

クンニをする理由1:女性を喜ばせるため


クンニをする理由1:女性を喜ばせるため

男性が女性にクンニをする一番の理由は、女性が気持ちよくなってくれるからではないでしょうか。クンニ中は女性の顔を見ることができませんので、耳から入る女性の喘ぎ声に興奮しています。女性にとってクリトリスは男性にとってのペニスと同じで、指で触れられるだけでかなりの快感を覚えるものです。しかし、指だと爪が当たっり、力加減が強すぎると痛いと感じてしまいますが、舌であれば痛いということがないため安心して気持よくなれるそうです。また、唾をローション代わりにすることでより気持よくなれます。

このように、女性を喜ばせるための愛撫であるクンニをしても、男性が気持ちよくなることはありませんが、それでも好きな人が喜んでくれるならとクンニをしてしまいます。

クンニをする理由2:女性の体調を知るため


女性器をクンニする時、いきなり膣に顔を埋めてクリトリスや膣の周辺を舐め回すということは少ないと思います。男性によっては膣を間近に見て興奮するあまり、クリトリスや膣を舐めてしまうこともあるかもしれませんが、多くは指で広げたり触ったりすると思います。この時に性器の周辺が菌やウイルスに感染していないかなどをチェックしているそうです。また、匂いや味から女性の体調を確認していたり、女性ホルモンの匂いを感じ取って妊娠出来るかを判断しているとも言われています。

クンニをする理由3:他の男性とセックスしていないかの確認


女性の膣内に他の男性の精液の痕跡が残っていると、それを匂いで感じ取って男性はより興奮するんだそうです。そして、その勢いのまま膣内で激しくピストン運動をして他の男性の精液を女性の膣外へと出そうとするんだとか。これは寝取られたことに興奮しているのではなく、女性とセックスした他の弾性に対する激しい嫉妬心がこれをさせるんだとか。

クンニをする理由4:膣内への挿入をスムーズにするため


前戯で十分に女性の膣を濡らしたり、ローションを使うことでペニスを挿れる時にスムーズに挿入することができます。これを男性は自分の唾をローション代わりにすることで挿入を容易にしているのです。女性の膣を濡らしていない状態でペニスを挿れようとしても、気持ちいいどころか強く擦れて男女ともに痛いだけです、これを防ぐためにクンニして濡らそうとするようです。

クンニをする理由5:セックスを視覚的に捉えたいため


男性は女性とは違い、セックスの際に視覚から多くの情報を得ています。女性の胸やお尻、性器などを「見る」ことにより、直接的に性的興奮が高まるのです。男性がグラビアやAVを見て興奮するのもこのためです。

また、そうだとするならば、男性がクンニを好むのもこの理由のせいだと言えるでしょう。男性はクン二をすることで、女性器を至近距離で見ることができます。女性器の形はセックスのシンボルとして、男性の脳の性的欲望を司る器官をダイレクトに刺激し、男性は女性器を見ていない時よりも大きな刺激・興奮を得ることができるのです。ちなみに、女性は男性に比べて視覚的な映像から性的興奮を得るということは少なく、その代わりに感情やシチュエーションと言うものを重視する傾向にあるようです。

クンニをする理由6:他の男性への競争意識


男性は女性に比べて競争本能が強く、無意識的に他の男性と競い合うような行動も多くみられます。特に恋愛においては、その競争意識は強く働くといっても良いでしょう。多くの男性が女性をめぐって密かな小競り合いをする様子は、膣内に入った精子が卵子を目指して一斉に泳ぎはじめる、あの競争とも似ていると言えるかもしれません。

そんな競争社会において、時に男性は「女性にどれだけ尽くせるのか」を競ったりします。バブル期にはアッシー君、メッシー君などと呼ばれる男性もいましたが、今でも男性が恋人や愛人、思いを寄せている女性などに金銭をはたいてブランド物を買い与えたり、送り迎えをしてあげたりということは良くあります。そんな中で「クンニ」という行為は、「女性に尽くす」の最大級の行いであると言えるでしょう。つまり、クンニは「俺は誰より君に尽くしてるよ」という男性の自己アピールであるとも言えるかもしれません。

クンニをする理由7:匂いから興奮を得るため


これは男性だけではなく女性にも言えることですが、人間の脳は「匂い」から多くの影響を受けています。ひとつ例をあげるなら、最新の実験結果からも、ウイスキーの匂いはそれを嗅ぐだけで(アルコールの影響はない場合でも)、脳の血流量が増え、リラックスすることが分かっています。

