エロすぎる「猫パンツ」が話題に!じわじわ来る…【画像あり】

エロすぎる「猫パンツ」が話題に!じわじわ来る…【画像あり】

3,078 views

この記事を書いた人
初代ディレクター
マツタケのようなひと
こんにちは、マツタケです。座右の銘は「愛嬌と根性と、マツタケがあれば、人生なんでもやり切れる」です。最近はみっちり勉強も始めて知性もついてきてます。人生なんて、そんなものです。気軽に波にのりましょ~
最近はペットブームが到来しており、その中でも猫は犬を抜くほどの人気があると言われています。。そんな中セクシーでエロすぎる「猫パンツ」が話題になっているんです!一体どんなパンツなのか気になっちゃいますよね!


スカートめくると…猫⁉エロすぎる「猫パンツ」




最近発表された「猫パンツ」という女性用の下着がネット上で話題を呼んでいることを皆さんはご存じですか?デザインは5つあり、色も5色あるので、全部で25パターンの猫パンツがあるので自分の好きな色とネコちゃんで選ぶことができると人気になっているのです。

そして最近では猫ブームがきていると言われていますので、男性の中にも猫が好きだという男性は多いと思います。男性の中でも履いてみたという方もいるようです。



たしかに男性向けではないので、男性としては需要がないかもしれませんが、もしも猫好きならば彼女さんにプレゼントをして履いてもらうというのも良いかもしれませんね!


この猫パンツのさり気なさがエロい!


そしてなんといっても男性で見た時に、この猫パンツの魅力というのはさり気なさにあります。どういうことかと言いますと、この猫パンツを履いている女性のパンチラを想像してください。目の前から見た時に「あれ?ちょっとスカートの中が見えそう」と思い視線を持っていくと、なんとそこに猫の影が見えるのです!



このさり気なさとサプライズ感が、より男性のドキドキという興奮感を高めてくれるのですね!たしかにこれは猫好きならもちろん、猫好きでないという方も「え⁉」と目を惹きつけられてしまいそうです。


このエロすぎる「猫パンツ」ラトビア生まれ


そして実はこのエロくてセクシーな可愛らしい猫のデザインの「猫パンツ」ですが、日本で作られたものではないんです!これはラトビア人のリーガ・ゼルガルブさんというデザイナーさんが考え作り出した「Lickstarter」というブランドから出された下着だったのです!

元々販売をする予定がなく、ゼルガルブさんが友人に向けてサプライズとしてプレゼントするために作った物だったのですが、反響が大きかったために、多くの女性が喜ぶのであればと販売に乗り切ったのだそうです。

猫好きな女性だけでなく、猫好きな男性、セクシー好きな男性にも喜ばれる猫パンツは、このようなストーリーがあったのですね!


数千の猫の中からこの5匹を選んだのです!


そして最初に言った通りデザインは5種類、つまり5匹の猫から選ぶことができるのですが、このデザインのモデルとなる猫を選ぶにあたって、なんと数千匹という多くの猫の中から選んだというのです!つまりこの5匹の猫ちゃんは凄まじい倍率の中をくぐり抜けた選ばれし猫なんですね!



そして5匹の猫ちゃんというのがこちらです!どの猫ちゃんも特徴があり個性的で、どれを選ぼうか迷ってしまいますよね。もしも彼女にプレゼントをしようと考えている男性ならば、彼女に似た猫ちゃんを選ぶと良いでしょう。


早くもこの「猫パンツ」はネットで話題に!


そして先ほども言った通り、この猫パンツは日本中でもすでに話題となっており、ネット上で様々な声が飛び交っています。もちろん、その多くはこの変わったユニークなデザインのパンツを面白いという声や、女性の中には可愛いと絶賛する声も多いです。




既に購入し、家に届きましたという人もいました!


意外と皆さん、もう既にご存じだったようで、猫好きな方は自分で買ったという人も多いようですね。もしも彼女にプレゼントしようとしている男性は、被ってしまうと大変なので「猫パンツって知ってる?」と聞いてみると良いかもしれませんね!


