1
アダルトグッズの買い方まとめ|同居の家族や近隣の人にバレない方法

アダルトグッズの買い方まとめ|同居の家族や近隣の人にバレない方法

112 views

同居している両親がAmazonでバイブを買っている事に気づいてしまったら…。想像しただけでもゾッとしますが、あなたの買い物がほかの家族に知られた場合も非常に気まずい事態になります。アダルトグッズを買うなら、自分のためにも周りのためにもバレないのが一番。そこで今回は、同居の家族や近隣の人にバレないアダルトグッズの買い方まとめをお届け。通販と実店舗それぞれの傾向と対策を、パターン別に詳しく解説します!


アダルトグッズを買う方法は大きく分けて2つ!実店舗or通販サイト



アダルトグッズを買おうと思ったら、方法は2つ。実店舗に足を運ぶか、ネットで選んで配送してもらうかです。今やネットの通販サイトの方が圧倒的に有利に思えるでしょうが、中にはこんな失敗談もあります。


家族にバレない最善の策は、店舗で買ってひそかに堪能する事でしょう。検索のとき、受取のとき、通販サイトでの購入には落とし穴が待ち構えているからです。


実店舗でアダルトグッズを購入するメリット&デメリット



実店舗でアダルトグッズを購入する事には、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?ネット通販全盛の昨今、実店舗が生き残っているからには何かメリットがあるはずです。ここでは実店舗を訪れて購入するプラス面とマイナス面、その両方を考察してみます。


メリット:実物を実際に手をとって確認できる

通販サイトだとできない事が、そのまま実店舗で購入するメリットになります。それはつまり、実物を手に取って確認できる事です。

パッケージされた商品の状態であっても箱の大きさや雰囲気がわかり、画像だけのサイトとは段違い。モノによってはサンプル品が展示されており、それだとまさに“実物を手に取って”試す事ができます。

「思ってたよりデカい」「意外と重い」など通販だとわからない商品の特徴をつかめるのが、実店舗へ足を運ぶ最大のメリットと言えるでしょう。


デメリット:人と会うと気まずい…特に顔見知りとは会いたくない

デメリットもまた、通販サイトと比較すれば明らか。店舗に足を運べば、そこには当然ほかにもお客がいるわけです。つまり人目が気になる人にとっては、かなり気まずい状況にならざるを得ないんですね。

「アダルトグッズだって普通の買い物」そう割り切れる人は、今でもそう多くはないでしょう。エロ目的とはっきりわかるだけに、気にしだすとキリがありません。

行きやすい地元の店だと、知り合いや顔見知りに会う可能性すら高まります。新宿や秋葉原など繁華街の大きなお店に行けば、今度は会社の同僚や取引先のだれかれにバッタリ出くわさないとも限りません。


通販サイトでアダルトグッズを購入するメリット&デメリット



最近では主流となった通販サイト経由でのアダルトグッズ購入。いかにも便利でメリットばかりのように思えますが、実店舗での購入と比較するとデメリットも当然あります。通販サイトでの購入についても、プラス面とマイナス面の両方を見て行きましょう。


メリット:コンビニ受取にすればバレずに入手しやすい

通販最大のネックは、受取の場面。自宅に届いてほかの家族が包みを手にすると、「何を買ったの?」と必ず聞かれます。ダンボール箱の厚みや重さを考慮して、非アダルト系の適切な商品をでっち上げるのはそれなりに面倒です。

amazonからの宅急便なら箱を開けないかぎり中に何が入っているか解らない様になっていますが、購入した物により(小型の物又は薄い物)メール便が使われたりします、その時はメーカー名や店舗名が明記されたりしますから、容易に内容物が推測出来ます。
引用:Yahoo!知恵袋


家族にだけは死んでもバレたくないですから、どんなささいな危険も冒せません。でも回避する方法なら、ちゃんと用意されています。それは商品の受取場所を、自宅ではなくコンビニにする事。

