1
感動したい男性におすすめ!泣ける映画13選【邦画】

感動したい男性におすすめ!泣ける映画13選【邦画】

86,328 views

男性でもたまには映画を観て涙したい時もありますよね。感動できる作品は数多くありますが、今回は邦画を紹介したいと思います。感動したい男性におすすめの泣ける映画【邦画】ランキング13選をお楽しみください。


感動したい男性におすすめ!泣ける映画【邦画】ランキング第1位:ただ君を愛してる




自分の病気で先が長くないことを知っている彼女が、好きになった相手に最後のお願いとしてキスをねだる。最初で最後のキスは後に彼の心にずっと思い出として残っていく。生きている証を写真で残したいと願う気持ちが共感できます。

ただ一度だけのわがままで写真を撮りますが、お互いが愛し合ってのキスではないので、2人には愛し合ってキスをしてもらいたかった。余命が長くないからこそ、好きな人には他の人と一緒になって幸せになってもらいたいと思う。彼の前から姿を消しながらも、最後まで彼を悲しませたくない、という彼女の気持ちには感動させられました。病気で死んでしまうという話しで、彼女が彼に心配をかけないように送られてきたハガキを見た時に、感動して涙してしまいます。

■国:日本

■作品公開時期:2006年

■監督:新城毅彦

■主演:玉木宏
   :宮崎あおい

■amazonリンク:ただ君を愛してる


感動したい男性におすすめ!泣ける映画【邦画】ランキング第2位:余命1ヶ月の花嫁




ノンフィクション映画として当時話題となった映画で、テレビで末期がんのドキュメンタリー特集が組まれるなど、社会に大きな影響を与えました。これをきっかけに若い人にも乳がんの恐ろしさを知ってもらうため、「ピンクリボンプロジェクト」が展開されるようになりました。

乳がんだと知った時には、余命が1ヶ月しかありませんでした。もしも病気で自分が余命を知らされた時に、彼女と同じように同世代の人に向けてメッセージを残せる勇気はないでしょう。彼女の生きた証と強い心には感動して涙してしまいました。彼氏と友人が結婚式を企画して、女性が一番輝ける結婚式の姿を両親に見せてあげることができて良かったと思います。彼女の心情を考えると涙が止まらなくなってしまいます。

■国:日本

■作品公開時期:2009年

■監督:廣木隆一

■主演:瑛太
   :榮倉奈々

■amazonリンク:余命1ヶ月の花嫁


感動したい男性におすすめ!泣ける映画【邦画】ランキング第3位:永遠の0




戦争を題材とした作品ですが、幅広い世代に支持されてロングランヒットとなりました。2014年の邦画部門では興行収入1位となり、歴代の邦画ランキングでも6位となっています。原作もさることながら、主役であるアイドルグループの岡田准一さんの演技は高い評価を得ました。

戦争を知らない世代が多くなっていますが、今と違って当時の思想は全く違っています。国の為に命を捧げるのが当然だった時代に、娘に会うまで死なないという親心には、多くの方が共感できるのではないでしょうか。特攻という死と向かい合った時、どのような生涯を歩んでいたのかを知った時には、感動で涙してしまいます。戦争の無い平和な世の中になることをただ祈るだけです。

■国:日本

■作品公開時期:2013年

■監督:山崎貴

■主演:岡田准一

■amazonリンク:永遠の0


感動したい男性におすすめ!泣ける映画【邦画】ランキング第4位:いま、会いにゆきます




恋愛小説が基となっている映画で、愛がテーマの作品です。冒頭から数々の伏線が張られており、ラストまで観ると、なるほどと納得するシーンがたくさんあります。ラストシーンに向かって感動が盛り上がっていき、最後には涙してしまいます。

人は長く生きるというよりも、どれだけ人を愛し、愛されることができるかが大切だと思わせてくれます。愛する人の死を受け入れたくないのは誰もが同じですが、それでも心の中にはずっと生き続けることができます。恋愛、家族愛、親心など多くの愛を感じることができるため、自然と涙してしまいました。

■国:日本

■作品公開時期:2004年

■監督:土井裕泰

■主演:中村獅童
   :竹内結子

■amazonリンク:いま、会いにゆきます。


感動したい男性におすすめ!泣ける映画【邦画】ランキング第5位:世界の中心で愛をさけぶ




セカチューブームなったことでこの作品を知った人も多いのではないでしょうか。映画、テレビ、舞台などあらゆる場所でセカチューブームがおこり大ヒットをしました。白血病の少女のことを故郷を旅して、思い出しながら物語が進んでいきます。

青春時代という人生でも輝ける時代を、病気と闘いながらも一生懸命生きようとします。抗がん剤の影響もあり、坊主にした彼女が明るく振る舞っている姿を見た時に自然と涙してしまいました。忘れなければずっと心の中で生き続けることができる、そんなことを思いながらも本当はずっと生きたかったはずです。彼女の夢を叶える為に散灰をしに行ったシーンは、ただ感動して涙してしまいます。

■国:日本

■作品公開時期:2004年

■監督:行定勲

■主演:大沢たかお
   :柴咲コウ

■amazonリンク:世界の中心で愛をさけぶ


感動したい男性におすすめ!泣ける映画【邦画】ランキング第6位:僕の初恋を君に捧ぐ




幼い子供が病気の為に長くは生きられないと知ってしまう。それでも頑張て生きようとする姿には感動させられますし、病気というベタなテーマですが、子供から大人になるにつれての心の変化も上手く表現しています。生きている今が幸せだとを感じさせてくれる映画です。

子供の頃に余命が短いと聞かされるのと、大人になってから死が近づいてくるのでは、死に対しての恐怖心や怖さが全く違うと思います。大人になるにつれて大切にしたい人、死への恐怖、命の大切さなどを理解していくはずです。2人で明るく前向きに生きようとする姿には、感動して涙してしまいました。生きているこの瞬間が幸せだと感じさせてくれる作品です。

■国:日本

■作品公開時期:2009年

■監督:新城毅彦

■主演:井上真央
   :岡田将生

■amazonリンク:僕の初恋をキミに捧ぐ


感動したい男性におすすめ!泣ける映画【邦画】ランキング第7位:きみにしか聞こえない




小説が基となって映画化された作品で、若手の女優だった成海璃子さんをヒロインに、豪華な俳優陣が脇を固めています。奇跡的に出会うことになった少女と青年、出会いという奇跡を上手に表現している作品なので、最期には切なくて涙してしまう映画です。

出会いというのは誰にでも突然訪れるものですが、出会ったことで恋に落ちて幸せになったり、残酷な運命にもなります。出会いとは良く考えると不思議な縁で、それを見事に上手く描いている作品です。最初からの伏線が最後まで観ることで、見事に繋がって涙してしまいます。切ない中にも人の心の温かさを感じる映画でした。

■国:日本

■作品公開時期:2007年

■監督:荻島達也

■主演:小出恵介
   :成海璃子

■amazonリンク:きみにしか聞こえない
  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る