ツイッターの「#セフレ募集」投稿は本当なのか?DMを送って検証した結果

ツイッターの「#セフレ募集」投稿は本当なのか?DMを送って検証した結果

132,936 views

この記事を書いた人
愛のあるヤリチン
時雨
小中高時代は義理チョコしかもらったことない非モテ男でしたが、大学デビューして遊び人の友達とストナンしまくるように。19歳で童貞卒業と遅咲きながら、28歳の今では遂に3桁突破!非モテだったからこそ女性に尽くしたいと努力した結果、女性を喜ばせるセックステクニックやデート交渉術には自信があります。皆さんに勇気を与えられるようなノウハウ伝授を心がけます。
もはや生活に欠かせないSNSアプリ・twitter(ツイッター)。エロ目的で使われることも多く、中には「#セフレ募集」とつぶやいている裏垢女子がいます。男だったら「リプやDMを送れば、すぐにヤレるのでは?家も近いし……」と思ってしまいますよね。

そこで今回は、出会い系でオフパコしまくりな僕が「#セフレ募集の投稿で、本当にセックスできるのか?」を実際に検証しました。はたして、何人の素人女子とヤレたのか……。




Twitterでよく見る「#セフレ募集」の投稿とは

実際に#セフレ募集でどのように募集をしているのか……まずはチェックしてみましょう。





以上が、実際に募集している「#セフレ募集」のツイート内容です。

直接「エッチしたい」とセフレ募集をかけている女性もいれば、ちょいエロな画像でさそっている子もいますね。なお「#セフレ募集」のツイート数は、(女性に限れば)平日で20件程度です。

他には「#オフパコ」「#エロ垢」「#裏垢女子」「#円」(=援助の意味)といったタグを付けて、セフレ募集と合わせて検索しやすくしているツイートも目立ちました。

連絡の方法は、お互いのアカウントから行う場合もありますが、裏垢(裏アカウント)を指定して誘導してからやり取りするのが一般的です。このつぶやき自体が裏垢な場合もありますが、基本的に身バレを防ぐため裏垢を併用している女性が多いですね。

ツイート内容は、あくまでも興味を持たせて釣るための言葉でしかありません。つぶやきの中に条件を入れている女性も多いですが、実際にセフレ募集なのかそうではないのかを確認するには、連絡を取ってみなければわからないのが現状です。


「#セフレ募集」投稿している女性にDMを送って、本当かどうか検証

検証で分かった「#セフレ募集」しているユーザー分類
今回行った検証方法は以下の通りです。


①:エロ目的のみで使う裏アカウントを作成
②:検索で「#セフレ募集」をチェック
③:DMを送信して反応を見る

プロフ
こちらが裏垢です(現在は削除済み)。
この手順で、「#裏アカ女子」でツイートしている女性10人にDMを送り、リアクションをチェックしました。その結果がこちら!


項目
人数
割合
DMを送った人数
10人
100%
DMが返ってきた人数
9人
90%
他サイトへ誘導する業者
7人
77.8%
援デリ業者
1人
11.1%
冷やかし目的?
1人
11.1%
実際に会えた人数
0人
0%


結果として10人にDMを送信しても、1人も会えませんでした

クソリプ
DMには9人の女性が返信してくれたので、期待しましたが……。実際には7人が別のサイトへ誘導する業者の女性、1人は援デリ業者でした。一応、1人は業者ではない感じでしたが、文面が馬鹿にした感じだったので「冷やかし目的」で返信したものと思われます。

返信してくれた女性も9人中8人が業者と言う結果。素人女性はおらず、そのままやり取りしても援デリ業者の魔の手にハマるしかないようです。検証結果は「会えない」どころか「ほぼ業者」という結果になりました。業者以外もいましたが、会えないのならば意味が無いでしょう。

絶対とは言えませんが、Twitterから出会えるセフレを探すことは困難ですね。

ツイッターはヤレる確率0%!30代コミュ障の筆者が試してみた結果


検証で分かった「#セフレ募集」している女性のタイプ

今回の検証でわかった「#セフレ募集」しているユーザー分類は「他サイトへ誘導する業者」「援デリ業者」「冷やかし目的」の計3つです。

「素人女性のセフレ募集ではない」部分ではどれも同じ。どの結果であっても「出会えなかった」に変わりはありません。「騙された方が悪い」と言えなくもないですが、「#セフレ募集」を信じた純粋な男性にとっては悪質すぎる内容ですね。