いかがでしたでしょうか。最初にちらりと見せられたら「え、そこに猫が隠れていたの?」という意味と「スカートの中見えちゃった」という意味で、いつもよりもドキドキしてしまうかもしれませんね。ぜひ次の彼女へのお誕生日や記念日のプレゼントにいかがでしょうか。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

関連記事:海外セレブが愛用してる、進化系パンツ→貼るパンツとは!?|panpan

セフレが500円!紗倉まなが暴露したセックステク上達法がヤバい

セックスが上手くなって女性を何度もイカせたい。セックスで女性を虜にさせたい。

そんなことを考えている男性は多いですよね。

セックステクを上達させるには、シンプルですがセックス回数を増やすことが一番の近道。いくらハウツー本を読んでも、実践回数が少なければ上達はしません。


そしてコスパ良くセックス回数を増やすにはセフレを作るのが一番。風俗で本番セックスしようとしたら1回で2~3万円近くは掛かってしまいますからね。

「でも、どうやってセフレを作ればいいの?」って思いますよね。実はあなたが思ってるよりセフレを作るのって簡単なんですよ。

男性が思ってる以上にセフレを作ってる女性は多く、若い女性の53%がセフレがいたという調査結果もあるほど。それぐらい女性って気軽にセフレを作っているんです。

だからセフレ募集してる女性と出会える場所さえ知っていれば、驚くほど簡単にあなたもセフレが作れちゃいますよ。

セフレ募集している男女をマッチングさせるサービス

セフレを探してる女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用するのが最適。

女性は友達からヤリマンだなんて思われたくないので、ネットを使ってこっそりセフレを探しています。

アダルトマッチングサービスは、AV女優の紗倉まながテレビ東京の人気番組「ヨソで言わんとい亭」に出演した際に「AV女優も男探しに使ってる」と暴露し話題になったサービス。



セフレ募集に使われているのが、日本最大級の会員数600万人を超える匿名可能なJメール【R18】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流。

Jメールだと、セックスすることが目的なので余計なデートは必要なしと超手軽にセックスできちゃいます。

ちなみにJメールは無課金でも女性と出会うことは可能ですが、無課金ではメチャメチャ頑張っても1人出会えるか出会えないか。

だけど課金さえしたら驚くほど簡単にセックスできるのがJメールの特徴です。

なので手っ取り早く確実にセフレを作りたいなら課金をするのがオススメ

課金額も最低1000円からなので、ラーメン1杯ぐらいの金額でセフレが作れると考えればお得ですよね。

Jメールがセックスできる女性と出会える理由

登録者数600万人と人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「すぐ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上


パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

会う場所はお互い都合の良い駅前で待ち合わせる約束をすればOK。

Jメールが女性に人気な3つの理由

・匿名可能で知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌で話題
と知名度が高く安心して使えるからです。
20年近く運営をしている老舗で登録者も600万人います。


都内には色々なところにJメールが掲載されていて信頼できるのも女性に人気の理由の1つ。


Jメールを使うと慣れれば500円でセフレが作れた

結論として筆者は3000円課金して5人のセフレが作れました。1人目こそ1000円位かかりましたが、メッセージに慣れると1人500円でセックスできます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとJメールに課金して近くでセックスができる女性を探す方がコスパが良いですよね。



たった1ヶ月でセックステクの上達が凄い!女性を簡単にイかすことができた

Jメールを使うまでは、経験人数1人の筆者でしたが、1ヶ月で5人のセフレを作りセックス回数を増やした結果、今までとは比べ物ににならないほどのセックステクと自信をゲット

女性が「感じる場所」や「力加減」など教えてくれるので、最終的には女性に何も言われなくてもイかせることができるようになりました。

今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.25倍になるキャンペーン中


セフレが数人欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら無料会員登録で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。
女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、一度のぞいてみてください。


本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る