人気の最新オナニーグッズおすすめ10選【女性編】2021年に発売された新作モデルから厳選

人気の最新オナニーグッズおすすめ10選【女性編】2021年に発売された新作モデルから厳選

365 views

この記事を書いた人
性の遊牧民
えりゅ
魔女裁判とリョナがオカズになる、精神的S肉体的Mな変態娘。現在は乳首イキの成功率を上げるため自己開発しつつ、イククルでAF開発&二穴責めしてくれるご主人様を捜索中。目下の悩みは足ピンオナニーがなかなかやめられないこと。
使えば必ずイカせてくれるオナニーグッズ。「毎回使ってる」なんて人も多いでしょう。

しかしどうですか?そろそろ飽きてきてはいませんか?「イケはするけど興奮はしない・ちゃちゃっとイッて終わっちゃう」、そんな寂しいオナニーになってはいないでしょうか。

そんなあなたのために、今回は2021年に発売された最新の人気オナニーグッズ10選をご紹介しちゃいます。

もちろん定番の人気商品もいいものです。でも最新技術や目新しいコンセプトで作られたオナニーグッズのほうが、今までにない新鮮な快感を与えてくれるでしょう。

初めて使うときのトキメキや、未経験の快感に身震いするあの瞬間を味わいたいのであれば、ぜひチェックしてみてください。



女性向け最新オナニーグッズおすすめの選定基準

「2021年に発売されたものなら何でもいい」、なんてわけにはいきません。使って気持ちいいのは最低条件です。でもどうせなら、どんな気持ちよさかわからなくてワクワクする、そんなオナニーグッズがいいですよね。

たとえば同じ”振動する”でも、”強力振動”より”9Vの超ハイパワー振動”のほうが一気に興味がわきませんか?他にもタマゴ型のありきたりローターより、見たことない形状をしているもののほうが、使ってみたい気持ちは強くなるはず。

そこで今回はそれぞれのオナニーグッズで、以下のような選定基準をもうけました。

◆コンセプトの目新しさ◆
「ありきたり」なんて言わせません。最新技術がほどこされていたり、「こういうの欲しかったの!」と、カユいところに手が届く便利機能など、今までにない目新しさを評価しました。

◆コストパフォーマンス◆
安ければいい、そんなコスパではありません。「今までならこの機能がついてたら5,000円以上はした。でもこれは3,000円代で販売されている」など、お値段以上の価値があるかどうかを評価しました。

◆購入者の評判の良さ◆
商品を買う上で、購入者の評判より参考になるものはありません。最新グッズすぎて口コミ数が少ないものもありましたが、その内容が褒めていればいるほど、そのまま高評価として判断しました。


女性向け最新オナニーグッズおすすめ10選【2021年度版】

それではさっそく、2021年最新版の人気オナニーグッズ10選を紹介していきましょう。クリ刺激に向いているもの、Gスポットやポルチオなど中を刺激するのに特化しているものなど、あらゆる種類を集めました。

自分の性感帯にあわせて選ぶも良し、新しい刺激にチャレンジしてみるも良し。気になる逸品を見つけて、最高のオナニーライフを楽しんじゃいましょう。


①リモッコ シュプリーム

オナニー 人気
引用:NLS

コンセプトの目新しさ ★★★★★
コストパフォーマンス ★★★★★
購入者の評判の良さ ★★★★☆
おすすめ度 ★★★★★
磁石で固定できる高性能ローター

遠隔操作できるローターは決してめずらしくありません。しかし経験者ならわかると思うのですが、不便さを感じるものが多かったはず。使っている途中でズレる・落ちそうになる・スイッチ電波が思ったように届かないなどがそうですね。

こちらの「リモッコ シュプリーム」は、そんなわずらわしさを完全排除した代物です。最大の特徴は固定できる点でしょう。

下着の中に本体、下着の外にマグネット板をつければ、好きな場所にしっかり固定できます。これならわざわざポケットがついた専用ショーツを用意する必要もありません。

また電波の届く遠隔操作可能距離が、なんと30mとかなり広いのです。普通は10mが平均なので、どれだけ高性能なのかわかるでしょう。

120分充電で60分の連続使用が可能なコスパ、丸洗いできる防水性など、褒めるところしかない超おすすめグッズです。


購入者の声「クリにしっかり振動が伝わる」

時々乳首に当てたりもしています。服の上から見ても目立たない大きさと形状で、とても良いです。
引用:NLS

カラダにフィットする流線型をしているので、装着してもバレにくいのは確かです。マグネット板も2㎜ほどしかない極薄なので、歩く際に邪魔にもなりませんよ。


電車やお店で彼氏にスイッチを
入れられるたびにビクンとなり
アソコは大洪水でした。

振動力4段階×パターン7種と、計28パターンも楽しめる機能つきです。弱にしても結構強めの振動力なので、これに無反応でいるのは至難の業でしょう。


バスの一番後ろに座って一番小さい強さで試したんだけどすっごく興奮した。
家について強度マックスにしたら潮吹いた。
はめ心地も合ってたし、クリにしっかり振動が伝わるからまた使う。

