苦い思い出…セックス初体験のときの、失敗あるある 10選

苦い思い出…セックス初体験のときの、失敗あるある 10選

77,858 views

この記事を書いた人
愛のあるヤリチン
時雨
小中高時代は義理チョコしかもらったことない非モテ男でしたが、大学デビューして遊び人の友達とストナンしまくるように。19歳で童貞卒業と遅咲きながら、28歳の今では遂に3桁突破!非モテだったからこそ女性に尽くしたいと努力した結果、女性を喜ばせるセックステクニックやデート交渉術には自信があります。皆さんに勇気を与えられるようなノウハウ伝授を心がけます。
今でこそ普通にセックスを楽しめている人たちでも、「初体験のときはうまくいかなかった…」なんて恥ずかしい思い出がきっとあるはず!今回はセックス初体験のときの、失敗あるあるをいくつか紹介していきます。


初体験の失敗あるある男性編1:挿入した瞬間イッた


初体験の失敗あるある男性編1:挿入した瞬間イッた

初めてのときというのは、射精のコントロールが非常に難しいものです。興奮しすぎてインサートと同時にイク人も結構いるようです。これからというときに出してしまうと、とても恥ずかしいもの。経験とともにそういったことはなくなっていくのですが、最初の数回はそういうことが重なるかもしれませんね。

女性の方も「もうイッちゃったの!?これからなのに…」とビックリしちゃいかねません。興奮がピークに達すると男は射精してしまうものなのです。「やっと結ばれる!」なんてワクワクしすぎると、こういう事態に陥ることがあるのです。


初体験の失敗あるある男性編2:中折れしてしまった


初体験の失敗あるある男性編2:中折れしてしまった

最初のエッチというのは、言ってみれば不安状態の中でしているわけです。男性の勃起というのは、精神状態にかなり左右されます。「最後までイケるかな?」とか「ちゃんと満足させられるかな?」など、たくさんのプレッシャーを感じすぎると、途中でフニャっと中折れしちゃうことがあるのです。

女性側からすると「まあしかたないか…」と思ってくれるかもしれませんが、男は「初めてなのに最後までできなかった……」と勝手にショックを受けちゃうのです。男性は意外といデリケートな生き物なのです。


初体験の失敗あるある男性編3:息子がピクリともしない


念願叶ってセックスできるとなったのに、全く勃起しないということがあります。「立たせなきゃダメだ!」と強く念じるほど、逆に勃起しづらくなることがあるのです。童貞の人の場合、「初めてだとバレちゃいけない」という強い恐怖もあります。そういったストレスが男性器にとってはよくないのです。

格好をつけずに「ごめんね。緊張してるから今日は立たないかもしれない」と言えれば、途端に気持ちは楽になりますが、初体験でなかなか言いづらいでしょう。「立たぬなら立つまで待とうホトトギス」の心境でいきたいものです。


初体験の失敗あるある男性編4:気持ちいいのにイカない


勃起状態が続くのにイケないケースがあります。緊張していると、なかなか射精ができなくなるからです。勃起と射精は自律神経と深く関わっています。興奮して勃起するためには、交感神経が優位にならなければなりません。ただし射精にはその反対にリラックス系の神経である、副交感神経の働きも重要になるのです。

最初のセックスで心を穏やかにするというのは至難の業。彼女からすれば「まだイカないの?」なんて内心思ったりすることもあるでしょうね。こういった男性は性行為に慣れてくると、だんだん射精できるようになるようです。


初体験の失敗あるある男性編5:汚いパンツを履いていた


女性は『勝負パンツ』を持っているものですが、男性は女性ほど下着に気を使わないのです。愛しい彼女とようやくベッドインというときに「着古した汚いパンツを履いてきちゃったよ!」と気づくことがあります。そうなれば意識はもうパンツ、パンツ、パンツです。

さっさと脱いでしまえば、事なきを得るのでしょうが、気が動転してしまうともう大変!そっちばかりに注意がいってしまって、エッチどころじゃなくなってしまう男性もいることでしょう。そうならないように男の人も、普段からある程度、きれいな下着をつけておいた方がいいですね。


