今までタブーとされてきた障害者の性「射精介助」の現場(動画)

今までタブーとされてきた障害者の性「射精介助」の現場(動画)

36,703 views

この記事を書いた人
愛のあるヤリチン
時雨
小中高時代は義理チョコしかもらったことない非モテ男でしたが、大学デビューして遊び人の友達とストナンしまくるように。19歳で童貞卒業と遅咲きながら、28歳の今では遂に3桁突破!非モテだったからこそ女性に尽くしたいと努力した結果、女性を喜ばせるセックステクニックやデート交渉術には自信があります。皆さんに勇気を与えられるようなノウハウ伝授を心がけます。
障害者の性と聞いて、どう感じられるかは様々だと思います。「性の介護」に関しても、肯定的な意見もありますが、否定的な意見を持っているという方も多くいるのが現状です。そんな、今までタブーとされてきた障害者の性「射精介助」の現場について、その実態と必要性、そして問題点などをまとめてみました。


【性の介護】風俗ではない、射精介助という仕事に密着取材!障害者の性の現状に迫る!(動画)


介護者の資格を持ち、今までも障害のある方と接するお仕事をされてきた女性の、「性の介護」に対す考え方と、その現場での進め方を動画で紹介しています。まずはこちらをご覧下さい。



ご覧になってどう感じられたでしょうか?身近に障害を持っている方がいない、または障害を持った方々と接する機会がないという方の中には、理解出来ない、デリヘルを呼べば良いんじゃないのか?と考える方もいるでしょうし、介護に少しでも関わっている方ならば、うんうんとうなずける所があったのではないでしょうか?


「射精介助」の必要性


「射精介助」の必要性

実際介護とは、簡単に言ってしまえば介護を必要とする方の生活の手助けですよね。手が不自由で、自分で食事を口に運ぶのが困難な方には「食事介助」、清潔を保持するための「入浴介助」や、身体的な健康を保つ上でも必要不可欠な「排泄介助」。どれも、人間が生きていく上で当然の、そして必要最低限の介護と言えるでしょう。

では、「射精介助」は生きていく上でどうしても必要な介護でしょうか?反対意見の方や理解出来ないという方が考えるのは「射精をしなくても死ぬ訳ではない」という面でしょう。確かにそうかも知れません。ですが、では自分がその立場だったらと考えてみてはどうでしょうか?自分の手は使えない、それを補助する自助具もない、映画のDVDは観せてもらえてもAVは駄目、性はタブー。

生きていけるだけでも良いと思って、欲望を無かった事に出来るでしょうか?一生、性に関する事は口にしないで、してもらう介護を全て受け身で感謝し、男性としての性に目を背けて生きますか?障害を持った方には、性機能の低下を予防する権利が無いと考えますか?個人は尊重されないのでしょうか?「射精介助」を性的娯楽と捉えずに、身体機能低下の予防と捉えて考えれば、必要だと言えるのではないでしょうか?


「射精介助」とは


一般社団法人ホワイトハンズが実施している射精介助には、出来る事と出来ない事や、様々な条件が決められています。それは「セックスボランティア」といった言葉から連想するような性的娯楽というものではなく、性機能ケアとして、日常生活で行われる当たり前の介護行為として考えているからです。

介護用手袋を着用したスタッフの、手による射精介助と陰部周辺の洗浄・清拭、「性機能の廃用症候群の予防」に関するアドバイスが受けられますが、スタッフの身体に触れる事や脱衣の要求、スタッフを不快にさせる様な発言などは禁止されています。他にも、もちろん一般の健常者の利用は出来ませんし、18歳未満の方、知的・発達・精神障害の方、射精時に身体的な危険性のある病気を持った方などの利用も出来ません。

利用前には、必ず主治医や担当ケアマネージャーに相談し利用許可をとる必要もありますし、スタッフによる移動や移乗の介助も安全の為に行いません。様々な面から、安全な介護としての目的が明確にされています。


「射精介助」の実態


基本的には、自力で射精行為の出来ない重度身体障害を持った方を対象としたケアですが、自力でも出来るけれど、障害の為に身体的や時間的に負担が掛かってしまうという方も利用が可能とされています。

利用料金は15分3,500円、30分5,500円。ケアの所要時間は10~15分程ですが、準備や片付け、利用者と会話をする時間を考えると、30分位は必要です。ケアスタッフの性別を選択する事が出来ますが、風俗のようにスタッフの年齢や写真を見て選択するという事は出来ません。基本的には自宅への訪問になりますが、家族と同居しているなどの理由でホテルや友人の家を借りてケアを受ける事も出来ます。

必要な物、用意しておく物は、タオル2枚とバスタオル1枚。事前にお手洗いや、出来れば入浴も済ませておく必要があります。介護用手袋やローション、コンドームなどはスタッフが持参します。動画ではケアが行われている場面をそのまま撮影していましたが、実際には、利用者の羞恥心を軽減させる為や腹部等を冷やさない為に、バスタオルをかけて行います。


