1
【必読】「精液(精子)の味」が苦いのは、彼氏のあの行動のせい!原因と対策

【必読】「精液(精子)の味」が苦いのは、彼氏のあの行動のせい!原因と対策

485,174 views

フェラチオは大丈夫だけど、「あの青臭いニオイと、何とも言えない苦味が耐えられない」と、どうしても口内射精はイヤという方もいるでしょう。精子・精液の味の原因は、彼氏の行動にあります。原因と対策について紹介していきます。


精子の成分


精子の成分

実は、あの独特の精子の味は精子そのものの味ではありません。あの液体の1%が精子で、残りの液体の99%は糖分、脂肪、タンパク質、アルカリ性の液体で構成されています。そして、99%の液体のうち6〜7割は精囊腺から分泌されています。ゼラチンの様な液体であることが多く、アミノ酸・ビタミンC・糖分が含まれています。精液を凝固する役目と精子にエネルギーを与える役割があります。


自分が食べたものの味が精子(精液)の味


食べたものの味が精子の味

人間の排泄物が食べたものによって形成されているように、精子の味も男性が食べたものによって影響されます。と言っても、バナナを食べたからといって、精子がバナナの味になるというものでもありません。青臭いニオイのまま味の様子が変化します。


精子(精液)の苦さの原因は、苦味が強い食べ物


精子の苦さの原因は苦い食べ物です。一般的で代表的な食べ物はコーヒーやアルコールです。頻繁にこの飲み物を摂取している人の精子は、摂取していない人に比べて苦みが強くなる傾向があります。また、男性ホルモンのテストステロンの分泌を促すと言われている亜鉛も、精子の苦味に関係していると言われています。また、喫煙は精子のニオイを強くする原因の1つです。

まず、苦味を軽くするには彼にコーヒー、アルコール、タバコを控えてもらいましょう。身体の内側の液体が入れ替わるのは1か月必要だと言われています。今から控えてもらうと一か月後には、苦みが治まっているでしょう。禁煙に加えて、禁酒、禁コーヒーとなると彼にとって苦しいことかもしれません。なるべく摂取量を控えめにしてもらうようにお願いしてみましょう。


精子(精液)の味をまろやかにするには...セックス前に摂取したい食べ物


3日間魚を食べた男性と、野菜とフルーツを食べた男性の精子を比べてみると、前者は「魚臭さが強くなった」後者は「まろやかな味になった」という結果が出ているようです。

彼の精子の苦い味を避けたいのであれば、果物や野菜などを多く摂取してもらうようにしましょう。特にメロンやパイナップルは精子をまろやかな味にする効果もあるようです。「フルーツを食べると精子の味もおいしくなるんだって」などと言って、たくさん摂取してもらいましょう。

男性も彼女や奥さんに苦い思いをさせたくなければ常日頃から食べるようにしましょうね。


体調次第でも、精子(精液)の味は変わるの?


身体の調子次第でも、精子の味に変化は出ると言われています。その日の「体調」や、「何日間射精していないでたまっている」等、食事以外の影響でも精子の味は多少変わるのです。ただし「体調」による味の変化は、大きな変化ではなく、誤差程度のものといえるでしょう。


ところで男性の精子(精液)はどのように作られる?


精液は睾丸に作り置きされて射精したあと、徐々に溜められるというイメージをお持ちの男性もいるかと思いますが、射精するタイミングで50もの成分がミックスされてその都度、精子(精液)は作られるのです。いわばフレッシュ、できたてという表現が相応しいのが精子(精液)なんですね。

精子は睾丸から射精管へ移動し、精嚢を通ることで精しょうが加えられます。その後も酸や酵素、脂質がプラスされ、カウパー腺(尿道球腺)でカウパー腺液(いわゆる、ガマン汁)と交じり合うことで精液は作られます。カウパー腺液が潤滑剤となることで精子(精液)は尿道からスムーズに飛び出すことができるのです。


ペニスから射精される精子(精液)は身体に良い?


