AV女優を募集している優良アダルトレーベル5選|収入や面接時の注意点も解説

AV女優を募集している優良アダルトレーベル5選|収入や面接時の注意点も解説

1,438 views

この記事を書いた人
愛の筆先
MIYABI 編集チーム
陰キャだった学生時代を経て、新卒でなぜか証券会社に就職。営業ノルマが厳しい中で、少しでもコミュ力を鍛えなきゃと思って始めたのがナンパ。それがドハマリして以来、出会いやセックスを追求するようになりました。国内の主要なナンパスポットや、アプリ、オンゲでの出会いを網羅。今は本職のディレクターとして、みなさんにガチで使える情報を提供をしていきます。
年間2,000人以上の女性がデビューしていると言われるAV業界。「憧れているAV女優になりたい」「手っ取り早く稼ぎたい」「好きなセックスを仕事にしたい」などなど、動機はさまざまながら、AVの仕事に就きたい女性は年々増えています。しかし、AV女優になる第一歩として、アダルトレーベルに所属する必要があるのをご存知ですか?そこで今回は、AV女優を目指す方のために、優良アダルトレーベルを厳選してご紹介します。


AV女優を募集しているのはどんなところ?

膨大な数の作品がリリースされているAV業界ですが、その内情についてはあまり知られていません。まずは、AV女優が所属するアダルトレーベルについてご紹介します。


AV女優のマネジメントを行う「アダルトレーベル」




一般的にAV女優を募集しているのは、「アダルトレーベル」というところです。アダルトレーベルとは、スケジュール管理やプロモーション(営業)などAV女優のマネジメントを行う会社のことで、レーベルによっては「AVプロダクション」「AV事務所」と呼ぶ場合もあります。

アダルトレーベルは自らの所属女優をAVメーカーや監督に売り込み、話がまとまれば、女優をメーカーに派遣してAV作品の撮影を行います。この際に、AVの出演料(ギャラ)は女優とレーベルで折半します。




アダルトレーベルは100社以上もあり、その規模や得意ジャンルもさまざまです。大手レーベルでは、AIKAや古川いおりが所属する「T-POWERS」、白石茉莉奈や天使もえが所属する「バンビプロモーション(Bstar)」、紗倉まなが所属する「mine's」などがあります。


アダルトレーベルとAVメーカーは違う!?




混同している方も多いですが、エスワンやソフトオンデマンド、プレステージなどの会社はAVメーカー(AV作品の制作・販売を行う会社)であり、アダルトレーベルとは異なります。AV女優がそれらのメーカーに所属しているわけではありません。




例えば、AVメーカー・ムーディーズの専属女優である高橋しょう子の場合、彼女は「トッププロ」というアダルトレーベルに所属しており、その上でムーディーズと専属出演契約(他社のAVに出演しない契約)を結んでいます。


アダルトレーベルに所属するメリット

「個人でAVメーカーと契約すれば、手っ取り早いし儲かるじゃん?」と考えている方も多いでしょう。確かに、AV業界では個人(フリー)で活動している女優もいます。




しかし、AV業界に慣れている女性ならともかく、未経験の方が多くのAVメーカーと面談し、仕事を取ってくるのは至難のワザです。また、要求されるプレイや演技、女性のタイプ(ロリ系、ギャルなど)は作品によって大きく異なりますので、各AVメーカーと話を詰めていくだけでも多くの時間を要します。

その点、メーカーとの間にアダルトレーベルの人間を入れれば、あらかじめルックスの特徴や可能なプレイなどをメーカーにスムーズに提示することができ、AV出演までの負担がぐっと減ります。




また、AVメーカーや制作会社の一部には、契約外のプレイを強要する悪質な業者もいます。優良なアダルトレーベルに所属していれば撮影時のトラブルにしっかり対応してくれますので、AV女優の仕事を始めたい方は、まずはレーベルへの応募から始めることをオススメします。


アダルトレーベル(プロダクション)が優良か悪質かを見抜くコツ

現在、100社以上もあるアダルトレーベル(プロダクション)。芸能活動までサポートしてくれるところもあれば、熟女モノやハード系作品への紹介に特化したところなど、レーベルの傾向もさまざまあります。

やみくもに応募するだけでは、自分とレーベルの希望がミスマッチを生むだけでなく、悪質なレーベルに引っかかるリスクもあります。自分がやってみたい仕事を続けていくためにも、応募する前に各アダルトレーベルの特徴をしっかりと見定めましょう。


①レーベルの公式サイト・SNSの更新頻度を確認する

コツというより必須事項ですが、まずは応募したいアダルトレーベルの公式サイトやSNSを確認することが大事です。




もちろん、活動内容や契約条件を把握するのも大事ですが、ここでポイントとなるのは、レーベルのサイトやSNSの更新頻度です。

プロモーションに力を入れているアダルトレーベルは、所属女優の新作AVやイベント出演情報を頻繁に告知・リツイートしています。また、告知内容から、レーベルがどんなAVメーカーや媒体(テレビ・雑誌など)と繋がりがあるのかが見えてきます。

逆にサイトやSNSが長期にわたって放置されているところは、所属後のプロモーションにあまり力を入れていない可能性もあります。一概には言えませんが、更新頻度はレーベルの「やる気」を評価する判断基準として見ると良いでしょう。


次のページ
②住所などの情報が正しく公開されているかチェックする
  • 1
  • /
  • 5
1/5 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る