そうであるなら、男性が女性の性器から溢れる匂いを嗅ぐためにクンニをしているのではないかと言う仮説は十分に説得力のあるものだと思います。その匂いが男性の性的な興奮を高め、あるいはリラックスさせる効果がある事は間違いないでしょう。実際、女性は男性の匂いを嗅いで、その人物が自分の結婚相手にふさわしいかどうかを判断できると言われています。

逆に男がクンニしたくないときの心理・理由1:匂いが嫌い


さて、ここからは逆に男がクンニしたくないときの心理と理由について考えてみましょう。まず考えられるのは女性の外陰部や膣から出る匂いが嫌いだと言うことです。クンニはもちろん、鼻を外陰部や膣口に近づけなければなりませんから、その周囲が臭くて、自分の嫌いな匂いがするようなら、クンニしたくないと思うのも仕方ありません。確かに女性によっては、外陰部からかなり強烈な匂いがする人もいますし、時にはそれが性病にかかっている証拠となる場合もありますので、したくないときは無理にクンニをする必要はないでしょう。

逆に男がクンニしたくないときの心理・理由2:グロテスクな見た目


男性がクンニをしたくない時の心理として、ひとつ挙げられるのが、その「グロテスクな見た目」です。女性器は男性器に比べて複雑で、ヒダヒダの多い不思議な形状をしています。パッと見では、どこがなんと言う部分なのか判別できないほどです。男性なら誰しも、はじめて女性器を見た時に戸惑いと恐れを感じたことでしょう。「一体、どこをどう触ればいいんだろう」と焦った人も多いかもしれません。

女性のおっぱいやお尻は丸く可愛らしい形なのに、女性器だけが何故ゆえあんなにグロテスクなのかは分かりません。しかし、とにかくあの見た目がどうにも好きになれない、見ただけで萎えてしまうという男性もこの世には意外とたくさん存在します。もちろん、そのような男性にクンニを求めるのは難しいでしょう。

逆に男がクンニしたくないときの心理・理由3:相手に愛情を感じない


先ほど、男性が女性にクンニをする理由の一つとして、「他の男性と競争するため」、「相手に尽くすため」というのを紹介しましたが、それは、相手の女性に対する愛情があってのことです。つまり、「相手が好きだからこそ、やりたくないことまでやる」という意識です。

正直、クンニをするのは男性にとって、手間がかかる作業です。相手に愛情があれば、それも楽しいと思えますし、相手の感じている顔が見られて嬉しくも思いますが、相手に対して愛情が薄ければ面倒なだけになってしまうでしょう。つまり、「クンニをしたくない」のは相手に対する愛情が「クンニするほどは高まっていない」ということでもあるのです。

逆に男がクンニしたくないときの心理・理由4:濡れすぎている


女性の中には、感度が良好すぎてアソコが濡れやすいという人が稀にいます。もちろん、そういった女性とセックスすると、膣内の感触が大変素晴らしく気持ちが良いものですが、ただ、クンニとなると難しい面もあります。なぜなら。大量に溢れ出た愛液が口に入ってしまうという事態に陥ってしまうからです。

もちろん、通常のクンニでも多少は愛液が口に入ったり、舐めてしまうと味がしたりするものです。それくらいは了承できるにしても、大量となると話が違います。飲まないといけないほどビショビショになってしまうと、いくらその女性が好きでも生理的に無理という話になってくるでしょう。

逆に男がクンニしたくないときの心理・理由5:早く挿れたい


女性にとって、最高に気持ち良いとされるクンニですが、男性としては先を急ぐあまり、クンニを省いてしまいたくなる気持ちは良く分かります。もちろん、時間がたっぷりあって、明日まで何度もセックスできるという日なら別ですが、仕事あとで疲れていて、「軽くセックスしたい」という時や「舐めていたら射精しちゃいそう」という時には、クンニするより「早く挿入したい」という気持ちが強くなります。まあ、単純に言えば「クンニなんて面倒」という時ですね。人間誰しもそういう気分の時はあるはずです。

男性が女性の膣に惹かれるのは色んな意味があったんですね。最近はクンニを嫌がる男性も多いといいますが、好きな相手であればできるだけしてあげた方が良いようです。
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします











TOPに戻る