結婚式で、女性からの印象が最悪になる絶対NGな話題・4選

結婚式で、女性からの印象が最悪になる絶対NGな話題・4選

86 views

この記事を書いた人
セクシーな人生を。
panpan編集部
メンズ総合情報サイトpanpan[パンパン]のメイン編集デスクです。2015年にコンパ仲間とともに立ち上げ、読者にとって本当に価値のある情報提供を心がけて執筆を続けてきました。他のサイトではちょっと見られない、PanPanならではの使える恋愛ネタやテクニックを発信していきます。応援よろしくお願いいたします。
結婚式には様々な人が参加するため、男性の中には出会いを目的として参加される方も少なくありません。ただ、お祝い事の雰囲気にうかれてしまっていると、思わず初対面の相手をドン引きさせてしまう発言をすることも。今回はそんな結婚式で、女性からの印象が最悪になる絶対NGな話題をまとめました。


NGな話題その1:下ネタで盛り上がる


NGな話題その1:下ネタで盛り上がる

結婚式ではお酒も振る舞われるため、男性の中には飲み会感覚でがんがん飲酒をする方もいます。普通に酔うならまだしも、中にはすっかり泥酔して下品な下ネタトークを繰り出す方もいます。もちろん、初対面の女性に対して配慮の欠けた下品なトークは絶対NGですし、仮に酔ってなくても、会話のネタが無いからと言って下ネタで盛り上げようとするのもダメです。なるべく女性と一緒に楽しめるようなテーマで話すようにし、もし話題がないなら、相手の聞き役に徹するほうがいいでしょう。


NGな話題その2:参加女性の品定め


NGな話題その2:参加女性の品定め

男友達と参加した時にやりやすいのが、参加女性の品定めです。確かに男性としては、相手の容姿や発言など互いにコソコソ話して盛り上がりやすいですが、女性からしたら不快極まりないこと。コソコソ話せば聞こえないと思っていても、女性は「もしかしてアタシのこと?」と敏感に反応し、居心地も悪くなります。本当に参加女性について話すことがあるのなら、トイレや人がいない場所で喋るべきであり、決して本人たちの目の前で話してはいけません。


NGな話題その3:自分のことばかり喋る


祝い事という場でもあり、なおかつお酒も入っていると、どうしても気分は高揚しがちになるもの。そのためいざ女性と喋る機会になっても、ひたすら自分の話題ばかり喋ってしまう男性って意外と多いんです。普通にトークが上手で場も盛り上がっているならいいのですが、オチのない自分語りほど相手を辟易させるものはありません。普段から親しんでいる友人ならまだしも、初対面の女性に対しては「話のキャッチボールがしにくい人だなぁ」「初対面だけにどうツッコんでいいのか・・・」と引かれてしまう可能性も。

もし自分が喋りすぎたと感じたら、相手に質問を投げかけるなどして、今度は相手の聞き役になるほうが印象もよくなります。楽しい場であっても自分をコントロールすることを忘れず、会話のキャッチボールができるよう心掛けましょう。


NGな話題その4:場違いな状況でのナンパ


結婚式は出会いの場であるという認識を持つためか、どうしても初対面の女性に対してナンパをしてしまうガツガツした男性も多いです。普通に合コンやパーティーといった空間でならまだしも、結婚式でそういった軽い態度は、女性からの印象が最悪になるケースが高いです。

実際に、同じテーブルで相席となった男性から、いきなり「今フリーなの?」だとか「結婚してる?」とか突っ込んだことを話されゲンナリしたという女性の意見もあります。積極的に相手のことを知りたいと思うことは悪いことではありませんが、その場の空気をしっかり読んで発言することも大切ですよ。

いかがでしたでしょうか?祝い事の雰囲気に飲まれて、思わず口が普段言わないようなNGな話題を出すこともあると思います。ただ、せっかくの出会いの場であることを考えると、ある程度自制して楽しむことも必要になってくるでしょう。ぜひムードを大切にしてくだい。

誰もが羨む20歳のセフレが500円で作れる!紗倉まな暴露の悪用厳禁なセフレ作成法

若くてカワイイ女の子とセックスしたい!