初体験の失敗あるある女性編1:無駄毛の処理を忘れていた


予期せぬ形で盛り上がりエッチに突入することがありますよね?ちゃんと準備する時間があれば、無駄毛の処理ができますが、「まさか今日いきなり!?」となった場合は、困りものです。いかにしてその危機を切り抜けるかですが、脇の処理が甘かったときは脇を閉じるしかありません。

マニアックな男性は、女性の脇の下をなめることを好む人だっています。そうなったときは「今日は、不運が重なる日なんだ…」と諦めるしかありません。初体験で一度、こういった痛い目に遭っておけば、そのあとはきちんと毎日処理する習慣がつくので、返っていいかもしれませんね。


初体験の失敗あるある女性編2:お互い初めてだった


童貞と処女のセックスは大変です。二人とも性的な体験がないわけですから、何が正解かわかっていません。手探りで一緒にゴールを目指しても、なかなか最後まで辿り着くことは難しいでしょう。どちらかがリードできるというのが理想なのですが、そうじゃない場合は、試行錯誤する以外に方法はないのです。

「一度で決めよう」なんて思わずに、何度もチャレンジしてみることで、そのあと上手くいくカップルもいるでしょう。すんなりいかなかったことが初々しい思い出として、あとあとまで残ることだってあるようです。


初体験の失敗あるある女性編3:痛すぎてできなかった


一度も性体験のない女性は、挿入時の痛みに苦しむことがあります。痛みには個人差がありますが、基本的にはみんな痛いもの。いつかは通らなくていけない道なのですが、あまりの激痛に耐えかねて「アイタタタ、ごめん、今日は無理…」となる女性もいるようです。パートナーの男性も、大好きな彼女が苦しんでいると、「また今度にしようか?」となってしまうことでしょう。


初体験の失敗あるある女性編4:膣っぺが出た


膣に空気が入ってしまうと「ブーブー」と恥ずかしい音が鳴ってしまいます。かと言って「おならじゃないのよ」と女性が言い訳することもできません。エッチというのはムードあってのもの。記念すべき初体験で、あまりに「ブーブー」聞こえすぎると、雰囲気はぶち壊し。膣っぺの原因は色々あるとされていますが、性器の大きさによる相性もありますから、しかたないかもしれません。

ずっと鳴っているのにそれに触れずに、エッチし続けるというのもちょっと変ですよね。何度か鳴った時点で、お互い「何か気まずいな…」という感じていることでしょう。しかし経験の少ないときは、それに触れる勇気がないため、余計に空気がおかしくなってしまい悪循環になってしまうのです。


初体験の失敗あるある女性編5:お腹を壊していた


エッチの最中にトイレへ行かれると、少ししらけてしまいます。ましてやその頻度が増えれば増えるほどエッチどころじゃなくなります。運悪くお腹を壊していたら最悪です。ギュルギュル鳴るお腹に、彼氏だって気を使うことでしょう。

めでたく結ばれたのに「また痛くならないかな?」と、意識が逸れれば行為を楽しむことが難しくなります。きれいな思い出にしたいのなら、体調管理にも気を配っておく必要があるのかもしれませんね。色々な意味で汚い記憶として残ることはだけは、避けたいところです。

「初体験の思い出が美しかった」という人は、意外に少ないのかもしれません。そのときは死ぬほど恥ずかしかったとしても、あとから考えると「あのときの自分はかわいかったな…」と思えるのではないでしょうか?たまにはうら若き頃の自分を振り返ってみるのもいいですよ。

NHKで特集された出会って1分でやれるインスタントセックス女子とは?【1000円セックス可能】

仕事帰りにムラムラしてきて「セックスしたいな~」って瞬間ありませんか?