特注ダンボールで破れを防いだり、送り状をカモフラージュしたりと発送側として考えられる最善の対策をとっております。
それでも不安がある方は、郵便局による郵便局・コンビニ受取りをご利用ください。
対応するコンビニ(ファミリーマート・ローソン・ミニストップ)か郵便局の窓口にて、身分証不要で直接お荷物を受け取れます。
引用:NLS


創業20年の老舗通販アダルトショップサイト「NLS」も、コンビニ受取を推奨しています。ちなみにNLSは送り主の名も「大和ロジスティクス株式会社」としているので、配送業者すらアダルトグッズとは気づかない念の入れようです。


デメリット:実物を確認できないため、粗悪品が来ることも

店舗に足を運ぶ手間が省ける分、1つ大きなデメリットが生まれます。それは実物の確認が一切できない事。サイトの商品紹介ページにいくら画像や動画が紹介されていたとしても、やはり実物を見ないと本当のところはわかりません。

Amazonは大口出品でも月に5000円ほどで済みますので楽天よりは出店ハードルが低めです。
(中略)
ところが、消費者にとっては(中略)必ずしもプラスにはなってないケースがあります。というのは、副業目的でAmazonに出店した人の中には、中国から輸入した粗悪品を販売しているケースが少なからずあるからです。
引用:お金事典


Amazonのアダルトグッズの品揃えは素晴らしいものがあります。ただその全てがちゃんとした品だとは、残念ながら確約できません。引用の文にあるように出店は容易で、実物を見ずに買えるほど信頼の置けるお店ばかりではないからです。

アダルトグッズは性器に触れたりナカに入れたりする物も多いわけですから、たんなる粗悪品にとどまらず衛生面や安全面に問題のある商品が届いたら危険でさえあります。そういう意味でこの“粗悪品マター”は、通販サイトでのアダルトグッズ購入における最大の難点と言えるでしょう。


周囲にバレずに実店舗でのアダルトグッズ購入方法まとめ



受取時の心配がいらない実店舗でのアダルトグッズ購入。そうは言っても人目は気になりますから、できるだけひっそり訪れて目当ての商品をゲットしたいものです。

ここでは周囲にバレずにお店でアダルトグッズを買う方法をいくつか紹介しましょう。


人目につきにくいアダルトショップを選ぶ!入口が大通りに面してない店舗が狙い目

最近は東京都心を中心に、ビル一棟丸ごとアダルトグッズを扱う大型店もチラホラ。ただし立地が繁華街のど真ん中なので、人目を避けるのはほぼ不可能です。

品揃えの豊富さは魅力ですが、多少規模は小さめでもこっそり買いたいというのがホンネ。そういうときは、入口が大通りに面していないアダルトショップがおすすめです。


たとえば新橋にある「ワイルドワン新橋グッズ館」。上の写真の店構えで通りに面していたら、ちょっと入りにくいですよね?でもこのお店があるのは、新橋駅前にある雑居ビルの2F。ビル自体は“おやじビル”の愛称で知られる普通のテナントビルですので、建物に入るのに何の躊躇もいりません。


ドンキホーテだと他の商品を買うついでに購入できるのでカモフラージュ可能

アダルトグッズはじつはドンキホーテでも扱っています。オナホやローター、バイブにコンドームと専門店もビックリの品揃えです。


ドンキの良い点は、アダルトグッズ目的での来店を誤魔化せる事。他の商品を購入するついでを装えば、人の目などほとんど気にならなくなります。


平日の早い時間にいくと知人と鉢合わせする確率は低い

アダルトショップの立地にかかわらず、曜日と時間帯を厳選すれば顔見知りに出くわす可能性はかなり下げれます。

店に行く日は、平日を選びましょう。学生でも社会人でも、大人はたいがい平日は拘束されていますからね。ただ時間帯が遅くなると学校や会社から解放されてしまうので、せっかく平日にした意味が薄れてしまいます。

平日の午前中。狙い目はここでしょう。開店から午前11時半くらいまで、午後でも1時過ぎから3時半くらいまで。お昼時も一応避けて入店すれば、知り合いに会う可能性は限りなく低くなります。


  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る