1
童貞卒業で驚いた「AVと実際のセックスの違い」 5選

童貞卒業で驚いた「AVと実際のセックスの違い」 5選

23,209 views

男性の性についての知識はAVによるものがほとんどではないでしょうか?AVには様々なジャンルがありますが童貞のうちはAVがリアルに見えてしまいますよね。いざ、初体験を終えると「あれ?」と感じる人も少なくないはず。そんな「AVと実際のセックスの違い」5つ紹介します。


女性の反応がいまいち


女性の反応がいまいち

AVでは女優が男性を興奮させるために大げさに喘いだり、感じているように演技しています。しかし童貞である間は、セックスにおいて女性はAV女優ほどでなくても大きい声を出して喘いだりするものと思っている男性も多いようです。実際に初体験でセックスを経験するとその想像は砕かれてしまいますよね。女性が感じてはいるもののAVで見たような女性の感じている姿が実際のセックスでは見られないからです。AVを数多く見ている男性ほどそのショックは大きく、自分自身がセックスが相当下手なのかと感じてしまうほどでしょう。


女性は男性に比べなかなかイカない


女性は男性に比べなかなかイカない

AVを見ていると男性にピストン運動されながら女性が「イッちゃう!」と言ってカラダを「ビクビク」させ、イっているシーンがよく見受けられます。しかし、実際のセックスでは女性がイクことはなかなかありません。もちろん女性の方が男性に比べセックスに恥じらいなどもあるため、イキにくいことは承知していても不思議に思うほど女性はイカないものですよね。それこそ女性を簡単にイカせているAV男優のテクニックに憧れて真似するようになるのはこのことが原因かもしれませんね。


激しさはいらない


実際のセックスのときにAV男優のように、手マンを激しくしたり、おっぱいを揉んだり、ピストンを奥まで激しく突こうとすると女性は嫌がる態度をとりますよね。童貞の男性からすれば頭の中には「?」がたくさん思い浮かぶでしょう。AVでは男優が激しくすればするほど女優が感じていたのに現実では逆の事態になっているからです。実際のセックスでは激しさよりも「優しく丁寧に」というとこを理解するのはセックス経験の浅い男性にはなかなか受け入れがたい事実ではないでしょうか。


女の子は自分からそんなに動かない


女性が騎乗位で自ら腰を動かしてくれることを夢見てセックスする男性も多いでしょう。しかしAV女優のようにあんなに自ら動いてくれるような女性はなかなか存在しません。女性は基本的にセックスの好き嫌いに関わらず、セックスの際には恥じらいを見せせるからです。男性からすれば女性を支配できていると認識できる方が興奮を覚えるので、女性が動いてくれなくてもショックsは少ないですが、AVはフィクションであることを再認識させられる事象ですね。


思うように腰を動かせない


AVにおける挿入中の男優の腰使いというものは、実際にセックスで自身が挿入してピストン運動を行ってみると衝撃を受けますよね。男優の人は腰を動かしにくい体位でもピストン運動がきちんとできていて、正常位においてはものすごい速さでピストン運動していますよね。童貞卒業までは「あんなふうに腰を動かして女性を感じさせてやる」なんて思っていても実際経験してみると、「早くイカないように、できるだけ挿入時間を稼がなきゃ」というように持続時間を気にしてしまう人が多いのでは?

いかがでしたか?AVは確かにセックスの知識が得られますが、やはりフィクションなのです。AVのようなセックスはなかなかできないでしょうが、自分の満足のいくセックスができるようにセックスを楽しみましょう!!

■関連記事:PCMAXでセフレを作る方法|セックスまでの具体的な5つのステップ

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る