気軽に「セフレ募集」とあっても、その実は「別の目的がある」ということなのでしょう。

「未成年も使っているTwitterで、セフレの募集はどうなの?」という疑問もありますが……スマホで簡単にセフレが手に入るほど、世の中は甘くはできていないですね。


他サイトへ誘導する業者

今回の意見で分かった、業者の手口は以下の通りです。

①:セフレ募集とつぶやき男性が引っかかるのを待つ
②:釣られてきた男性と仲良くなる
③:「会話をしやすい別のサイトにいこう」「このサイトが面白いから見て」などと言って別サイトのURLを渡す
④:サイトに移動させたら、ある程度会話をして別れる

誘導
業者や人(カモ)によって違いはありますが、大まかな部分は同じですね。

業者は、サイトに誘導することでアフィリエイトで稼いだり、登録料を取ることで儲けにしています。中にはサイトに移動するだけで「登録されました」と通知され、高額な請求をさせる悪質な業者もあります。

業者は実際に会う必要が無い為、相手が男性の可能性があります。性別と業者、二重の意味で騙された結果と言えます。


援デリ業者



援デリ業者は、国から認可を受けていない違法なデリヘル業者のこと。違法ではありますがさまざまなメリットがあるため、業者がなかなか減らないのが実情です。

・店舗がないので、家賃などのコストが要らない
(通常のデリヘルと同じ)
・SNSのDMなどで広く集客できる
・正規店ではないので、税金を払わない
・売上の半分以上を嬢から取る(正規店では3割程度)

(実際の)デリヘル嬢の中には風俗店で稼げない子もいるので、副業として違法業者を使うケースがあります。また嬢自体が業者となる(自分を売る)場合もありますね。

素人女子が行う援助のお誘いとは違い、プロが相手をしてくれるところがポイント。それが良いかは人それぞれですが……プロが金額を請求している時点でデリヘルと変わらないでしょう。

なお、今回の調査で(業者と思われる相手から)返信された内容は「1回目だけホ別で2万円くれませんか?」という内容でした。なお「ホ別」とはラブホテル代は別(男が払う)との意味です。

「ホテル代はお客負担でプレイ料金2万円」と言い換えれば、これではデリヘルやホテヘルと同じ。「1回だけ」と次からタダでOK~的な感じですが、そんなことはありません。99%以上の確率で料金を請求されます(経験上……)。

別サイトへ誘導や冷やかし目的と比べると、「お金を支払えば確実に出会える(ヤレる)」という点では良心的とも言えます。ですが僕たちはセフレを探しているのであって、風俗嬢を探しているわけではありません。同じセックス目的ではありますが、望んだ相手とは言えないでしょう。

後腐れのないビジネスの関係なら、援デリ業者もありかもしれません。お客としての付き合いでもいいのなら、視野に入れて置いても良いのでは(おすすめはしませんが……)。


冷やかし目的

タチが悪いのが、冷やかし目的です。セフレ募集につられた男性を馬鹿にしてからかったりする女性ですね。

今回では「冷やかし」目的と思われる女性が1人いましたが……全体的に話がかみ合っておらず、どこか馬鹿にしているような内容が返ってきました。

お金の話が出なかったので業者で無いのはわかりましたが……会う話を出すたびに話をはぐらかされるので、冷やかし目的だと判断。一応メンヘラやヤンデレの可能性も探りましたが……「かまってちゃん」的な言葉がなかったので却下しました(メンヘラ系は、セフレ募集だとしてもいろいろと危険)。

冷やかし目的の人は基本的に釣られてきた男性を馬鹿にしたりするだけですが、中にはそのDMをスクショし、掲示板やSNSに貼り付け内容を晒す悪質な人もいます。

たとえ晒されても会話の内容程度なら、恥ずかしいですが我慢すれば問題ありません。ですが、住所や職業(会社名)などの個人情報が晒されていたら最悪です。

クソメール
電話番号やメールが知られると、悪質な業者から詐欺系の電話やメールが届きます。また住所を知られることで嫌がらせなどの悪質な行為や、悪いウワサを拡散されることもありますね。

さらに本名を知られると、いろいろ特定されたり、会社の同僚や友人に「こいつ#セフレ募集に反応したんだ~」とバレる危険があります。

いずれにしても、リスクが高すぎ。確実に冷やかし目的でないと判断できるまでは、電話番号などの個人情報を教えるのはやめておきましょう。


【結論】Twitterの「#セフレ募集」ではセフレはできない!?