「射精介助」の問題点


「射精介助」がないと、多くの重度身体障害を持った方々は、誰にも悩みを打ち明ける事も出来ずに、生涯で一度も射精を経験する事が出来ません。重度身体障害者にとっては、「性に関する尊厳と自立」を守る為には必要なケアなのですが、一般の方々にはなかなか理解してもらえないのが現状です。

性に関するサービスは、それがたとえ介護目的や医療目的のケアであっても、「風俗」や「売春」といった性のサービスと同等のものと捉えられてしまい、社会的なバッシングを受けたり、警察当局による無意味な規制を受け、普及させるのが難しくなっています。

そして、「射精介助」を行うのにも一定水準以上の性に関する知識や経験が必要ですし、余計な羞恥心や性的快楽といった意識を切り離して「純粋な職業的介護行為」として行えるスタッフが必要です。ですが、実際に介護の現場で働いている方にも、性に関する事は問題行動や厄介事として捉えている方は多いのです。理解のあるスタッフの確保や、「射精介助」に対する社会の目が変わらない限り、普及させるには問題がつきまとうでしょう。


「射精介助」のこれから


「射精介助」はセックスボランティアとは違います。無償で行われる訳ではありませんし、自力で射精行為の出来ない、重度障害者の為の性機能ケアです。ですが、残念な事に、その実態や重度障害者の苦悩を良く知らない健常者の方々が「障害者を対象にした風俗店となんら変わりはない」「障害者、障害者って甘やかし過ぎ」などという批判を口にされています。

実際、身体に障害を持っていなくても性に関する悩みを持っている方は大勢いますよね。そうした悩みを解決する為に、相談したり治療を受けたりしている筈です。それは当然ですし、治療を受ける権利もあります。そして、重度の障害を持った方にも、同じように権利があるんです。

万人の理解が得られる事は難しいかも知れませんが、少しでも多くの方が偏見の目で見る事を恥じ、介護を理解し、「射精介助」というケアが普及する事を願います。

今までタブーとされてきた障害者の性「射精介助」の実態や問題点についてご紹介しましたがいかがでしたか?私自身介護の仕事をした経験もあって、障害を持った方々の苦悩は健常者には想像も出来ない程のものである事を見てきました。

まだまだではあっても、昔に比べれば障害者も過ごしやすい環境が出来てきている所も多くありますよね。ですが、障害者に対する偏見は根強く残っているのを「射精介助」に対して述べられた書き込みを見て改めて感じました。あなたはどう感じましたか?

【1分でセックス確定】AV女優紗倉○なが暴露した、超簡単にセックスが上手くなる方法とは

セックスの経験が少なくセックステクに自信がない。セックスを上手くなって女性を感じさせたい。

セックステクを上達するためには経験人数を増やすことが一番の近道

風俗で本番セックスすると、安くてもホテル代込みで2~3万円かかります。何回もいける値段ではないですよね。

近場でセフレがいれば便利なのにと思ったことはありませんか。
相手の家や近場の漫喫・カラオケでセックス。

当然ですが、男性だけでなく女性も同じことを思っています。

【風俗消滅】"セックス相手募集中”の女性とセックスする方法とは

セックス相手募集中の女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用すること。

女性は男性以上に性欲があります。しかし、女性は友達の目を気にして、ネットでこっそり募集します。

少し前に、AV女優の紗倉まなさんがテレビでAV女優も使っていると暴露し話題になっていたのを覚えていますか?


セックス相手を募集するために使われているのが、匿名可能なワクワクメール【R18】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流。

ワクワクメールだと、セックスすることが目的なので余計なデートは必要なし

ワクワクメールがセックスできる女性と出会える理由

登録者の人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 ワクワクメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「すぐ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上


パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

会う場所はお互い都合の良い駅前で待ち合わせる約束をすればOK。

ワクワクメールが女性に人気の3条件

・匿名可能で知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌で話題
と知名度が高く安心して使えるからです。
10年以上も運営をしている老舗で登録者も750万人いています。


ヤングジャンプやプレイボーイにワクワクメール公認のグラドルたちが掲載。有名誌に掲載されているのも女性に人気の理由の1つ。


ワクワクメールを使うと慣れれば500円でセックスできた

結論として筆者は5000円課金して7人と14回セックスできました。1人目こそ1000円位かかりましたが、最終的には1人500円でセックスできます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとワクワクメールに課金して近くでセックスができる女性を探す方がコスパ良いですよね。


たった1ヶ月でセックステクの上達が凄い!女性を簡単にイかすことができた

ワクワクメールを使うまでは、経験人数1人の筆者でしたが、1ヶ月で7人とセックスすることで今までとはレベルにならないセックステクとセックスに対する自信をゲット

女性が「感じる場所」や「力加減」など教えてくれるので、最終的には女性に何も言われなくてもイかせることができました。

今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.44倍になるキャンペーン中


セフレが数人欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら会員登録無料で、すぐに使える1200円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。
女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、のぞいて見てください。


本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス。

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る