そんなときに欲しいのが、仕事帰りに公衆トイレやネカフェなどでお金を掛けずにサクッとセックスできる、いわゆるインスタントセックス女子

インスタントセックス女子とは、最近の20前後の若い女の子の間で流行ってる「出会ったばかりの男と挨拶感覚でセックスする女の子」のこと。

これ、実際にNHKの番組で「インスタントセックス〜さみしさを埋める若者たち〜」という特集番組が夜の7時半から放送されるなど、色んな意味で大注目されてるんです。



わざわざセックス目的の女とデートしたりするのも面倒くさいし、お金なんて掛けたくないですよね。

インスタントセックス女子なら、会ったその日にセックスだけして名前も教えずに即バイバイできるなんて、最高に楽じゃないですか?



そんなお金をかけずに最高に楽なセックスをさせてくれるインスタントセックス女子は、実はとある1つのサービスに集まっているんです。

インスタントセックス女子が集まるサービスとは?秘密は紗倉まなが紹介したあのサービス

まず前提として、若い女の子ほどセックスが好きで、好奇心から知らない男でも簡単にセックスさせちゃうんです。

事実、朝日新聞出版が発行している週刊誌AERAが行ったアンケートでは
20代前半女性の9割が「セックスが好き」と回答!

けれど女性は周りの目を気にしやすく、ヤリマンなどとは思われたくない生き物です。
だから普段はコッソリとネットを使ってインスタントセックスを楽しんでいるんです。

最近人気なのが、AV女優の紗倉まながテレビで「AV女優が男漁りに使ってる」と紹介して話題になったインスタントセックスサービス



渋谷の109で女性限定イベントを開催するほど女性人気が高い紗倉まなが紹介したことで女子大生の間で人気に火がつき、女性会員数が急上昇!

その中で特に人気なのが、Jメールというインスタントセックスサービス。

登録者の人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「すぐ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上

Jメールは女性もセックスが目的のサービスなので、インスタントセックス女子が大勢集まっています。なので従来の出会い系のようなメールのやり取りやデートといっためんどくさいやり取りをショートカット!

だから最高に楽なセックスが簡単にできるんです!

やりたいときに公衆トイレやネカフェなどに待ち合わせて即セックスができるし、最短1分で待ち合わせ場所が決まるなんてこともw
(こんなセックスしか頭にないようなドスケベ画像をアップしている淫乱女子ばかり!)



Jメールがインスタントセックス女子に人気な理由

でもなんでJメールが人気なの?って思いますよね。

その理由を3つ上げると
・匿名性が他のアプリに比べて高く周りにバレない
・渋谷や六本木に広告掲載され知名度が急上昇中
・女性誌にも掲載され話題

特に匿名性が他のサービスと比べて抜群高いので身バレの心配がないという点が人気で選ばれてます!
(他のマッチングサービスだと身バレしたなんて話をよく聞きますよね)

それでいてJメールは日本唯一のインスタントセックスサービス
だからインスタントセックス女子がJメールに集まっているんですよ!

しかも10年以上も運営をしている老舗で登録者も600万人います。


都内には色々なところにJメールが掲載されていて信頼できるのもインスタントセックス女子に人気の理由の1つ。


Jメールを使ったら女子大生と1000円でセックス!

結論として筆者は5000円課金して5人(ほぼ女子大生)とセックスできました。なんと1セックス1000円と鬼コスパw

女の子もセックスが目的だったので1分でネカフェ待ち合わせが決まり、会社帰りにインスタントセックスできましたw
終わったら即バイバイして後腐れなく最高に楽なセックスを楽しめました!

もちろん女の子にお金なんて払ってないので、1回のセックスにかかったのは1000円だけ

同じ人数のセックスを風俗でやると30万円以上かかりますよね。
そう考えるとJメールでセックスができるインスタントセックス女子を探す方が手間も少なくコスパ良いですよね。



ちなみに最初のメッセージで「仲良くなってから会いたい」って言う女は相手しないのがお得!
無駄に時間取られるだけだしインスタントセックスには向いてません。
なので最初から会う前提の子に狙いを定めるのがJメールでセックスするコツです!

⇩⇩⇩以下のリンクをクリックしてインスタントセックス女子と出会う⇩⇩⇩


今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.44倍になるキャンペーン中


セックスしたいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら無料会員登録で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。
女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、一度のぞいてみてください。


本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る