検証を行った結果、「Twitterの#セフレ募集投稿はほぼ嘘」と判明しました。Twitter上のセフレ募集に応募しても、残念ながらセフレはできません

「#セフレ募集」のタグや誘うような「つぶやき」があっても、業者が興味を待たせるために行っている可能性がとても高いです。甘い誘惑にダマされないないようにしましょう。

また業者でなくても冷やかし目的な可能性が高く、セフレにはなる確率は限りなくゼロ。うかつに情報のやり取りをすると情報拡散されるなどの危険も十分に考えられるため、注意してください。

他にも、「いいね」やフォロー登録が欲しいために誘っている女性もいます。甘い誘い文句やきわどい自撮りで男性を誘い、「いいね」やフォローを集めるタイプ。いわゆる「かまってちゃん」というやつですね。

あくまでも「いいね」やフォローな為、他サイトへ誘導や冷やかしなどの悪質な行為はありません。将来どう変化するかはわかりませんが、比較的無害と言えるでしょう。セフレにはなれませんが、友人やアイドルといった関係で付き合ってあげてください。

Twitterで「セフレが出来る」と言う話を耳にしますが、信用しない方が賢明です。もしセフレが欲しいなら、Twitterではなく別の方法が効率的ですね。

ツイッターで出会った女とセックスするのは超危険!逮捕されるケースもあり。その理由とは

セフレを作るなら、ツイッターではなく出会い系アプリを使おう!

繰り返しますが、Twitterはセフレ探しに向いていません。セフレを探すなら別の方法をお勧めします。掲示板、SNS、ハプニングバーなど……色々な方法がありますが、僕の経験で言えば最もおすすめするのが出会い系サイトです。

出会い系アプリはTwitterとは違い、直接会うことが目的です。登録している女性は出会いを求めているので、話をスムーズに進められます。またセックス目的の女性も意外と多いので、簡単にセフレが作れちゃいます。

Jメール
僕もさまざまなアプリを使ってセフレを使ってきましたが、出会い系アプリの中ではJメールが一番見つけやすいですね。運営実績20年以上の老舗サービスとあって審査がしっかりしているので、サクラなどの業者が少ないのが特徴です。

Jメールには掲示板機能があり、ここではセックス相手を探しているエロい女性がたくさんいます。相手もエッチ目的なので、その日のうちにセフレを作ることも夢ではありません。会員数600万人の大規模サービスなので、セフレの1人やは2人簡単に見つけられるでしょう。

他にもJメールはポイント代が安く、イベントが充実。掲示板1日1回無料などのサービスもあるので、女性にアプローチがしやすいのもうれしいですね。

セフレ目的の女性が多く、業者が少ないJメール。夢のセフレ生活を実現したいなら、今すぐ登録してみてください。

Jメール(R18)で無料登録してみる!


まとめ:タダでセフレを作れるほど世の中甘くない!

結局のところ、セフレと出会うのは簡単ではありません。ましてや、タダでセフレを作れるなど、夢と言ってもいいでしょう。

Jメールも無料でも登録できますが、確実にセフレを探すなら少しは課金した方が得策です。といっても、そんなに高額な料金を払わなくても良いのが魅力的。デリヘルだと2万円くらいの出費が要りますが、Jメールなら3,000円も出せば大抵はセックスまで行きつけます。

一度セックスした相手とは、相性が良ければその後セフレとして長く関係性を続けることも難しくありません。先行投資と考えて多少の出費を覚悟した方がセフレは作りやすくなりますよ。


NHKで特集された出会って1分でやれるインスタントセックス女子とは?【1000円セックス可能】

仕事帰りにムラムラしてきて「セックスしたいな~」って瞬間ありませんか?

