1
好きな人に嫌われない、LINEを使った上手なアプローチ方法8選

好きな人に嫌われない、LINEを使った上手なアプローチ方法8選

2,033 views

今の時代、好きな人の心を射止めるのには、LINEなどのチャットツールを使わない手はないでしょう!普段は、あまり上手に口が回らない人でも、LINEなら安心ですから、そんな人ほど、ぜひこれらのアプローチ方法を覚えていってくださいね♪


LINEを送る時間に気をつける


LINEを送る時間に気をつける

LINEは気軽に飛ばせるツールなだけに、ついつい相手の都合を考えずにメッセージを送ってしまいがちです。しかし、LINEは通知音が鳴りますし、そうでなくても、真面目な人ほど非常識な時間のメッセージはどんな手段であれ、嫌います

ですから、LINEを送る時間は、よほど急ぎの用事でない限りは、日中から、精々、日を跨がないぐらいの時間にしておきましょう。ただし、相手の生活時間帯が分かっている時には、この限りではありません。あくまでも、相手への気遣いを忘れてはいけないということです。


自分のことを長文で語らない


自分のことを長文で語らない

好きな人と話したいけれど、話題がない!なんて言う時に、送ってしまいがちなのは、今日の出来事を色々と書いたメッセージ。正直なところ、そんな日記的な長文を送られても、読むのが面倒ですし、よほど好きな相手でもない限りは、「知らんわ!」で終わってしまいます。

ですから、話題もないのにメッセージを送るのは、まず止めること。そして、メッセージは長くても4行程度に抑え、むしろ相手が語ることのできるような内容を送ることが、あなたへの好感を高めることになるでしょう。


一言返信はしない


先ほどは、長文メッセージを送ることは好ましくないとお話しましたが、だからといって「うん」や「だよね」なんて、短すぎる一言返信をすることは、いけません。これでは、好きな人から、「話をする気がないのかな」と思われてしまう可能性が大いにあります。また、一言返信だと、その後に返す言葉もなかなか思いつき難いものですから、そこでLINEが止まってしまう可能性もあることでしょう。

できる限りは、相手が返信しやすいメッセージを送ることが一番です。たとえば、何か聞かれれば、相手はどうなのかと聞き返してみたり、話題を広げる工夫が必要です。ただし、時には、上手いこと話を繋げることのできない場合もあるでしょう。そんな時には無理をせずに、一言だけ同意して終わることも大切です。

普段から無理を続けていると、好きな人との関係で上手くいかないことがあると「こんなに頑張っているのに何故」というような心理状況に陥りやすいためです。適度に肩の力を抜いておかないと、無理してばかりの関係を構成してしまうので、気をつけてください。


即既読は止める


好きな人からのメッセージが届いたら、すぐに開きたいのは分かります。すぐに返したいのも分かります。しかし、常にすぐに既読が付く人のイメージってどうでしょうか。「暇なのかな?」と思われるのは、間違いありません。そして、常に暇な人って、魅力的じゃないですよね。

ですから、メッセージを開くタイミングは、時々は、あえて日を跨ぐことも肝心です。そうすることで、常に暇な人なんて不名誉な印象が付くことは避けられますし、あなたのことを相手が気にし始めている時期であれば、相手もまた返信を待って、あなたへの気持ちを募らせることでしょう。


絵文字や顔文字・スタンプは相手の使い方を真似る


絵文字などの使い方って、結構、個性が出ますよね。ここで、特に注意してもらいたいのは、全く絵文字も顔文字もスタンプも使わない相手とのLINEです。そのような人は、文章の書き方にこだわりをもっている人も多く、絵文字などを嫌っている人も中にはいるためです。

ですから、絵文字などの使い方、果ては言葉遣いまでもを似せることで、不快感や会話の違和感を覚えさせないのです。言葉遣いだと、「こんにちは」を「こんにちわ」とするのが許せないなんて人は、結構いますので、お気をつけください。また、文章の雰囲気が近しいと、類似性から親近感を覚え、好感が高まるといった効果も期待できます。


ちょっとした困ったことを相談してみる


そこそこ仲良くなってきた相手と更に仲を深めたい時には、ちょっとした困ったことについて相談を持ちかけてみることがおすすめです。人は少なからず好意を持っている相手から頼られると、嬉しくなるものなのです。

また、相談を持ちかける際には、「ちょっとした困ったこと」であることが大切です。あまりに重たい相談内容ですと、自分では力になれないと相手が思ってしまいますし、そうなってしまっては、「この人は自分の手に負えない」とまで感じさせてしまう恐れもあるので、気をつけてください。