食事によって苦味が軽減されたといっても、独特の青臭さはどうしても残ります。そこで、精子は身体に良いものだと思うとある程度は我慢できるでしょう。

実際に、精液を構成してい50もの成分の中には精子だけではなく、人に幸福感を与える成分が含まれています。感情を高めるコルチゾルや気分を高揚させるエストロンやオキシトシン、抗うつ効果を持つ神経伝達物質であるセロトニンなどが含まれています。さまざまな研究でも実証されているようです。


精子(精液)は飲むことでおこるデメリットは?


これまで精子(精液)の味やメリットについてお伝えしてきましたが、そもそも精子(精液)は飲んでも大丈夫なの?デメリットは?という疑問も出てくると思います。飲んだことがあるという女性も多いので大丈夫かと思いきや、注意してほしいこともあるのです。

それはエイズを発症させてしまうHIV(ヒト免疫不全ウイルス)。HIVが精液の中に含まれ伝達される場合があります。HIVを持つ男性から一番簡単に感染してしまう方法は精液と接触した場合なのです。

ですからいくら精子(精液)に多くの幸福感を与えてくれる成分が含まれているからと言っても、彼氏や旦那ではない、素性の知れない人の精子(精液)を容易に飲んでしまうのは危険すぎます。風俗に勤めている女性は特に気をつけて欲しいところ。

彼氏や旦那の場合でも安心はできません。精子(精液)を飲む前にHIVウィルスに感染していないかを確認してからにしましょう。一度飲んでしまうと手遅れになってしまいかねません。

そのほかにも精子(精液)を飲んだことによってヘルペス・淋病・梅毒・クラミジア・B型肝炎などの感染病に感染したという症例をあるので注意したいですね。


そもそもなぜ女性は精子(精液)を飲む?


飲むことでメリットやデメリットが考えられる精子(精液)。女性はどうして飲むのでしょうか?


男性が喜ぶから


女性が精子(精液)を飲む行為を行うのは男性もそれを期待しているためと言えるでしょう。男性は女性を征服したいという感情が少なからず誰にでもありますし、自分の体から出された精子(精液)を飲んでもらうことによって自分のものになったという征服感を味わっているのかもしれません。

精子(精液)を飲む行為は男性のその気持ちを満たしてあげる、男性を喜ばせるために行っている女性も少なくないのです。嫌々飲んでくれている女性もいるので男性は配慮が必要ですね。その一方でイジメられたい、男性の言いなりになりたいという願望を持つ人も中にはいて、積極的に飲もうとする女性も一定数存在しています。


愛情表現として


精子(精液)を飲むことを愛情表現と考えている女性も少なくないようです。恋愛関係にある相手のすべてを知りたいと思うのは当然のこと。その相手を知る一環、愛情表現の一部として男性から発射される精子(精液)を飲む女性もいるのです。

害のない精子(精液)なら、いくらでも飲んでもらっていいのですが、飲む前に害がないか一度確認してからにしましょうね。


飲むものは当たり前と思っている


AVやネットでの無料アダルト動画の普及によって、女性も目にする機会が爆発的に増えたと思います。そんなAVでも精子(精液)を飲むことは当たり前のように行われていて、そられの影響で男性の口内発射は当たり前、精子(精液)を飲むことは当たり前と思っている女性も多いのです。

ネットの掲示板などで精子(精液)を飲むのは当たり前の行為ではないと知って驚いたり、彼氏との初エッチでいきなり精子(精液)を飲んでその男性を驚かせてしまったという女性も。人の性癖はそれぞれなのでなんとも言い難いところですが、すべての行為に当たり前ということは無いと知っておくべきでしょう。


実際に射精後の精子(精液)を飲んだ女性の味の感想は?


