A10サイクロンSAを使ってVR連動させる方法|未知の快感を味わえる!

A10サイクロンSAを使ってVR連動させる方法|未知の快感を味わえる!

この記事を書いた人
性の遊牧民
えりゅ
魔女裁判とリョナがオカズになる、精神的S肉体的Mな変態娘。現在は乳首イキの成功率を上げるため自己開発しつつ、イククルでAF開発&二穴責めしてくれるご主人様を捜索中。目下の悩みは足ピンオナニーがなかなかやめられないこと。
「え!セックスより手間がかからず手コキより気持ちいいの!?」そんな男の夢ともいえるオナニーを実現したのが、世界発の性家電A10サイクロンSAです。”オナホ”と呼ぶにはあまりにも大きなボディは、VRと連動させることで人間が得られる最大級の快感を味合わせてくれます。

今回はそんな最上級のオナホ、A10サイクロンSAを使ってVRに連動させる方法を詳しくご紹介しましょう。またオナニーに最適なゴーグルや、オカズにおすすめなVR動画も併せて紹介します!未知なる快感を体感してみたい方はぜひ最後までご覧ください!


「A10サイクロンSA」を使えばVR連動で擬似セックスが可能に!



手コキのオナニーばかりで、毎日のオナニーが”なぁなぁ”になってはいませんか?ペニスに与える刺激がマンネリだからと、オカズ漁りにばかり時間をかけてはいないでしょうか。

そんなむなしいオナニーはもう終わりにしましょう!A10サイクロンSAを使えば、手より気持ち良く膣内以上に名器なホールが、あなたに最高の快感を与えてくれます

・オナニーをしはするけどマンネリ化が否めない
・セックスはしたいけど時々奉仕するのが面倒に感じる
・自分は動かずに寝転がっているだけで気持ち良くして欲しい
・VR動画と連動するオナホでAVの世界を体感してみたい
・今までにない快感を感じて最高の射精を楽しみたい

そんな方にこそA10サイクロンSAはおすすめなんです!お値段は高額ですが、使えば必ず納得するはず。むしろ「買って良かった!!」と驚嘆するでしょう。今回はそんなA10サイクロンSAをより気持ち良く使うための情報です。細部まで見逃さずチェックしてくださいね。




オナホ「A10サイクロンSA」の特徴

2014年5月28日に発売されたA10サイクロンSAは、従来のオナホに比べてかなりのビッグサイズになります。

・大きさ:長さ160mm×幅160mm×高さ293mm
・重さ:1400g(ホール抜き。専用ホールが270gあるので足せば1.5㎏越え)

イメージとしては1.5Lのペットボトルくらいの大きさですね。



据え置き型オナホに比べれば小型ですが、それでも一般的なハンディタイプのオナホと比較すると規格外です。

一般的なオナホと違うのは、大きさだけでなく性能もそう。A10サイクロンSAはUSBの充電式になっており、電池式よりコスパが良く、無線使用が可能なためACアダプタ式より手軽です。



大体5.5時間の充電で2時間の連続使用が可能なので、「今夜はガンバルぞ!」と思ったなら、出勤前から充電しておくと良いでしょう。

他にもコントローラーのような煩わしいものはありません。スイッチは本体にはめ込まれているので、充電ケーブルさえ抜けばそれ単体のみで使えます。



肝心の使い心地ですが、”A10サイクロンSA”の名の通り、中のホールはピストンではなく横回転します。「擦れて痛くないの?」と思われるかもしれませんが、中に敷き詰められた無数のイボがランダムに動くため、”擦られる”ではなく”うごめく”ような感覚。まさしく「ミミズ千匹」な名器なんです。



7パターンの回転+7段階の強弱=合計49種類もの多彩な動きをしてくれるため、まったり遊びたい・一気に登り詰めたい、どんな気分にだってフィットしてくれますよ。

心配な耐久性ですが、リチウムバッテリーを採用しているため、およそ500回の充電(使用時間1,000時間)ほどが寿命となります。たっぷりまったり使ったとして1回1時間で1,000回分。そう考えると毎日オナニーしても3年は持つ計算です。

また衛生面に関してはご安心ください。専用ホールは取り外しができ、ホールそのものが2つに割れるためジャブジャブと水洗いが可能です。



ただA10サイクロンSA本体は水洗いできないので、ウェットティッシュ等で拭くだけにしましょう。

そしてA10サイクロンSA最大の特徴ともいえるのが、VR動画と連動できる点です。



VR+1D規格に対応しており、3D映像と快感が完全にシンクロする高性能さは”世界発の性家電”の名に恥じない動きです。AV女優がフェラしてくれば緩めのローリング・バックで激しく突けば高速回転など、本当にAV通りのセックスをしているような錯覚が味わえるでしょう。

ここまでA10サイクロンSAの特徴を見ればわかるように、従来のオナホなど目じゃない最高の機能を兼ね備えています。ただそのぶんお値段は23,800円とややお高め。なかなか決断しにくい金額です。

しかし”オナホ用”として考えると尻込みするかもしれませんが、”家電”として見ればアリだと思いませんか?また「家にいたまま最新技術で最高の快感が1,000回味わえる」のです。1回1時間のオナニーがたったの23.8円ですよ?買いでしょう!




次のページ
「A10サイクロンSA」を使う前に…VR動画を見るための手順を解説
  • 1
  • /
  • 3
1/3 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る