科学者が証言!セックスしなければ150年生きれるらしい…

科学者が証言!セックスしなければ150年生きれるらしい…

2,924 views

この記事を書いた人
愛の筆先
MIYABI 編集チーム
陰キャだった学生時代を経て、新卒でなぜか証券会社に就職。営業ノルマが厳しい中で、少しでもコミュ力を鍛えなきゃと思って始めたのがナンパ。それがドハマリして以来、出会いやセックスを追求するようになりました。国内の主要なナンパスポットや、アプリ、オンゲでの出会いを網羅。今は本職のディレクターとして、みなさんにガチで使える情報を提供をしていきます。
「エッチをしなければ150年生きられる」。そんなニュースが飛び込んできて、がびーんとしてしまったのは私だけでしょうか。以前、「エッチをしないと寿命が縮む」なんて話も聞いたことがあるだけに、真相が気になった私は、調べてみました。気になる方は、ぜひ読んでいってくださいませ。


提唱者は、アレックス・ザヴォロンコフ博士


提唱者は、アレックス・ザヴォロンコフ博士

「エッチをしなければ150年生きられる」説を論じているのは、ロンドンのアレックス・ザヴォロンコフ博士。彼は、老化に関する研究をしており、「エッチ=雑念」と言っているのです。エッチが雑念で無用なものだなんて、私を筆頭するエッチ好きを敵に回すような発言ですが、仕事の合間にムフフな妄想をしてしまう私には、「エッチは人間の本来持っている力を100%発揮するには邪魔なものなのだ」と言われてしまうと、言い返せなかったり……。

つまり、エッチは、人の生きるためのエネルギーを減退させるものだと、ザヴォロンコフ博士は言っているのです。


エッチだけじゃなく、結婚も寿命を縮める?


エッチだけじゃなく、結婚も寿命を縮める?

ザヴォロンコフ博士は、寿命を縮めることに繋がるのは、エッチだけではないと言います。ほかにも、結婚をすることにこだわるのも寿命を縮める結果になるんだとのこと。確かに、結婚に焦って、婚活に熱を入れるも、結果は虚しく……なんてことが続いていれば、気が滅入り、なんとなく寿命が縮んでしまいそうな気もしますが……。

しかし、これらの説は、現段階ではデータなどが何も提示されていない状況なので、信ぴょう性に関しては、いかほどなのだろうといった話なようです。


逆説①認知症になりにくい


はてさて、「エッチをしなければ150年生きられる」説は、なかなか怪しい話だということが分かったところで、今度はこれまでに提唱されてきた、エッチが体に良い説を改めて見ていきましょう。まずは、「エッチは脳の神経細胞に良い影響を与える説」

エッチは体に良いのではないかという研究は、実は長年研究されていて、過去のデータが色々と残っています。そんな中で、「エッチの頻度が高いほど、脳の神経成長レベルが高く、特に海馬の成長を促進してくれるため、認知症予防にも効果的」といった説があります。

これに関しては、イタリアのバヴィア大学の実験や、イギリスのゴーシュ教授がしっかりと研究結果を発表しているだけに、信ぴょう性は高いと言えるでしょう。


逆説②エッチしている人ほど長生きの傾向がある


「エッチしている人ほど長生きの傾向がある」説に関しては、こちらもイギリスで過去に調査が行われており、実際にエッチの頻度が高い人ほど、10年後の死亡率が低くなっていたのだそうです。

エッチをすることが死亡率を低くすることの理由については、まず、免疫力を高める効果が注目されます。エッチをすることで「免疫グロブリンA」が増えるため、自然と病気にかかりにくい体になるんです。また、エッチをすることでホルモンの分泌バランスが整うことや、オキシトシン(別名:幸福ホルモン)の分泌を促進し、ストレス解消にもなるなど、エッチをすると肉体的にも精神的にも健康状態が整うことが発表されています。


