1
堀北真希の入浴シーンに反響続々!口コミや評判まとめ(画像有り)

堀北真希の入浴シーンに反響続々!口コミや評判まとめ(画像有り)

88 views

2015年に電撃結婚した後、突如芸能界を引退した人気女優の堀北真希ちゃん。当時の出演作はヒットばかりで、いまだに根強い人気を誇っています。そんな彼女ですが、清純なイメージとは裏腹に、意外にも露出の多いシーンを演じていたことがあります。今回はその中でも、特にネット上で話題になった「ドラム缶風呂の入浴シーン」について、口コミを取り上げながら紹介したいと思います。当時ファンだった人は必見ですよ!


話題となっている堀北真希の入浴シーンとは




こちらは2013年の放映された、NHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」の一コマです。この作品でヒロインを務めた堀北真希は、NHKの番組としては珍しく、沢山のサービスショットを見せてくれました。

今回のテーマにしている、ドラム缶風呂の入浴シーンは特に波紋を呼びましたね。胸元ギリギリまでカメラが寄っていたので、もはや放送事故レベルのシーンです。

女優としては、学校を舞台にした青春映画やドラマに、数多く出演してきました。ところが、映画「白夜行」で濡れ場を披露して以来、「梅ちゃん先生」をはじめ、セクシーな役どころを演じる機会が増えました。


入浴シーンについての口コミまとめ

当時から人気女優だった彼女ですから、入浴シーンが放映されたときネット上では大騒ぎ。その口コミをいくつかピックアップしたいと思います。




マニアックなことをいう人がいますね(笑)しかし、堀北真希の入浴後なら…と妙に納得してしまいますね。




NHKの朝ドラは、どの作品も高視聴率をたたき出しますが、「梅ちゃん先生」に関しては堀北真希の入浴シーンの印象が強すぎたようですね。

中でも堀北真希の放送事故ともいえる入浴シーンはすごかった…
放送時は◎◎が見えているんじゃないか?!とネット上でも話題になっていたそうですね
引用:Seesaa BLOG|堀北真希 放送事故 入浴シーンが話題に


ファンのブログの中でも、その入浴シーンは語られています。見ていた方も多いかもしれませんが、朝のNHK番組にも関わらず、かなりギリギリなシーンでした。入浴後に立ち上がるシーンなんて、おっぱいが見えたんじゃないか?と、物議を醸し出したほどです。


【オマケ】堀北真希のセクシー画像5選

過去に入浴シーンが話題となった堀北真希ですが、探してみるとグラビア誌にセクシー画像を沢山残していました!今やレアとなった堀北真希のセクシー画像をとくとご覧あれ。

#堀北真希 #makihorikita SoЯaさん(@cherry_muffinn_)がシェアした投稿 -


インスタグラムより見つけた、堀北真希フルコース画像集。引退直前の画像でしょうか?完成された大人の色気を漂わせています。

#堀北真希 #makihorikita chisami2626さん(@chisami2626)がシェアした投稿 -


こちらもインスタより引用しました。女優として中堅ポジションの頃の画像です。ツヤのある赤いドレスが似合っていて、セクシー。




こちらはツイッターより。若いころの画像ですね。露出の多いトップスと、上げた髪が爽やかエロス。絹のような肌がまぶしくて、まるで天使のようです。




こちらもツイッターより引用した画像。このヘアスタイルは、大ヒットのテレビドラマ「花盛りの君たちへ~イケメンパラダイス~」の頃ですね。ショートヘアも似合いますね~。白いタンクトップの上から、可愛らしい小ぶりバストが感じられます。




若かりし頃の画像を見たところで、もう一度成熟期の画像を見ましょう。ん~年々キレイになっているのがうかがえますね。背中の空いた、パープルのドレスがセクシー。

〇参考記事:
堀北真希のセクシーなエロ画像32枚|水着、ランジェリー姿など満載

まとめ:引退した今でも語り継がれるセクシーさ!

堀北真希さんが2015年に電撃引退してしばらく経ちますが、数々の名作に出演した彼女はいまだにファンの心を掴んでいます。ネットの中でも、オカズにする女優としてその名前を挙げる人も少なくありません。入浴シーンやセクシーグラビア、キスシーンといった画像は、今後も語り継がれていくことでしょう。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

◯関連記事
堀北真希のセックス事情|山本耕史に毎日のように中出しされ妊娠
北川景子のセックス事情|何年経っても忘れられない超絶フェラ

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る