振動力をマックスにすると、持っている指がしびれるほど強力です。ガマンにガマンを重ねたあとなら、潮吹きしてもおかしくありません。ぜひ時間をかけて楽しみたい逸品ですね。




②イボイボ突撃7

オナニー 人気
引用:NLS

コンセプトの目新しさ ★★★★★
コストパフォーマンス ★★★★★
購入者の評判の良さ ★★★★☆
おすすめ度 ★★★★★
イボ&ヒゲが9Vパワーで強力振動

ローターとしてはよく見る有線式なのに、どう見ても特殊な形状の本体がついているのが、この「イボイボ突撃7」です。

本体の大きさが3.5㎝×6.7㎝と大きいだけでもめずらしいのですが、やはり特徴的なのは無数のイボと7本のヒゲでしょう。

このイボのおかげで、ただこすりつけるだけでも、ボコボコとしたランダムな気持ちよさが味わえます。また7本のヒゲは振動力にあわせて縦横無尽に暴れまわるため、チリチリとしたしびれるような快感となるでしょう。

他にもかわっているのが、スイッチ内の電池です。普通のローターは単4、もしくは単3ですが、こちらは9Vの角型電池を採用。だからこそ電マ並に強い超振動が楽しめます。

クリに押しあてるのはもちろん、乳首をくすぐるように焦らすのにも向いています。大きさがあるので、中に挿入しても使えますよ。


購入者の声「強くあてても痛くない」

先端が優しいムニムニなので、強く当てても痛がりませんでした。上も下も突起にバランス良く使っています。
挿入もしやすい形なので、不意に入れてみたらなかなか気持ち良さそうでした。
引用:NLS

やはり挿入しても気持ちいい様子。本体はやわらかくブ厚いシリコンに包まれているので、グッとあてても痛くありません。敏感なクリにもってこいです。


妙な生物に責められたい願望があるパートナーは、「生き物の触手の先端みたいだ」と気に入っていました。
引用:NLS

こちらの方のような特殊な性癖は、あまりいないとは思います。でもグロテスクな見た目があるからこそ、「こんなので感じちゃうなんて」と羞恥心も刺激できるかもしれません。触手責め願望があるなら、ぜひチャレンジしてみましょう。




③XenoHead(ゼノヘッド) ターボ

オナニー 人気
引用:NLS

コンセプトの目新しさ ★★★★☆
コストパフォーマンス ★★★★☆
購入者の評判の良さ ★★★☆☆
おすすめ度 ★★★★☆
挿入可能部が15㎝と超ロングサイズ

最近はオシャレなもの・スタイリッシュなものが主流になりつつあります。そんな中、昭和を思わせる昔ながらのデザインで勝負にでたのが、こちらの「XenoHead(ゼノヘッド) ターボ」です。

ただのクリバイブがない普通のバイブに見えますが、最新版といえるだけの数々の特徴があるんですよ。

・中芯が曲げられスイング角度の調整が可能
・6Vの強力な振動力
・振動力6段階×スイング6パターン
・15㎝もあるロング挿入部
・リサイクル可能なTPE素材

などなど、優れた性能を持つバイブです。

ポルチオにあて強力振動&スイングを楽しんでもいいですし、スイング角度を大きくしてGスポットをグリグリけずってもいいでしょう。中イキが好き・膣内の開発がしたい、そんな人にぴったりのバイブになります。


購入者の声「振動強めでピストンしやすい」

形がストレートでピストンしやすい点、ヘッドの振動は結構強めな点が良かったです。
引用:NLS

先ほどの「イボイボ突撃7」の9Vよりは劣りますが、それでも6Vの振動はダテじゃありません。膣圧に負けず暴れまわってくれるでしょう。


はじめは電源を入れずにゆっくりピストンを繰り返します。3分くらい続けた後、振動スイッチをオン。

『中でビリビリするーっ』と彼女。この状態でゆっくりピストン。その後、いよいよスイングの出番です。

スイッチを入れた途端に、『えー、壊れちゃう~』と1回戦が終了しました。
引用:NLS

やはりこちらでも、振動力が高評価のようです。スイングパターンも6種類あるので、きっとお気に入りの刺激が見つかるはずですよ。


見た目はそれほどグロテスクではないので、彼女の抵抗は有りませんでした。
また、太さも細めなので、ローションを塗ってスムーズに挿入できました。
引用:NLS

太さは2.7㎝×3.2㎝と、日本人の平均サイズとほぼ同じです。バイブの中では細身の部類になるので、初心者でも問題なく使用できるかと思います。




④12KISS(トゥエルブ・キス)