そんなときに欲しいのが、仕事帰りに公衆トイレやネカフェなどでお金を掛けずにサクッとセックスできる、いわゆるインスタントセックス女子

インスタントセックス女子とは、最近の20前後の若い女の子の間で流行ってる「出会ったばかりの男と挨拶感覚でセックスする女の子」のこと。

これ、実際にNHKの番組で「インスタントセックス〜さみしさを埋める若者たち〜」という特集番組が夜の7時半から放送されるなど、色んな意味で大注目されてるんです。



わざわざセックス目的の女とデートしたりするのも面倒くさいし、お金なんて掛けたくないですよね。

インスタントセックス女子なら、会ったその日にセックスだけして名前も教えずに即バイバイできるなんて、最高に楽じゃないですか?



そんなお金をかけずに最高に楽なセックスをさせてくれるインスタントセックス女子は、実はとある1つのサービスに集まっているんです。

インスタントセックス女子が集まるサービスとは?秘密は紗倉まなが紹介したあのサービス

まず前提として、若い女の子ほどセックスが好きで、好奇心から知らない男でも簡単にセックスさせちゃうんです。

事実、朝日新聞出版が発行している週刊誌AERAが行ったアンケートでは
20代前半女性の9割が「セックスが好き」と回答!

けれど女性は周りの目を気にしやすく、ヤリマンなどとは思われたくない生き物です。
だから普段はコッソリとネットを使ってインスタントセックスを楽しんでいるんです。

最近人気なのが、AV女優の紗倉まながテレビで「AV女優が男漁りに使ってる」と紹介して話題になったインスタントセックスサービス



渋谷の109で女性限定イベントを開催するほど女性人気が高い紗倉まなが紹介したことで女子大生の間で人気に火がつき、女性会員数が急上昇!

その中で特に人気なのが、Jメールというインスタントセックスサービス。

登録者の人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「すぐ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上

Jメールは女性もセックスが目的のサービスなので、インスタントセックス女子が大勢集まっています。なので従来の出会い系のようなメールのやり取りやデートといっためんどくさいやり取りをショートカット!

だから最高に楽なセックスが簡単にできるんです!

やりたいときに公衆トイレやネカフェなどに待ち合わせて即セックスができるし、最短1分で待ち合わせ場所が決まるなんてこともw
(こんなセックスしか頭にないようなドスケベ画像をアップしている淫乱女子ばかり!)



Jメールがインスタントセックス女子に人気な理由

でもなんでJメールが人気なの?って思いますよね。

その理由を3つ上げると
・匿名性が他のアプリに比べて高く周りにバレない
・渋谷や六本木に広告掲載され知名度が急上昇中
・女性誌にも掲載され話題

特に匿名性が他のサービスと比べて抜群高いので身バレの心配がないという点が人気で選ばれてます!
(他のマッチングサービスだと身バレしたなんて話をよく聞きますよね)

それでいてJメールは日本唯一のインスタントセックスサービス
だからインスタントセックス女子がJメールに集まっているんですよ!

しかも10年以上も運営をしている老舗で登録者も600万人います。


都内には色々なところにJメールが掲載されていて信頼できるのもインスタントセックス女子に人気の理由の1つ。


Jメールを使ったら女子大生と1000円でセックス!

結論として筆者は5000円課金して5人(ほぼ女子大生)とセックスできました。なんと1セックス1000円と鬼コスパw

女の子もセックスが目的だったので1分でネカフェ待ち合わせが決まり、会社帰りにインスタントセックスできましたw
終わったら即バイバイして後腐れなく最高に楽なセックスを楽しめました!

もちろん女の子にお金なんて払ってないので、1回のセックスにかかったのは1000円だけ

同じ人数のセックスを風俗でやると30万円以上かかりますよね。
そう考えるとJメールでセックスができるインスタントセックス女子を探す方が手間も少なくコスパ良いですよね。

sexsyouko001

ちなみに最初のメッセージで「仲良くなってから会いたい」って言う女は相手しないのがお得!
無駄に時間取られるだけだしインスタントセックスには向いてません。
なので最初から会う前提の子に狙いを定めるのがJメールでセックスするコツです!

⇩⇩⇩以下のリンクをクリックしてインスタントセックス女子と出会う⇩⇩⇩


今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.44倍になるキャンペーン中


セックスしたいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら無料会員登録で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。
女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、一度のぞいてみてください。


本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る