1
女子におっぱいを揉ませてもらう方法を心理学的観点から徹底考察!

女子におっぱいを揉ませてもらう方法を心理学的観点から徹底考察!

14,459 views

おっぱいを触りたい!でも、そんなことはよほど親密な関係でないと無理!そう思っていませんか?心理学を応用すれば女子のおっぱいを揉めるかもしれませんよ。また、おっぱいを触る以外にも利用できるので知っておいて損はないでしょう。今回は心理学的観点から女子のおっぱいを揉ませてもらう方法を紹介します。


フットインザドア

フットインザドア
フットインザドアは、多段階要求法とも呼ばれる心理テクニックです。人間には自分の行動を一貫させたいという心理があります。この一貫性の原理から人間はどんなに些細な要求でも一度受け入れてしまうとその後の要求を断りにくくなるのです。些細な提案を同意させてから、少し大きな提案をして・・・と繰り返し最終的には大きな要求を受け入れさせるのがこのテクニックです。

おっぱいを揉む場合でも、最初は些細な提案から始めてみましょう。受け入れられたら次の提案をしていくと最終的にはおっぱいを揉めるかもしれませんよ。


ダブルバインド

ダブルバインド
ダブルバインドとは、例えば「明日、海か山にでも行かない?」と質問したとします。それを聞いた相手は一緒に出かけるか出かけないかという問題から海に行くか、山に行くかという問題に基準をすり替えられてしまいます。このように基準をすり替えて提案が断られる確率を下げるテクニックをダブルバインドと言います。

このテクニックをおっぱいを揉む際に利用してみましょう。「今度君のおっぱいを揉もうと思うんだけど車の中がいいかな?それともやっぱり部屋の中がいい?」・・・間違っても「君のおっぱいを揉んでもいいかな?やっぱりダメかな?」とは訊かないように注意しましょう。


イエス誘導法


イエス誘導法とは、相手がイエスと言ってしまう質問を繰り返しているとそのうちにノーと断りにくくなるという心理テクニックです。特に初対面の時は効果的で、何回もイエスと言わされ続けると相手は無意識に同意することが当たり前のような気持ちになります。

おっぱいを揉ませてくれ!と頼む際もこの方法を応用してみましょう。まず10回ほど確実にイエスと答える質問をさりげなく会話中にしてみてください。「ご飯食べた?」など簡単なもので大丈夫です。それから「おっぱい揉ませてくれない?」と頼めば通常よりは高い確率でイエスと言ってくれるはずです。


バンドワゴン効果


バンドワゴン効果とは、大勢の人が肯定的に評価していることは自分にとっても良いというように思いこませるテクニックのことです。バンドワゴンとは、パレードに出てくる楽団車のことで、この楽団車から流れる音楽が周囲の人間の気持ちを動かすことからバンドワゴン効果と呼ばれるようになりました。

この効果を応用するにはサクラを用意する必要があります。目当ての女子の周りにサクラの女性を用意して質問を投げかけます。「おっぱい揉んでもいいかな?」サクラの女性には同意するようにあらかじめ伝えておきます。何人かサクラの女性に質問をした後で本命の女子に質問をすればきっと悪い返事はしないはずです。


いかがでしたか?今回は女子におっぱいを揉ませてもらう方法を心理学的観点から紹介しました。確実に、とは言い難いですが少しでも女子のおっぱいに近づけるように利用してみるのも良いかも知れませんね。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした


◯関連記事
女子が憧れる、おっぱいを揉まれる理想的なシチュエーション9選
女の子におっぱいを触らせてもらう方法を徹底的に考察した 6つ

【編集後記】風俗より10倍安く、素人ギャルと本番セックスする方法とは?

ピンサロやオナクラをのぞけば、風俗に行くと安くても1万円はかかってしまいます。それにプラスして本番裏オプションにホテル代となると2~3万円はかかってしまいますよね。よほどのお金持ちでなければ、高いと感じる人がほとんどです。

そんな風俗が大好きなあなたに教えたい。実は、セックスする度に2~3万なんて高いお金払い続ける必要はないのです。

”ある方法”を使うと、風俗の10倍安く、簡単にヤリ盛りの素人ギャルとセックスが出来るんです。

筆者は、その方法を使い、月に4~5人とギャルとセックスして、相性がよければセフレにしています。金額に換算すると1人あたり1,000円もかかってないです。

実際にセフレになってくれたみちょぱ似の23歳人妻↓




あなたもこの方法で、風俗よりも10倍安くヤリ盛りの素人ギャルとセックスしませんか?



この記事の削除依頼はコチラ
紗倉まな

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
紗倉まな
この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします











TOPに戻る