1
AV女優・葉山レイコの全て(現在は結婚・夫の情報・若い頃の画像・出演作品等)を大解剖【永久保存版】

AV女優・葉山レイコの全て(現在は結婚・夫の情報・若い頃の画像・出演作品等)を大解剖【永久保存版】

391 views

今回は元祖セクシータレント・葉山レイコを大特集!現役アイドルとして出演したアダルトビデオ「処女宮」が一世を風靡し、お色気OKのタレントとして人気エロ番組「ギルガメッシュないと」でも活躍した女性です。そんな彼女の出演作やプロフィール、そして現在の活動について迫っていきます。


AV女優・葉山レイコのプロフィールやスリーサイズ

https://www.pinterest.com/pin/757449231054636979/

女優名 葉山レイコ
身長 162cm
体重 45kg
バスト 81cm(推定Dカップ)
ウェスト 56cm
ヒップ 84cm
生年月日 1969年7月13日


80年代後半から90年代にかけて、清純なアイドルフェイスとスレンダーボディで多くの男性ファンの心をトリコにした葉山レイコ。ヌードモデルとして多くの雑誌に登場してましたので、彼女にお世話になったアラフィフ世代の方も多いでしょう。




ハードな濡れ場を披露したVシネマ出演がきっかけで、20代後半からはドラマ女優として活動。2018年にも連ドラに出演していますので、若いAVファンの中には「葉山レイコがアダルトビデオに出ていた」ことを知らない方も多いでしょう。


AVに出演した葉山レイコの経歴

https://www.pinterest.com/pin/302022718755429131/

清純派アイドルから一転して、AV出演で一世を風靡し、元祖セクシータレントとして活躍した葉山レイコ。そんな彼女の芸能界デビューからAV出演までの軌跡をたどっていきます。


1984年に芸能界入り

もともとは児童劇団に所属していた葉山レイコ。NHKドラマ「中学生日記」へ出演したことがキッカケで、15歳の時に芸能事務所にスカウトされて芸能界入りします。

https://www.pinterest.com/pin/618400592558991800/

「ハワイアンを歌って、驚くなかれ、キャッチコピーが"ハワイアン界のマドンナ"。ムームー着て、和田弘とマヒナスターズさんとライブで共演させていただいたりしました」
引用:日刊ゲンダイ


その後はロッテリアなどのテレビCMに抜擢され、何と1986年にはレコードデビュー。何故か「ハワイアン族のマドンナ」という設定で、アイドルとして売り出されました。

しかし、当時は中森明菜や小泉今日子、おニャン子クラブなどが活躍しているアイドル戦国時代の真っただ中。なかなか芽が出なかったようで、次第にグラビア中心の活動に移っていきます。


ヌードでブレイク!1988年9月に1作のみのAVデビュー




グラドル路線も軌道に乗らない中、19歳(1988年)の時にアダルト雑誌「オトメクラブ」で初ヌードを披露。翌月には「週刊プレイボーイ」の巻頭ヌードグラビアに登場したことで、一気に注目が集まるようになりました。




以降はヌードモデルとして活躍し、成人指定のイメージビデオにも出演。そして、1988年9月にはアダルト作品「処女宮 葉山レイコ」でAVデビューし、初めてのカラミシーンを披露します。

当時は、まだ「アイドルはトイレに行かない」ことが当たり前のように思われていた時代。10代アイドルだった葉山レイコのAV出演は当時の男性に大きなインパクトを与え、また「処女宮」という意味深なタイトルも相まって、この作品は大ヒットを記録しました。




葉山レイコのAV出演は1本のみにとどまるものの、「処女宮」は美少女アイドルAVの先駆けとして、現在でも「伝説のAV作品」とされています。また、この作品のヒットにより「処女宮」は長期シリーズ化され、続編では星野ひかるや浅倉舞がAVデビューしたほか、2016年には初美沙希が出演しています。


  • 1
  • /
  • 3
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る