以上、『エッチをしなければ150年生きられる説の真相』と、その逆説のまとめでした。はてさて、前者は本当に正しい説なのかどうかは、完全に否定できる論拠もないので、決めかねるところではあります。ですが、やっぱりできることなら、エッチが体に良いものであって欲しいと、思ってしまうのは、きっと私だけではないはずです。

セフレが500円!紗倉まなが暴露したセックステク上達法がヤバい

セックスが上手くなって女性を何度もイカせたい。セックスで女性を虜にさせたい。

そんなことを考えている男性は多いですよね。

セックステクを上達させるには、シンプルですがセックス回数を増やすことが一番の近道。いくらハウツー本を読んでも、実践回数が少なければ上達はしません。



そしてコスパ良くセックス回数を増やすにはセフレを作るのが一番。風俗で本番セックスしようとしたら1回で2~3万円近くは掛かってしまいますからね。

「でも、どうやってセフレを作ればいいの?」って思いますよね。実はあなたが思ってるよりセフレを作るのって簡単なんですよ。

男性が思ってる以上にセフレを作ってる女性は多く、若い女性の53%がセフレがいたという調査結果もあるほど。それぐらい女性って気軽にセフレを作っているんです。

だからセフレ募集してる女性と出会える場所さえ知っていれば、月額1000円ぐらいの課金で驚くほど簡単にセフレが作れちゃいますよ。

セフレ募集している男女をマッチングさせるサービス

セフレを探してる女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用するのが最適。

女性は友達からヤリマンだなんて思われたくないので、ネットを使ってこっそりセフレを探しています。

アダルトマッチングサービスは、AV女優の紗倉まながテレビ東京の人気番組「ヨソで言わんとい亭」に出演した際に「AV女優も男探しに使ってる」と暴露し話題になったサービス。



セフレ募集に使われているのが、日本最大級の会員数600万人を超える匿名可能なJメール【R18】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流。

Jメールだと、セックスすることが目的なので余計なデートは必要なしと超手軽にセックスできちゃいます。

ちなみにJメールは無課金でも女性と出会うことは可能ですが、無課金ではメチャメチャ頑張っても1人出会えるか出会えないか。

だけど課金さえしたら驚くほど簡単にセックスできるのがJメールの特徴です。

課金したらセックスしやすくなる理由がJメール裏機能の新人ブースト。実は新人会員が課金すると女性会員画面に目立つように表示されるんです。

なので手っ取り早く確実にセフレを作りたいなら課金をするのがオススメ

慣れてる人なら最低課金額の1000円で3人、初めての人でも1~2人ぐらいのセフレが作れますよ。

Jメールがセックスできる女性と出会える理由

登録者数600万人と人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「すぐ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上


パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

会う場所はお互い都合の良い駅前で待ち合わせる約束をすればOK。

Jメールが女性に人気な3つの理由

・匿名可能で知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌で話題
と知名度が高く安心して使えるからです。
20年近く運営をしている老舗で登録者も600万人います。


都内には色々なところにJメールが掲載されていて信頼できるのも女性に人気の理由の1つ。


Jメールを使うと慣れれば500円でセフレが作れた

結論として筆者は1000円課金して2人のセフレが作れました。1人目こそ1500円位かかりましたが、メッセージに慣れると1人500円でセックスできます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとJメールに課金して近くでセックスができる女性を探す方がコスパが良いですよね。



たった1ヶ月でセックステクの上達が凄い!女性を簡単にイかすことができた

Jメールを使うまでは、経験人数1人の筆者でしたが、1ヶ月で2人のセフレを作りセックス回数を増やした結果、今までとは比べ物ににならないほどのセックステクと自信をゲット

女性が「感じる場所」や「力加減」など教えてくれるので、最終的には女性に何も言われなくてもイかせることができるようになりました。

今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.25倍になるキャンペーン中


セフレが2人どころか5人ぐらい欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今ならポイントもお得に購入できるうえに新人ブーストもされるので、1ヶ月で5人以上のセフレを作ることも簡単ですよ。

今なら無料会員登録で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。
女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、一度のぞいてみてください。


本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る