当然ですが男性なら30歳や40歳になっても、10代20代の若くてカワイイ女の子とセックスしたいですよね。

風俗に行けば若くてカワイイ女の子とセックスすることはできるけど・・・

お金も2万以上はかかるし、何よりセックスするならプロじゃなく素人の女の子がいいですよね。



さらに贅沢を言えば、若くてカワイイセフレが欲しい!女子大生ぐらいの年齢のセフレがいたら圧倒的なステータスですよね。

40歳でセフレ持ちの男性がいても相手はアラフォーのオバサンなんてざら。若いセフレがいる男性なんて本当に極わずか。

だから若いセフレがいるってだけで周りの男性からは羨ましがられること間違いありません。

でも、どうやれば若いセフレが作れるのか?実はルックスやお金は全く必要ありません。

実は若い女性ほど彼氏とのセックスでは快感を得られず欲求不満な子が多いんです。だから経験豊富な年上男性とのセックスを求めてるんです。


しかも男性が思ってる以上にセフレを作ってる女性は多く、若い女性の53%がセフレがいたという調査結果もあるほど。それぐらい女性って気軽にセフレを作っているんですよ。

だからセフレ募集してる女性と出会える場所さえ知っていれば、驚くほど簡単にあなたも若いセフレが作れちゃいますよ。

セフレ募集している男女をマッチングさせるサービス

あまり知られていませんが、セフレを探してる女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用するのが最適。

女性は友達からヤリマンだなんて思われたくないので、ネットを使ってこっそりセフレを探しています。

アダルトマッチングサービスは、AV女優の紗倉まながテレビ東京の人気番組「ヨソで言わんとい亭」に出演した際に「AV女優も男探しに使ってる」と暴露し話題になったサービス。



セフレ募集に使われているのが、日本最大級の会員数2700万人を超える匿名可能なハッピーメール【18禁】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流。

ハッピーメールだと、セックスすることが目的なので余計なデートは必要なしと超手軽にセックスできちゃいます。

過去には50歳の新潟県知事がハッピーメールで女子大生とセックスしていたのが週刊誌に撮られたことで、本当に若い子とセックスできるとネットで話題にもなりましたね。

ハッピーメールがセックスできる女性と出会える理由

会員が2700万人もいるのでセックス相手を募集している書き込みが多数。ハッピーメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「その他の掲示板」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上


パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

会う場所はお互い都合の良い駅前で待ち合わせる約束をすればOK。そのまま即ホテルに行きセックスできちゃいますよ。

ハッピーメールが女性に人気な3つの理由

・匿名可能で知り合いにバレない
・新宿や渋谷の109前のビルに広告が掲載
・女性誌や映画で話題
と知名度が高く安心して使えるからです。
21年も運営をしている老舗中の老舗で登録者も2,700万人と日本最大級。

また、ananやGLITTERなど有名女性誌にたびたび掲載されているのも女性に人気の理由の1つ。


2018年にはハッピーメールを題材にした映画「ハッピーメール」が作られるなど、若い女の子の間では人気なんですよ。

ハッピーメールを使うと500円でセフレが作れた

結論として38歳の筆者は1000円課金して2人のセフレが作れました。1人目こそ1500円位かかりましたが、メッセージに慣れると1人500円でセフレが作れます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとハッピーメールでセックスができる女性を探す方が圧倒的にコスパが良いですよね。



たった1ヶ月で20歳のセフレをGET!面倒なやり取りも

ハッピーメールを使うまではセフレなんて縁がなかった筆者ですが、1ヶ月経った頃には20歳と23歳のセフレをGET

1人は都内の某女子大で、もう一人は今年新卒で化粧品メーカーに入った子。2人とも彼氏とのセックスに満足できなくハッピーメールでセフレを探してたんだとか。

セフレを探すぐらいだからセックスには貪欲!野外やアナル・ハメ撮りなど女の子から提案するぐらい積極的です。


セフレが出来てからは、普段は愛妻家な同僚や上司からセフレの作り方をしつこく聞かれ少し優越感wやっぱり結婚して幸せそうな男でもセフレは欲しいようですw

今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.25倍になるキャンペーン中


あなたも若いセフレが欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら無料会員登録で、すぐに使える1400円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。

おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。

OL、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、一度のぞいてみてください。

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る