オナニー 人気
引用:NLS

コンセプトの目新しさ ★★★★☆
コストパフォーマンス ★★★☆☆
購入者の評判の良さ ★★★★☆
おすすめ度 ★★★★☆
そのままでも装着しても使える回転型ローター

「12KISS(トゥエルブ・キス)」は、その名の通り12枚のプロペラがついた回転型のローターです。一見すると、クンニを思わせる刺激を想像するかもしれません。しかし回転力が強いので、規則的な振動がくるものと考えておくと良いでしょう。

使い方としては、穴を取っ手がわりにし、そのままクリにあてて使うのも可能です。もちろん乳首にあてても気持ちいいと思いますよ。

しかしバイブやディルドをお持ちなのであれば、そちらに装着して使ってみてください。好きな位置に固定できるので、「奥じゃなくてGスポットをグリグリしながらクリを同時責めしたかった」、なんて人にぴったり。非電動型のオモチャが、一気に最新オモチャへと進化します。

また彼氏がいるのであれば、ペニスへの装着も可能です。指・オモチャ・ペニス、棒状であればどんなものにも装着できるので、使い方次第でいろんな快感が楽しめるグッズです。


購入者の声「使い勝手が良く楽しめそう」

バイブもディルドも、あまり深く挿入するとどうも痛苦しくて、「クリバイブ届かんのだが?」ということが発生しがちでしたが、これはバイブの上の方に装着すれば「おお、届く届く」という感じで取り回しがよいです。
引用:NLS

なるほど、奥が好きじゃない人にとっては救いのアイテムとなるのですね。今までサイズ感で諦めていたオナニーグッズも、こちらの方のように愛用品となるかもしれません。


「シャー」ってけっこう音は出ますが、まあレーシングカーレべルなので自室を持ってる程度の実家暮らしなら気にならないような? ただ回転数が早すぎて「舐められているというか…ほぼ振動に近い刺激なのでは…」という気持ち。
引用:NLS

そうですね。クンニのような舐められてる感はあまりないですね。リズミカルに振動がくるタイプの快感です。

音はさほど気になりません。レーシングカーは言いすぎかな?カーテンのシャーリングくらいの大きさです。


交互回転モードがあるのは大変よろしい。+1000円してもよいので、速度調整があったら良かったのになぁ…という気持ちです。
(中略)
バイブとかディルドとか、適当なグッズに固定して、だらっと機械姦ごっこを楽しめそうな感じも良いと思いました。
引用:NLS

はい、残念ながら振動力の調整はできません。動きは前・後・交互の3パターンあるので、そちらを使い分けて楽しみましょう。




⑤NEXUS FORTIS(フォーティス)

オナニー 人気
引用:NLS

コンセプトの目新しさ ★★★★★
コストパフォーマンス ★☆☆☆☆
購入者の評判の良さ ★★★★★
おすすめ度 ★★★★☆
アルミ製の充電式振動バイブ

スチール製の硬くて重いディルドに見えますが、正解はアルミ製の振動型バイブです。アルミは錆びにくいので安全性も高くなりますし、熱伝導率も良いので、手でソッと包むだけですぐに人肌になります。

また画像では大きく見えるかもしれませんが、全長14.5㎝・太さ1.9㎝×3.3㎝と小振りです。手のひらサイズくらいですね。

先端でひっかくような形状をしているので、ピストンさせれば膣口やGスポットを効率良く刺激できます。取っ手になる輪っかがついているので、どれだけ濡れても動かしやすいでしょう。

また振動力3段階×3パータン搭載されているので、挿入したまま振動力のみを楽しむのもオツなもの。

ただ惜しむらくはお値段ですね。めずらしいアルミ製+マグネット充電式などハイスペックではあるものの、13,354円もするためなかなか気軽には買えません。


購入者の声「ゴリゴリと膣壁を削ってくれる」

つるんとしているので入れやすく、根元が細いのである程度入れると自然と奥に詰まって行くので、抜く方が力がいりますが、ゴリゴリっと膣壁を削る感じはとっても楽しいですね。
引用:NLS

1番細い部分(1.9㎝)が根本部分になります。そのため半分くらい挿れると、あとは自然と飲み込んでいくかたちに。口コミにもあるように、引き抜く際にもっとも気持ちいい瞬間が訪れるでしょう。


硬めで連続イキの膣圧に負けないおもちゃを求めて購入。
(中略)
ローター代わりに使うとひんやりと涼も取れるので、暑い時はこれでスッキリしよう思いますw
引用:NLS

エラストマーやシリコンのバイブと違って、こちらの「NEXUS FORTIS」は絶対に膣圧に負けません。また超強力とまではいえない振動力も、アルミ製のおかげでしっかり主張してくれますよ。




次のページ
⑥Silicone Rim Joy
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る