1
セックスよりオナニーが好きな女子の本音5選

セックスよりオナニーが好きな女子の本音5選

83,530 views

女性はオナニーなんかしないなんて思っている男性もいると思いますが、実は結構オナニーをするという女性は多いのです。しかも、セックスより好きという女性もそれなりに存在しています。なぜ彼女達はオナニーの方がいいのか。本音に迫ってきました。


セックスよりオナニーが好きな本音 好きな時にできる

セックスよりオナニーが好きな本音 好きな時にできる
まず、多くのオナニー好き女性からでた本音が好きな時にできるからという物でした。確かにセックスをしようと思うと彼氏やセフレと会う必要があります。セフレならともかく彼氏だと、セックスしたいからという理由で押しかけてセックスするなんて事は中々できないですよね。

その点オナニーであれば、いつでも1人で楽しむ事ができるのが魅力なので、自分の好きな時に好きなだけ快感を貪れます。声さえ抑えればトイレの個室でもできるぐらい好きな時に手軽に行う事ができるからという猛者もいたくらい今ムラムラするから今やりたいという女性も意外といるのです。

意外に思われるかもしれませんが、オナニーが好きな人と言うのは男女問わず同じような考え方をしているのです。


セックスよりオナニーが好きな本音 相手がいないから自由にできる

セックスよりオナニーが好きな本音 相手がいないから自由にできる
相手がいないから自由にできるというのは男性がオナニーをする理由の一つだと思います。女性も同じなのです。相手がいると気を使いますし、自分が気持ち良いところを触ってもらえなくて辛いという事もオナニーであれば起こらないです。

更には、1人でヘッドフォンを付けてAVやらエロボイスを聞くなどオナニーのネタも好きに選べますし、その時の気分に応じて変えれます。セックスだとそうはいきませんよね。今日は、長身イケメンの気分と思っても、気分に応じてセフレを用意できるなんて女性はそうそういませんが、オナニーであれば、ネットで拾えば無料ですし、買って来てもホテルに行くより安いのです。

女性の風俗はかなり少ないですし、敷居も高い為、自分が気持ちよくなる為にするとなると必然的にオナニーになってしまうのです。


セックスよりオナニーが好きな本音 アダルトグッズが使えるから


彼氏に入れてもらうより、自分のお気に入りサイズのバイブをぶちこまれたいやローターでアソコの入口を責められるのが好きというアダルトグッズが好きな女性は意外と多いのです。

女性はアダルトグッズは嫌いと思われている方も多いと思います。もちろん、アダルトグッズが本当に嫌な女性も少なくはないと思いますが、恥ずかしくて言い出せなかったり、言うと引かれるから嫌がるふりをしているという女性も結構いるのです。

そういった女性は自分でオナニーする時であれば自由にアダルトグッズを使って好きに楽しむ事ができるです。アダルトグッズが使いたいなら言ってくれればセックスでも導入するのにとほとんどの男性は思っているのですが、女性的には恥ずかしくて言い出せないのが現状なのです。さり気なくアダルトグッズの話題を振って反応を見てみるのも良いかもしれないですね。


セックスよりオナニーが好きな本音 セックスは面倒くさい


セックスは面倒くさいからオナニーが好きと言う女性もいました。女性の場合男性と違いコンドームさえ買ってくれば準備OKと言うわけにはいきません。無駄毛の処理をして、下着を選んで、人によっては前日から食べる物を制限して口臭や体臭を抑えるという人もいるくらい女性は準備が大変なのです。

しかも、フェラしたり、愛撫したりして男性を気持ちよくしなければいけない上に、時間を決めて、セックスの前にデートしてと考えると面倒くさいとなってしまう、面倒くさがり女子とも呼ぶべき女性が多くいるのです。

その点オナニーであれば、自分だけなので、無駄毛も下着も体臭や口臭も一切気にせず、夏の暑い日にビールと餃子で一杯やって汗だくで返ってきて即オナニーなんて事も可能なくらい何も気にせずできるのでオナニーの方がいいという女性はかなり多いのです。


セックスよりオナニーが好きな本音 性癖がマニアックで晒せないから


性癖がマニアックで彼氏には言えないからオナニーで自由に出来る方が好きという方も多くはありませんが、何人かおられました。本格的な方ですと、自分で自分の体を麻縄で緊縛して、前と後ろにバイブをぶち込んでオナニーをするという方もいました。

その方の話によると流石に彼氏に、身体をガチガチに拘束して朝まで前も後ろも犯してとは言えないので、金曜日は家に帰ったら朝まで拘束オナニー三昧をしているという女性もいました。

流石にそこまでの方はあまりいませんでしたが、BLが好きだったり、軽く拘束されたいや恥ずかしい服装でやりたいなどという方はそれなりにいるのです。


いかがだったでしょうか。ショックを受けた男性もいると思いますが、女性も人間ですから性欲もあればわがままな物ですからオナニーぐらいは普通にすると思ってあげましょう。オナニーに愛はありませんから愛を彼女に注いであげるのが一番です。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。


▼関連記事
彼女がいても男はひとりエッチをしてしまう本当の理由5選
女性がひとりエッチをしたい気分になる瞬間6選

【1分でセックス確定】AV女優紗倉○なが暴露した、超簡単にセックスが上手くなる方法とは

セックスの経験が少なくセックステクに自信がない。セックスを上手くなって女性を感じさせたい。

セックステクを上達するためには経験人数を増やすことが一番の近道

風俗で本番セックスすると、安くてもホテル代込みで2~3万円かかります。何回もいける値段ではないですよね。

近場でセフレがいれば便利なのにと思ったことはありませんか。
相手の家や近場の漫喫・カラオケでセックス。

当然ですが、男性だけでなく女性も同じことを思っています。

【風俗消滅】"セックス相手募集中”の女性とセックスする方法とは

セックス相手募集中の女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用すること。

女性は男性以上に性欲があります。しかし、女性は友達の目を気にして、ネットでこっそり募集します。

少し前に、AV女優の紗倉まなさんがテレビでAV女優も使っていると暴露し話題になっていたのを覚えていますか?


セックス相手を募集するために使われているのが、匿名可能なJメール【R18】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流。

Jメールだと、セックスすることが目的なので余計なデートは必要なし

Jメールがセックスできる女性と出会える理由

登録者の人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「すぐ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上


パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

会う場所はお互い都合の良い駅前で待ち合わせる約束をすればOK。

Jメールが女性に人気の3条件

・匿名可能で知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌で話題
と知名度が高く安心して使えるからです。
10年以上も運営をしている老舗で登録者も600万人いています。


都内には色々なところにJメールが掲載されていて信頼できるのも女性に人気の理由の1つ。


Jメールを使うと慣れれば500円でセックスできた

結論として筆者は5000円課金して7人と14回セックスできました。1人目こそ1000円位かかりましたが、最終的には1人500円でセックスできます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとJメールに課金して近くでセックスができる女性を探す方がコスパ良いですよね。


たった1ヶ月でセックステクの上達が凄い!女性を簡単にイかすことができた

Jメールを使うまでは、経験人数1人の筆者でしたが、1ヶ月で7人とセックスすることで今までとはレベルにならないセックステクとセックスに対する自信をゲット

女性が「感じる場所」や「力加減」など教えてくれるので、最終的には女性に何も言われなくてもイかせることができました。

今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.44倍になるキャンペーン中


セフレが数人欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら会員登録無料で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。
女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、のぞいて見てください。


本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス。

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る