1
【風俗】蒲田のデリヘルで本番できる?激安優良店まとめ【東京】

【風俗】蒲田のデリヘルで本番できる?激安優良店まとめ【東京】

158,784 views

東京の蒲田と言えば同じ大田区にある田園調布とは正反対の「下町」「ブルーカラー」「町工場」といったイメージがあります。昔は娯楽の街とも言われ、「蒲田新地」と呼ばれる風俗街が有名でした。今蒲田の風俗はどうなっているのでしょう?一部デリヘルで本番もできると噂されている蒲田の激安優良店ここにまとめてみました。


①:蒲田の風俗の歴史/成り立ち





蒲田はJR京浜東北線、東急池上線、東急多摩川線が乗り入れている東京大田区にある街です。蒲田は奈良・平安時代から続く古い地名で、江戸期には武蔵江戸氏の支流一族の江戸蒲田氏が領地として所有していました。羽田空港が近いので京急蒲田駅からは空港線電車が、JR蒲田駅東口からは空港行の空港路線バスが運行しています。

2010年から羽田空港に国際定期便が就航するようになってから、外国人居住者や外国レストランやショップが増えました。風俗街として有名だった「蒲田新地」は第2次世界大戦の東京大空襲で焼けてしまいますが、その後再建されます。

しかし後の売春防止法の施行により姿を消しました。それでも蒲田の風俗は今も健在です。現在は蒲田駅東口周辺が風俗街となって、様ざまなタイプの風俗店がひしめき合っています


②:蒲田の風俗の主な店舗形態/サービス概要





蒲田の風俗街で軒を連ねているのは、「ピンサロ」「オナクラ」「デリヘル」「ホテヘル」「メンズエステ」「アジアンデリ」などですが、「ソープランド」と「ファッションヘルス」は1軒もありません。東口風俗街では中央通りと北通りにほとんどの店舗型風俗店が集まっています。

一番多いのがピンサロで比較的若い女の子が多く在籍しています。メンズエステは日本人女性とアジアン女性専門の2タイプ両方あります。デリヘルやホテヘルは一流ホテル客をターゲットに品川と五反田をメインの営業地域としています。

蒲田には学生が多く住んでいるのと、全体的に物価が安いので、風俗のサービスに関する価格も安くなっているのが特徴です。上記でも触れましたが、外国人居住者も多いのでアジアンエステ店も多く営業しています。




蒲田は近隣の五反田や品川と比較して賃貸の家賃が安いのでその分、風俗のサービス料金も安く設定されています。また蒲田に多いピンサロですが、オフィシャルサイトを持っていない店も多いので、その分客引きも実際に多く存在し、地域活動として「悪質客引き防止」のキャンペーンも行われています。

でも運よくいい客引きに当たれば、おいしい思いができるところへ案内してくれますので、本番を探しているお客には客引きが一概にNGとは言えませんね。


③:蒲田の風俗の特徴1. 風俗でないアジアンエステが多い


蒲田の風俗で意外に多いのがアジアンエステです。それも風俗店でないメンズエステで抜きナシを謳っている店が50店余りあります。もちろん中には最後には女の子に余分に払って内緒で抜いてもらうことも可能ですが、それが必ずできるという保証はありません。

基本的には抜きなしなので、あくまでもきれいなアジアンの女性にマッサージしてもらいながら、恋人気分を味わうだけで終りでOKだったら行ってみる価値はあります。

参考サイト:エステナビエステ情報サイト
→ヌキありヌキ無も一覧で出ています。


④:蒲田の風俗の特徴2.蒲田はピンサロが人気





蒲田の風俗店で人気のピンサロですが、蒲田は本サロと言われているくらい本番OK店もあるのですが、ホームページを持っていないピンサロも多いので、現地に足を運んで実際に確かめることになります。あとは客引きのお兄さんやおじさんを頼りに交渉してみることです。

サービスは基本的には女の子のフェラによる口内発射で普通はディープキス・乳首なめ・玉なめ・手コキ・69・パイズリはサービスに含まれています。蒲田のピンサロ料金は他の地域と比べると多少割安になっています。だからと言って女性の質やサービスが悪ければ、今はすぐにネットで広まりますから、店がホームページがなくてもそれは同じです。風俗業界も過当競争ですから、より良いサービスを提供しないと生き残りも簡単ではない時代です。

  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る