1
女性の経験人数が多いか否か、簡単に見抜く6つの方法

女性の経験人数が多いか否か、簡単に見抜く6つの方法

35,464 views

女性の経験人数が多過ぎると、ちょっと嫌だなと思ってしまう男性もいるかもしれません。女性に遊ばれてしまうかもしれないと不安になる方もいるでしょう。恋人にするなら女性は経験人数が少ない方が良いとお考えの男性は、女性が経験豊富かどうか簡単に見抜く方法を実践して確かめてみてください。


自ら体位を激しく変える


自ら体位を激しく変える

最初は男性がリードしていても、いつのまにか女性が積極的に体位を変えてくる場合、相手の女性は経験人数が豊富な可能性が高いです。経験が無い女性でしたら何をして良いのか分からなくて男性にリードをしてもらうことを求めるでしょう。しかし経験人数が豊富な女性は、経験や知識がありますので自分で積極的に体位を変えます。

さらにその動きがスムーズな場合エッチに慣れている可能性が高いと言えるのです。経験が豊富な女性はセックスに慣れていない男性のリードでは満足できないこともあります。そのため自分が感じられるように主導権を男性から奪ってしまうのです。


コンドームの扱い方に慣れている


コンドームの扱い方に慣れている

コンドームの取り扱いに慣れている女性は、経験人数が多い女性の可能性が高いです。コンドームを見たこともない女性の場合、男性に「着けて」と頼まれても、スムーズにはつけられません。それに男性器に装着をする方法も色々あります。手で装着するのが一般的ですが、経験豊富な女性の中には口で男性器にコンドームを装着することも。

経験が少ない女性の場合、手で着けようとしてもなかなかスムーズに装着できないものです。それなのに、コンドームを男性器へスムーズに装着したり、口で装着するなど変わった方法で装着できたなら、これまでに色んな男性に着けてきた経験が多いと考えられます。


ラブホエリアに詳しい


日本全国、どんな地域にもラブホテルが密集しているエリアがあります。ラブホテルはエッチをするという目的でなければなかなか行かない所です。しかしラブホテルへ行くとなった時、ラブホ街に誘導してくれるような女性は経験人数が多い可能性が高いです。さらに値段が安いラブホはあそこだと知っていたら、その可能性は高まります。

詳しいのは何度も来たことがあることが理由が多いからです。1つのエリアだけでは無く、ちょっと離れたエリアのラブホスポットまで知っているならば、その女性はそれだけ色んなホテルやエリアでエッチをしたことがあると言えるでしょう。


愛情に飢えていて寂しがり屋


愛情にいつも飢えている女性は経験人数が多い可能性があります。優しくされたりすると愛されていると感じてその愛を繋ぎ止めようとします。愛をつかむためには手段を選ばないことも。時にはセックスを利用して愛情を得ようとすることもあります。愛情にいつも飢えていますし、周囲に誰かいないと不安になる寂しがり屋が多いです。恋愛状態でなければ恐怖さえ感じてしまうのです。

そんな時に男性から誘われたら、その誘惑にも軽く応じてしまうこともあります。彼氏がいたとしても、会えない時には寂しさをつのらせます。その寂しさを補おうとして、彼氏とは違う男性に誘惑されてエッチをするケースも珍しくありません。そのため経験人数が多くなる可能性が高いです。


だらしない


あまりにだらしない女性は、性に対してもだらしない可能性が高いです。部屋が汚れていたり、食生活も不規則な女性はなにごとに関しても無頓着な可能性があります。部屋が散らかってしまったり、洗濯物がたまってしまうのは家事をするのが面倒だからです。なにごとも面倒な性格の場合、男性の強引な誘惑を拒否するのが面倒になって誘いに乗ってしまいやすいタイプとも言えるでしょう。

そのため、誘われるたびに色々な男性とエッチをしてきた可能性がありますので、それに伴って経験人数が多い確立も高まります。めんどくさがりやな女性は浮気症なことも。彼氏がいても深く考えずエッチをするので必然的に経験人数が多くなるのです。


エッチへの考え方がスポーツやゲームと同じ娯楽


本来エッチは子供を作るための行為です。しかし子作り以外にも快楽のためとか、男女が愛情を確かめるために行う場合もあります。しかしそれ以外の理由でエッチをとらえている女性もいます。それはエッチをゲームやスポーツのように考えているタイプの女性です。

