風俗でハズレ嬢を回避する10の鉄則|現役デリヘル嬢が解説

風俗でハズレ嬢を回避する10の鉄則|現役デリヘル嬢が解説

154,017 views

この記事を書いた人
panpan風俗調査隊
あじろ編集チーム
美大卒業後、雑誌とWEBのライターとして7年間活動。現在はpanpanにて風俗実態調査のチームを任されています。もともとセックスに熱心だったことと、M性感が異常に好きなことを認められてリーダーに昇格。とはいえメンバーは私含めて3人しかおらず、ほとんど自分で現地に行って記事を書いています。天職とはまさにこのことw
風俗でハズレ嬢を引いた!もう最悪!

パネマジに手抜き、やる気なし、抜くのが下手っぴ…男性客を残念な気持ちにさせる「ハズレ嬢」や「地雷嬢」。同じ風俗嬢として心苦しいのですが、なかなかいなくならないのが現状です。

特に風俗初心者の方は、女の子を選ぶのが苦手。そんな男性に限って、人気のない「ハズレ嬢」を当てられやすいですね。風俗代だって安くない。誰だってそんな思いはしたくないでしょう…。


そこで今回は、ライター兼現役デリヘル嬢のみつば@池袋デリ風俗でハズレ嬢を回避する10の鉄則を、私の勤務経験をもとに解説します。

風俗業界はサービス業ですが…きれいごとだけでは経営していけません。ダマしダマされの世界でもあります。ハズレ嬢をつかまされて残念な気持ちになりたくなかったら…ぜひとも読んでくださいね。



風俗客の天敵!ハズレ嬢とは?


風俗に行ったら、エロい女の子と気持ちいいプレイが楽しめる……と思っていませんか?残念ですが、それは7割当たりで3割ハズレなんです。

理由は、風俗嬢の中には「ハズレ嬢」を引くことがあるから。ハズレ嬢とは、ルックスやサービスが足りなくて男性客を満足させられない嬢のことです。

まずは「ハズレ嬢」のタイプから解説しておきましょう。


①パネルと実物が違う「パネマジ嬢」


ハズレ嬢の中で最も多いのが「パネマジ嬢」。店頭のパネルや公式サイトのプロフ写真と実物のルックスが違いすぎる女の子のことですね。

女の子のパネルや写真を修正加工しているお店は少なくありません。在籍嬢のルックスを良く見せれば、指名が増えてお店が儲かるからです。


②サービスがおざなりの「手抜き嬢・時短嬢」


次に多いのが、サービスがいい加減な「手抜き嬢」。できるだけ楽して稼ぎたいタイプですね。「手抜き嬢」は、次のような特徴があります。

・男性客との会話が少ない、自分から話さない
・キスや密着が少ない(しない)
・フェラが事務的
・チンコしか触らない
・男性客からのタッチを嫌がる


他には、終了時間まで余裕があるのに、さっさとフィニッシュして終了させようとする「時短嬢」もいます。あらかじめタイマーを短く設定して偽装する、やり手の女の子もいますね。


③抜きテクが下手な嬢


女の子は悪気がないけれど…単純にテクニックがない風俗嬢もいます。風俗経験が浅かったり、月に数日しか出勤しない(副職持ちの)女の子に多いですね。

特に、テクニックの差が出るのが手コキ&フェラ。具体的には、ひたすら激しく手コキしたり、音だけは大きいのにカリ首に当たらないフェラをする…などです。

このタイプの嬢に当たると、フィニッシュに至らないリスクもあります。もちろん男性客の中には「下手でも、頑張っている姿を見ると興奮する」人もいますが、やっぱり抜きは抜き。気持ちよくイキたいですよね。


お金を損したくない!風俗でハズレ嬢を回避する鉄則を解説

女の子にだっていろんな事情はあるけれど、お金を払っているのは男性客の皆さま!ハズレ嬢を引いて、もやもやしたままプレイ終了…なんて、損した気分になりますよね。

そこで今回は、風俗歴12年の現役デリヘル嬢の私が、風俗店でハズレ嬢を回避する10の鉄則を解説します。風俗で満足したいなら、ぜひとも覚えておいてくださいね。


ハズレ嬢を回避する鉄則① フリーはダメ!嬢を必ず指名する


原則中の原則ですが、ハズレ嬢に当たりたくないなら必ず女の子を指名しましょう。お店に任せると、人気のないハズレ嬢を回される確率が高いからです。

お店で待機している風俗嬢は、他の男性客に指名されなかった女の子。もちろん、優良嬢がタイミング良く待機しているケースもありますが…普通は「売れ残り」ですよね。

風俗店はちょっと問題がある子でも、フリーのお客さんに積極的に接客させます。女の子を稼働させないと稼ぎにならないからです。またフリーのお客さんは指名客よりリピートする可能性が少ないので、軽く見ていることも確かです(お店にもよりますが)。

女の子と遊ぶのは、あなた自身。当たり嬢とプレイしたいなら、責任を持って自分で女の子を指名しましょう。

ハズレ嬢を回避する鉄則② パネル以外の情報も確認して、パネマジ嬢を避ける


パネマジ嬢は、パネルやネットのキャスト写真からでは判別できません。簡単に画像加工できるアプリやツールが増えており、画像ソフトに詳しくない人でも簡単に美人に修正できるからです。

パネマジ嬢を回避するには、パネルや写真以外の情報を見るのが重要。お店によりますが、在籍嬢の写メ日記や動画があれば確認しましょう。写メ日記や動画は修正していないケースがほとんどだからです。

また個人でtwitterを開設している子を選ぶのもアリ。SNSで顔出しして大々的にアピっている子は、パネマジの心配はほぼないですね。

パネマジやブサイク嬢を回避するコツについては、私が別の記事でも解説しています。女の子の見た目にこだわりたいなら、一緒に読んでみてくださいね。

〇関連記事
風俗で化け物級のブスにあたらないための超重要テクニック10つ


ハズレ嬢を回避する鉄則③プロフィール欄から地雷ワードを読み取る


在籍嬢のプロフィール欄も、ハズレ嬢を見抜くための情報の宝庫。ここでチェックするのは、画像ではなくプロフ文(自己紹介文)です。

プロフ文には、ハズレ嬢を見抜くためのキーワード(地雷ワード)が埋め込まれています。以下はその一例。100%ではありませんが、これらのキーワードが連発している子は要注意です。

地雷ワード 意味
マシュマロ・ポチャ・やわ肌
わがままボディ
デブ
お姉さま・妖艶・大人の魅力 おばさん
小柄・小動物系・成長途中 ガリガリ・貧乳
クール・さっぱり・知的 不愛想(塩対応)
恥ずかしがりや・受け身・
責められたい・「優しい人が好き」
マグロ
ピュア・初々しい・未経験 テクなし
甘えん坊・不思議ちゃん メンヘラ

いかがですか?どれもプロフ欄ではごくごく日常的にみかけるフレーズですよね。日本語って本当に怖いです。

「短所は長所の裏返し」という言葉がありますが、その逆もしかり。プロフに書かれている情報から、真の嬢の姿を見抜きましょう。


次のページ
ハズレ嬢を回避する鉄則④ ネットの体験口コミを正しく読む
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る