1
アナニーの正しいやり方&おすすめのオカズやオナグッズまとめ

アナニーの正しいやり方&おすすめのオカズやオナグッズまとめ

252 views

前立腺をダイレクトに刺激することで、女性並みの鬼イキが体験できるアナニー(アナルオナニー)。あまりの気持ち良さにハマっている男性も続出しているオナテクですが、「やり方が分からない」「気持ち良くならない」などなど、悪戦苦闘している方も多いでしょう。そこで本記事では、アナニーの正しいやり方やオススメのオナグッズ、さらにはアナニーにピッタリのオカズをご紹介します。アナニー初心者は必見!


オナニーよりも10倍気持ちいい?アナニーとは

「アナニー」とは、アナルオナニーの略語です。文字通り、アナル(肛門)に指やディルドなどを挿入してオナニーする行為のことで、前立腺オナニーとも呼ばれます。


男性の場合、アナニーで気持ち良くなるポイントとなるのが「前立腺」です。通常のオナニーの場合、射精する時に快感を得ることができますが、これは尿管内を通過する精液が前立腺を刺激するためです。

この気持ち良さを、肛門から挿入した指やディルドで前立腺を直腸越しに刺激することで(上図参照)何度も楽しめるのがアナニーなんです。


アナニーの魅力・メリット・デメリット

「アナニー」の言葉は聞いたことがあるけれど、具体的な魅力については知らない方も多いでしょう。ここからは、アナニーの魅力やメリット、デメリットについて紹介します。


何度もイケる「ドライオーガズム」を楽しめる!


アナニーの最大の魅力なのが、前立腺の刺激によって「ドライオーガズム」を楽しめることです。ドライオーガズムとは射精を伴わないオーガズム(絶頂)のことで、ペニスオナニーよりも遥かに高い快感を得ることができます。

また、通常のオナニーでは「射精したら終わり」という方がほとんどですが、ドライオーガズムであれば続けて何度もイクことができます。女性のオーガズムにおける連続絶頂と同じようなものと考えれば、イメージしやすいでしょう。 


アダルトグッズをいろいろと楽しめちゃう!

ペニスオナニーでは、せいぜいTENGAなどのオナホールを使うのが関の山ですが、アナニーならさまざまなアダルトグッズが楽しめます。


アナニーグッズとして最も代表的なのが、上記画像のエネマグラ。もともとは医療用の前立腺マッサージ器具として開発されたグッズで、これを肛門から挿入することでピンポイントで前立腺を刺激することができます。


また、同じくアナニー愛好者の人気が高いのが電動アナルバイブです。アナニーではどうしても無理な体勢になりがちですので、バイブで自動的に刺激することで気絶するような快感が味わえます。

これらの商品は1,000円台から購入できますので、手軽にお試しできるところも大きな魅力です。本記事の最後では、アナニーにオススメのオナグッズをご紹介しますので、興味を持たれた方は合わせてチェックしてみてください。


激しくやりすぎると、大ケガすることも……


まさにメリットだらけのように思えるアナニーですが、デメリットもあります。その中で最も危険なのが、肛門に異物を挿入することで起こる肛門裂傷や切れ痔のリスクです。

そもそも肛門は排泄するための器官ですので、女性の膣のように大きく拡げることができません。そのため、指やグッズを何度も激しく挿入すると、肛門に傷をつけてしまう恐れがあります。

また、直腸の中も粘膜となっていますので、アナニーで盛り上がりすぎると大怪我してしまうことも……オススメのオカズやオナグッズをご紹介する前に、まずは正しいアナニーのやり方をおさらいしましょう。


アナニーの正しいやり方とは

アナニーについては情報が少ないこともあって、ついつい自己流でやってしまいがちです。そこで、ここからは初心者でもよく分かるアナニーの正しいやり方をご紹介します。


事前準備:ローションでアナルを保護しよう!


いきなり指やエログッズを挿れたくなる気持ちは分かりますが、何事もまずは準備が肝心。アナニー慣れしていない方なら、まずはローションを塗って挿入の滑りを良くしてあげましょう。

直腸は粘液が少ない器官ですので、挿入の仕方が悪いと痛みを伴うだけでなく、キズをつけてしまうリスクがあります。初心者の方や挿入に手間取りがちな方は、ローションの使用をオススメします。

また、指を使ってアナニーをする方は必ず爪を切っておきましょう。直腸内は思っているよりも簡単に傷がつきやすいです。直腸を傷つけるとアフターフォローが大変なことになりますので、ペニスオナニー以上に用心しておくことが大事です。


手順①:スムーズにアナルに挿入できる体勢をとる

通常のペニスオナニーとは異なり、アナニーするには体勢のとり方も重要です。スムーズに肛門に挿入できるような体勢を覚えておきましょう。

初心者にオススメなのが、普通に座るような体勢からアナルに挿入する体勢です。ペニスオナニーと同じような体勢なので、あまり違和感を感じないまま刺激できるのも大きな魅力です。

アナニーに慣れてきた方なら、両手と両膝を床に付けたまま後ろからイジる、いわゆる「ドギースタイル」(ワンワンスタイル)にもチャレンジしてみましょう。背徳感もタップリとあって、M気質がある方なら興奮すること間違いナシです。

また、体を横向きにして寝転ぶ体勢も、スムーズに挿入しやすいです。もっとも、挿入する角度も重要なので、さまざまな体勢を試してみて、アナタにピッタリの体勢を見つけてみてください。


手順②:まずは第一関節だけ挿入して、肛門付近をゆっくりとほぐす

いきなりズボっと奥まで挿入する方もいますが、これはかなり危険。通常のアナルは肛門括約筋で閉じている状態ですので、無理やり挿入すると簡単に傷がついてしまいます。

アナニーを楽しむ前に、まずは指の第一関節だけを挿入して、肛門付近を揉みほぐしてあげましょう。ほぐし方は、指の腹側で肛門の内側をゆっくりと押し拡げるようなイメージです。

肛門付近がほぐれてきたら、少しづつ指を奥に挿入していきます。違和感を感じたら、指を少し戻してあげて、再び奥の方へ挿入します。ドリルのように指を回しながら挿れていくと、周辺の筋肉もほぐれやすくなります。


手順③:第二関節まで挿入して、前立腺を刺激!

アナルが充分にほぐれてきたら、指を奥まで挿入して直腸越しに前立腺を刺激してあげます。といっても、指の根元まで挿れる必要はありません。個人差も多少ありますが、だいたい指の第二関節まで挿入すると、ちょうど前立腺の裏側に指先が届くポジションとなります。

いきなりエネマグラなどのエログッズから始める方もいますが、前立腺(攻めどころ)の位置が分からないままむやみにこねくり回すと、うまく快感が得られないばかりか、直腸内にダメージを与える原因となります。

アナニー初心者の方は、まずは指オナから始めて、前立腺の位置を知ることが大事。しっかりと刺激するポイントを把握してから徐々に道具オナへと移行すると、アナニーがスムーズに上達します。


アナニーにおすすめのオカズ【エロ画像編】

ここからはアナニーにオススメのオカズをご紹介!ペニスオナニーとはひと味違うオカズで、アブノーマルなアナニーを存分に楽しみましょう。まずは画像から!


まずは、ペニバンで誘惑するレズプレイAVの画像から。ネコ気分で女性に犯されている気分になれる、アナニー序盤で使いたい一枚です。

  • 1
  • /
  • 5
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る