エッチはスポーツに似ています。体を激しく動かすので汗も出て疲れますが気持ち良いです。終わった後、爽快感もありますよね。ストレス解消にもなります。それはスポーツやゲームをして得られる気持ちよさに似ています。そのため、エッチをゲームやスポーツと同等に考えてしまうのです。

エッチをそんな風にとらえている女性はエッチに対して軽い印象を持っていることも少なくありません。相手さえいれば気楽に行える娯楽ぐらいにしか考えていないのです。そのような考え方ですから、恋人などの一人だけではなく、機会があれば相手構わずエッチをしてしまこともありますし罪悪感も無いですから、必然的に経験人数が多くなるでしょう。

紹介した経験人数が多いかどうか見抜く方法には注意点もあります。自分の恋人があてはまっていた場合でも、彼女を「遊んでいる」と決め付けて問い詰めたりしてはいけません。事実確認もせずに一人でショックを受けて、今までの2人の関係を崩してしまうのも良くありません。本気で愛し合っているのでしたら、改めて2人の関係を思い直してください。

そもそも経験人数が多かったとしても過去の話でしかないかもしれません。過去は既に終わっています。大切なのは現在だということも考えてみましょう。それとは違って経験人数が多い女性と出会いたくない人は、この見抜く方法に照らし合わせて見極めてください。しかしこのパターンに必ずしもあてはまらない場合も十分考えられますので、最終決断は慎重にしなければならないでしょう。

■関連記事:男が夢見るエッチしたい【女性の理想の体型】はこれ!4パターン

驚きの5000円でなんと風俗約20回分セックスが楽しめちゃう!?

ピンサロやオナクラをのぞけば、風俗だと安くても1万円はかかります。プラスして本番裏オプションにホテル代となると2~3万円はかかります。高いですよね。

そのお金を”あること”に回すだけで簡単にセフレが出来て、一生タダでセックスできるようになっちゃいます。なんと、たった5000円で風俗20回分セックスできちゃう

風俗にお金をかけるよりもお得にセックスできる方法とは

ある方法とは、インターネットのアダルトマッチングサービスを活用すること。

女性は男性以上に性欲があります。女性は社会性が高く、友達の目を気にして、ネットでこっそり出会いを募集します。

そんなエロい女達が使っているのが、Jメール【R18】というサイト。

Jメールとは、10年以上の運営実績がある老舗のサイトで、登録者数はなんと600万人。

jmailkoukoku02

Jメールが他の出会い系と違うポイントは、アダルトな出会いを売りにしていること。セフレ探し、不倫相手探し、一夜限りの相手探しなど、エッチな関係に興味がある男女だけを集めています。

Jメールが「今すぐセックスしたい女性」と出会える理由

Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「今すぐあそぼ」を見てください。

Jメール

全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上。完全に変態大国、日本は今日も平和ですwww

パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます。

筆者は、メッセージを送って即日待ち合わせをして、ホテルで即セックス。

次々と会えるので、可愛くて、エロくて、軽いノリの子をセフレにしましょう。ガンガンセックスしましょう。
deaipoint01

Jメールを使ってみたら慣れれば500円でセックスできた

sexsyouko001
結論としては筆者は5000円課金して7人とセックスできました。1人目こそ1000円位かかりましたが、最終的には1人500円でセックスできます。

1ヶ月で7人と24回セックスしました。これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。風俗に何度行ってもセフレにはできないですよね。そう考えるとJメールに課金してセックスする方がコスパ良いですよね。

deaipoint01

今ならスタートダッシュキャンペーンでポイント購入が超お得!

Jメールポイント
そこでオススメなのが、現在開催中の600万人突破記念、スタートダッシュキャンペーンです。期間中の今なら、1000円分無料でお試し出来る上にかなりオトクにポイントが買えます。

Jメールスタートダッシュキャンペーン
新規会員登録直後のアイコンが初心者のマークのうちは、掲示板で目立ちやすくなっていて、かなりマッチングしやすいので登録初月にガッツリメッセージを送って大量にセフレをゲットするべきです。

慣れればたった5000円の投資で10人位セフレが作れちゃいます。セフレなら、一生タダでセックスできます。

Jメールスタートダッシュキャンペーン

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


オトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。 deaipoint01
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る