浅井裕作のエロ漫画おすすめ4作品|見どころや口コミ・レビューを紹介

浅井裕作のエロ漫画おすすめ4作品|見どころや口コミ・レビューを紹介

1,664 views

この記事を書いた人
コタロー編集チーム
エロ漫画・アニメなど、オタク趣味のディレクターとライターで構成されたチームが作品の隅々までレビュー。軽いエロからハードエロまで、シコれる作品を紹介していきます。基本的に好きな作品や、シコネタのルーティンになっているオススメばかり!コミケ参加は不可欠で新刊チェックも日々行っています。

つぼみ白書





「つぼみ白書」の詳細(R18)はこちらから



どこか懐かしい雰囲気!ちょっとHな青春ラブコメ漫画


1993年4月にシュベール出版のシュベールコミックスより単行本が発売されました。現在は笠倉出版社から販売されている電子書籍版で読むことができます。昭和な雰囲気ただよう絵柄が特徴のちょっとHな青春ラブコメ漫画です。



簡単なあらすじ


1989年3月、大学の合格発表当日。主人公・竹田拓郎は彼女と同じ大学を受験しました。ところが、彼女は見事合格したのに自分は落ちてしまいます。晴れて大学生になった彼女とは裏腹に、拓郎は1年間の予備校生活をスタートさせることになりました。

予備校での授業を終え、下宿先のアパートへ帰る拓郎。ドアを開けようとすると鍵があいています。部屋に入ると何とそこには勝手に上がり込んだ大家の娘・つぼみの姿が。

制服姿でテレビゲームに興じるつぼみに「勉強すんだから早く帰れよ!」と怒鳴る拓郎ですが、「せっかく遊びにきてあげたのに」とつぼみは逆ギレです。しかも、つぼみのシャツの胸元からのぞく谷間に拓郎は思わずドキッとしてしまい…。



見どころ(ヌキどころ)はココだ!


「アパートは男ばっかりなんだから制服姿で若い子がウロウロしてると危ない」とさとす拓郎。ピンとこない様子のつぼみでしたが、おもむろに「Hなセーラー服」という本を取り出し「男の人はセーラー服が好きだから?」と聞いてきます。それは拓郎が隠しておいたエロ本でした。

エロ本を見られ動揺する拓郎につぼみは「言ってくれれば私がなぐさめてあげるのに!」と言い、セーラー服を脱いでブラジャー1枚の姿に。拓郎の手を取り「ね…さわってみて…」と自分からおっぱいにあてがいます。真っ赤になり鼻血を出す拓郎。見どころです。


良い口コミ





青春ラブコメディって感じですね。つぼみちゃんが可愛いんです!





ありがとうございます!どんな記事かも気になります。





純情可憐なエロ漫画です。こういう作品とても貴重だと思います。


悪い口コミ






試し読みもよいのですが…。気に入ったらご購入よろしくお願いしま~す。





無料立ち読みもよいのですが…。ヒロインつぼみちゃんの可憐なエロさにキュンキュンしたならぜひお買い上げ下さ~い。




ありがとうございます!ぜひ感想もお聞かせ下さい。


次のページ
きまぐれショートCUT
  • 2
  • /
  • 4
2/4 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る