濡れ場シーンで「巨乳を揉まれまくる」映画11選【動画あり】

濡れ場シーンで「巨乳を揉まれまくる」映画11選【動画あり】

408,970 views

この記事を書いた人
元パパラッチ集団
マチクサ編集チーム
芸能系を主に執筆しているマチクサ(34歳)編集チームです。昔からテレビやエンタメが好きで、7年間、某週刊誌で芸能と裏社会の記者をしていました。しかし、30歳に政治部へ異動となり悶々としている中、panpan編集部にスカウトされ転職。現在はみんながあっと驚く情報を発信しようと、記者時代に研ぎ澄まされたアンテナを張り巡らして、昼夜ネタ探しに奔走中。

⑤「桜姫」



歌舞伎の演目である、「桜姫東文章」をベースに制作された時代劇映画「桜姫」。元non-noモデルの日南響子がヌードを披露した濡れ場が話題となった作品です


簡単なあらすじ

名家・吉田家の娘である桜(日南響子)は、本物の桜のような美貌から「桜姫」と呼ばれていました。吉田家のお姫様だった桜姫は、ある晩、権助(青木崇高)という男に犯されてしまいます。

その日から桜姫は権助に夢中になってしまい、良家の男との縁談を進めようとする吉田家を飛び出してしまいます。惚れた権助を探す道中で、ついには遊女に堕ちてしまう桜姫ですが、その遊郭で「風鈴お姫」と噂されるほどの評判の遊女となります。

その噂を聞きつけた権助と、桜姫は再会を果たします。しかし、他の遊女の横やりが入ったり、吉田家からの権助の盗みが発覚してしまい……。

「桜姫」の詳細はこちらから


禁断のラブシーンを解説

濡れ場はいくつかありますが、最も興奮するシーンは、最初に桜姫(日南響子)が権助にレイプされるシーンです。




いつものように眠る桜姫ですが、屋内に忍び込んだ権助に無理やり襲われてしまいます。口を塞がれて助けの声も出せないまま、桜姫は強引に服を脱がされてしまいます。




訳も分からぬまま、権助に処女を奪われてしまう桜姫。床に零れ落ちた赤い血が印象的なシーンです。桜姫は犯されながらも、権助の肉棒に何度も喘ぎ、女の悦びを知ってしまいます。

その後の、権助を追い求めて桜姫が家出する展開も含めて、女が性の快感に憑りつかれてしまう、エロいシーンです。

〇参考記事

映画「桜姫」の濡れ場では本当にヤッてる?日南響子のセックスシーンを徹底検証


視聴者の口コミ・レビュー




おっぱいもがっつり揉まれるなど、権助とのラブシーンはかなり濃厚です。ただ、乳首が映らなかったところは残念でした。







作品全体については厳しい評価があるものの、日南響子の濡れ場はやはり外せないシーンですね。




細かい部分まではっきり分かるほど、日南響子のリアルなエロシーンが堪能できる「桜姫」。映画上映は終わっていますが、動画配信サイトでは高画質で視聴できます。


次のページ
⑥「海を感じる時」
  • 5
  • /
  • 11
5/11 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る