実際に精子を飲んだ女性の声もまとめてみました。まず、messyというサイトのライターさんで、精子の飲み比べ(!?)をした女性の感想からご紹介。※すごい人がいるんですね…。

印象的だった3人の精子をあげましたが、共通して言えることは「常識的に考えたら全然美味しくない」ってことなんです。(中略)普通に何も考えず、精子と知らずにペロッと舐めたら、きっと100人中98人は「うわっ不味い! なんだこれ?」となると思うんです。苦くて生臭いドロドロした液体ですからね。
ところが、それが好きな男性の精子だと分かると美味しく感じてしまう。セックスを経て、射精されたと知ると、途端に愛おしくなってしまう。もう自分で書いてて相当頭イッちゃってんなと思いますが、不思議とそう思ってしまいます。
出典:messy


結論から言えば、超まずいということですね(笑)。好きな人のだから頑張って飲めるし、幸福感を感じるそうです。次にTwitterの声もみてみましょう。



















精子(精液)の味に関して「美味しい」と表現している人は誰もいませんね(...当たり前かもしれませんが)。Twitterでも「食事で味は変わる」といっている人が多かったり、「食品」で精子の味を表現していることが多いことからも、精子の味が食生活でかわる証拠の1つかもしれません。

発酵しているや魚臭いなど女性が感じる味について、科学的な根拠をもって言うと、精子(精液)は人によって受ける味の感じ方には違いがありますが、そのどれもが正しい答えだそうです。

私たちが生活する中で精子(精液)の味を的確に表現するものと人間はまだ出逢っていないため、それぞれが全く異なる答えを出しても一つも間違いではないのです。

その人が精子(精液)を飲んで甘いと感じているなら、果糖の影響が強く出ている証拠です。しょっぱいと感じた場合、その男性は塩分を多く摂っているはずです。シャープな味が特徴的な場合はクエン酸を摂取した可能性があります。精力増強のためにサプリメントを服用している人は亜鉛による金属っぽい味が精子(精液)にも影響を与えていると言われています。


精子(精液)はシトルリン(アルギニン)の摂取で量が増してしまう可能性も?!


「美味しい」と表現している人が誰もいない精子(精液)。ゴックンと自分の射精後の精子(精液)を飲んでもらいたいと思いつつも、そんなに美味しくないのなら精子(精液)の量を少しでも減らして女性に負担をかけたくないと思う心優しい男性もいるでしょう。

精子(精液)の量が増えてしまうと言われているのがシトルリン(アルギニン)。この成分はスイカやメロンなどに多く含まれ血液の流れを良くするといわれています。シトルリンは体内に取り入れられるとアルギニンへと変わります。精子(精液)を構成する成分として多く含まれているのがこのアルギニンという成分なのです。ですから食品やサプリメントなどでシトルリン(アルギニン)を摂取している男性は精子(精液)の量が多くなると言われています。

射精して女性にすべて飲んでもらいたいけど、味が不味そうだから気が引ける...と思っている男性は、シトルリン(アルギニン)の摂取を控えることで、これ以上、精子(精液)の量を増やさないという対策をしてみるのも一つの手ですね。

いかがでしたでしょうか。彼氏を喜ばせたいという気持ちを持っている女性は多いものです。少しでも味の不味さを解消するために彼氏に食べ物で協力してもらったり、男性自らも積極的に摂取して精子の味をコントロールしてみましょう。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

◯関連記事
意外と知らない「我慢汁」と「精子」の決定的な違い(味・成分)
精子をドバドバ作り出す、最強な食べ物まとめ6選



【編集後記】風俗より10倍安く、素人ギャルと本番セックスする方法とは?

ピンサロやオナクラをのぞけば、風俗に行くと安くても1万円はかかってしまいます。それにプラスして本番裏オプションにホテル代となると2~3万円はかかってしまいますよね。よほどのお金持ちでなければ、高いと感じる人がほとんどです。

そんな風俗が大好きなあなたに教えたい。実は、セックスする度に2~3万なんて高いお金払い続ける必要はないのです。

”ある方法”を使うと、風俗の10倍安く、簡単にヤリ盛りの素人ギャルとセックスが出来るんです。

筆者は、その方法を使い、月に4~5人とギャルとセックスして、相性がよければセフレにしています。金額に換算すると1人あたり1,000円もかかってないです。

実際にセフレになってくれたみちょぱ似の23歳人妻↓




あなたもこの方法で、風俗よりも10倍安くヤリ盛りの素人ギャルとセックスしませんか?



この記事の削除依頼はコチラ
紗倉まな

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
風俗より10倍安く
この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします



風俗より10倍安く








TOPに戻る