プラトニックラブの「本当の意味」とは

プラトニックラブの「本当の意味」とは

1,869 views

この記事を書いた人
セクシーな人生を。
panpan編集部
メンズ総合情報サイトpanpan[パンパン]のメイン編集デスクです。2015年にコンパ仲間とともに立ち上げ、読者にとって本当に価値のある情報提供を心がけて執筆を続けてきました。他のサイトではちょっと見られない、PanPanならではの使える恋愛ネタやテクニックを発信していきます。応援よろしくお願いいたします。
プラトニックラブという言葉は聞いたことあるでしょうか。一度は使った事あるかもしれませんが、実は本当の意味を知っている人は少ないように思います。今回は多くの人が知らないだろう、プラトニックラブの本当の意味を解説いたします。


プラトニックラブとは


プラトニックラブとは

プラトニックラブとは、「心と心だけの精神的な恋愛のこと」を指します。体の結びつきなどを抜きにした、心だけの恋愛ということになります。似たような言葉で言うと「純愛」です。昔は結婚するまでは肉体的な関係を持たない、純潔を保つべきであるという考え方を指す言葉でもありました。今はどちらかというと、純粋な恋愛のことだけを指すようです。

ところでこの「プラトニックラブ」という言葉はどこからやってきたのでしょうか?


実は勘違いから生まれた、プラトニックラブの意味


実は勘違いから生まれた、プラトニックラブの意味

「プラトニックラブ」と言われるようになった理由、それは古代ギリシャの哲学者プラトンに由来しているといわれています。プラトンが「肉体(外見)に惹かれる愛よりも、精神に惹かれる愛の方が優れている」と書いたとされているところから純愛のことをプラトン的な愛という意味でとらえられるようになったようです。

しかし!由来の張本人であるプラトンは直接著作にプラトニックラブについて書いていないのです。しかもプラトン自身もプラトニックラブを実践していたわけでもありません。ではなぜこのように言われるようになったのでしょうか?


プラトニックラブはもともと「同性愛」に限定して言及されたもの


実はプラトンが語った内容というのは同性愛者を指していたものだったのです。彼の著書である『饗宴』には、「魂よりも肉体のほうをより多く愛するような“愛人”は卑俗だ」と語った部分がありますが、この部分は同性愛者のことを指していたのです。つまりこの部分が男女の恋愛について語られたものとして勘違いされて広まってしまったというのが間違いの発端だったようです。

実際、「プラトニックラブ」はルネサンス期に生まれた言葉でした。その頃、男性案の友好関係を「ソクラティックラブ」と呼んでいたようで、「ソクラテスのような恋愛」という意味を成していました。同性愛者は愛し合っていても子どもができるわけでもなかったため、「精神的に愛し合う」という意味で使われるようになったみたいです。
実際に「ソクラティックラブ」という言葉を造った人物であるマルシリオ・フィチーノは同性愛者で、イケメンと交友関係があったようです。

このようなことから、実はプラトニックラブという言葉は同性愛者同士の恋愛を指す言葉だったといえます。


プラトニックラブのとらえられ方


プラトニックラブは青春期から青年期の初期に多くみられるようです。一通り精神的な恋愛を経験することで人間としての成長をもたらしてくれるもの、それがプラトニックラブです。大人になってしまえば、体の結びつきや世間体を気にする、恋愛にそんな要素も含まれてくるのではないでしょうか。日本では、純潔を守るという風習もなかったため、プラトニックラブが定着しているわけでもないようです。現代の日本人はプラトニックラブを受け入れる人はいないわけではないようですが、ほとんどいないといえるでしょう。何度かデートを重ねれば肉体関係を結ぶような現代では、なかなか成り立たないのかもしれません。


いかかでしたか?ちょっとびっくりですね。本来の意味と別の意味でとらえられてしまったプラトンもびっくりしているかもしれませんね。誰を指しているにしろ、心で結ばれた関係は簡単に崩れることのない関係なのではないでしょうか。大人だからこそプラトニックラブを極めたい、そんな風に思います。


※本記事に関する削除依頼は、以下にメッセージください。
削除依頼はコチラから

セフレが500円!紗倉まなが暴露したセックステク上達法がヤバい

セックスが上手くなって女性を何度もイカせたい。セックスで女性を虜にさせたい。

そんなことを考えている男性は多いですよね。

セックステクを上達させるには、シンプルですがセックス回数を増やすことが一番の近道。いくらハウツー本を読んでも、実践回数が少なければ上達はしません。


そしてコスパ良くセックス回数を増やすにはセフレを作るのが一番。風俗で本番セックスしようとしたら1回で2~3万円近くは掛かってしまいますからね。

「でも、どうやってセフレを作ればいいの?」って思いますよね。実はあなたが思ってるよりセフレを作るのって簡単なんですよ。

男性が思ってる以上にセフレを作ってる女性は多く、若い女性の53%がセフレがいたという調査結果もあるほど。それぐらい女性って気軽にセフレを作っているんです。

だからセフレ募集してる女性と出会える場所さえ知っていれば、驚くほど簡単にあなたもセフレが作れちゃいますよ。

セフレ募集している男女をマッチングさせるサービス

セフレを探してる女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用するのが最適。

女性は友達からヤリマンだなんて思われたくないので、ネットを使ってこっそりセフレを探しています。

アダルトマッチングサービスは、AV女優の紗倉まながテレビ東京の人気番組「ヨソで言わんとい亭」に出演した際に「AV女優も男探しに使ってる」と暴露し話題になったサービス。



セフレ募集に使われているのが、日本最大級の会員数600万人を超える匿名可能なJメール【R18】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流。

Jメールだと、セックスすることが目的なので余計なデートは必要なしと超手軽にセックスできちゃいます。

ちなみにJメールは無課金でも女性と出会うことは可能ですが、無課金ではメチャメチャ頑張っても1人出会えるか出会えないか。

だけど課金さえしたら驚くほど簡単にセックスできるのがJメールの特徴です。

なので手っ取り早く確実にセフレを作りたいなら課金をするのがオススメ

課金額も最低1000円からなので、ラーメン1杯ぐらいの金額でセフレが作れると考えればお得ですよね。

Jメールがセックスできる女性と出会える理由

登録者数600万人と人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「すぐ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上


パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

会う場所はお互い都合の良い駅前で待ち合わせる約束をすればOK。

Jメールが女性に人気な3つの理由

・匿名可能で知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌で話題
と知名度が高く安心して使えるからです。
20年近く運営をしている老舗で登録者も600万人います。


都内には色々なところにJメールが掲載されていて信頼できるのも女性に人気の理由の1つ。


Jメールを使うと慣れれば500円でセフレが作れた

結論として筆者は3000円課金して5人のセフレが作れました。1人目こそ1000円位かかりましたが、メッセージに慣れると1人500円でセックスできます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとJメールに課金して近くでセックスができる女性を探す方がコスパが良いですよね。



たった1ヶ月でセックステクの上達が凄い!女性を簡単にイかすことができた

Jメールを使うまでは、経験人数1人の筆者でしたが、1ヶ月で5人のセフレを作りセックス回数を増やした結果、今までとは比べ物ににならないほどのセックステクと自信をゲット

女性が「感じる場所」や「力加減」など教えてくれるので、最終的には女性に何も言われなくてもイかせることができるようになりました。

今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.25倍になるキャンペーン中


セフレが数人欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら無料会員登録で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。
女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、一度のぞいてみてください。


本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る