話しかける時には、相手の名前を入れる


いざ、LINEを送ろうという時には、挨拶から入ることも多いと思います。そんな時には、「◯◯さん、おはよう」というように、相手の名前を入れましょう。世の中、名前に対して思い入れのある人は男女ともに多いものです。それだけに、名前をわざわざ入れてくれる相手には、誠実さを感じやすいといった傾向があります。

交際相手として、誠実さはとても大切なものですから、このテクニックは簡単ながら、効果的と言えるでしょう。ただ、だからと言って、何かにつけて相手の名前を入れ過ぎては、違和感を与えてしまいます。その日の内で、一番初めに送るメッセージにのみ、普段は入れるようにして、そのほかでは、「◯◯さんのそういうところって良いね」というような名前を入れると効果的なところで入れるようにすると良いでしょう。


LINEゲームを利用する


これは、相手もLINEゲームを利用している場合に限り、使えるテクニックになりますが、好きな人がしているLINEゲームは、すかさずあなたもダウンロードしてしまいましょう。こうすることで、容易に好きな人との共通の盛り上がる話題を手に入れることができるのです。

たとえば、ダウンロードした時点で、「私もはじめたよ」というLINEができますし、好きな人の記録を抜いて、「◯◯さんのこと超えちゃった」なんて送っても、盛り上がることでしょう。また、LINEゲームを立ち上げれば、その都度、ほかにそのゲームをしているフレンドの情報が出てきますから、その度にあなたのことも目に入り、意識しやすくなるなんて効果も期待できます。


LINEを使った上手なアプローチ方法は、いかがでしたか?実際にやってしまいがちなミスを絡めての紹介にしましたので、とても実践的に使えるものばかりだと思います。ぜひ、こちらの方法で、好きな人のハートを引き寄せてくださいね♪

憧れの《AV女優》とたった5000円でプライベートセックスし放題のサイトって知ってる?

とあるバラエティ番組で人気AV女優の紗倉まなさんが出会い系サイトを使っていることを暴露し話題になりました。

・実際に会ってセックスしたこともある
・私以外にも多くのAV女優が男漁りに使っている

AV女優のプライベートな性活が語られました。
一般的に、AV業界は男性スタッフが大勢いるイメージや、AV女優というだけで男性からモテ度は高いイメージがありますよね?

しかし、AV業界には「業界人同士でセックスしてはいけない」という鉄の掟があり、AV女優の関係者とはセックスができないのです。

AV女優とプライベートセックスできる方法とは?

AV女優は「仕事だから仕方無くセックスしている……」とインタビューで言っていますが、実は全くの嘘。

実は「セックスが好きで好きでたまらない」のです。

そんな彼女達が、業界人の目をすり抜け、こっそりと出会いを募集しているのが『Jメール【R18】』というサイト。

Jメールとは、10年以上の運営実績がある⽼舗のサイトで、登録者数はなんと600万⼈にも登ります。

なぜAV女優がプライベートセックスに『Jメール【R18】』を使うのか?

AV女優は同業界の人間とセックスできない。
そう簡単に素性を知られてはいけないのです。

そんな事情からカモフラージュにちょうどいいのが出会い系マッチングアプリ。

特に、最近渋谷・六本木などに大々的に広告や看板を出し、セックスしたい素人女子が集まるサイトとして人気を上げてきた『Jメール【R18】』AV女優たちの隠れ蓑としてちょうど良いのです。

Jメール【R18】で5千円課金したら、実際にAV女優とセックスができた

結論から、筆者は5千円課金して12人とセックスできました。
なんとそのうちの1人がAV女優だったんです!

「あまり色々と喋らないでね?」と釘を刺されてしまったので多くは語れませんが、実はキーワード検索で結構簡単に引っかかります……。

【今だけ!】スタートダッシュキャンペーンでポイント購入がオトク!

AV女優に送るからこそ、しっかりと事前準備を。
最初からセックスさせてくださいなんて絶対NGです!
期間中の今なら、1,000円分無料でお試しできる上、超オトクなスタートダッシュキャンペーンも稼働中!
これも合わせて丁寧なメッセージを心がけてください。

Jメールスタートダッシュキャンペーン

緊急速報:遂にスタートダッシュキャンペーン終了

スタートダッシュキャンペーンは

オトクにポイント購⼊できる今がチャンス!
ぜひこの機会に登録して憧れのAV女優とのセックスを叶えてください!

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る