1
女性がセックスでイケるかどうかの差は「集中力」にあった

女性がセックスでイケるかどうかの差は「集中力」にあった

38,138 views

セックスでイケる女性、イケない女性の違いは単に感じやすさの差だけではありません。実はセックス中の「集中力」に差があったのです。その秘密と集中力を高める方法をお伝えします。


セックスに集中できない理由


セックスに集中できない理由

女性がセックスでイケない理由の1つに「集中力」がないということがあります。イクためには集中力が大事だと分かっているけれど、なかなかできないという人もいるでしょう。セックス中に相手の動きが気になってしまう。相手が気持ちいいと思ってくれているか気になってしまう。自分の動きが相手から変と思われていないかどうか気になってしまう。自分のニオイがどう思われているか気になってしまう。

このような余計なことを頭の中でグルグルと考えてしまうのです。せっかくセックスで感じているのにイケない人は、最後の集中力が欠けてしまっているからなのです。あと少しのところでもったいないことです。


集中力を高める方法1:視覚を奪う


集中力を高める方法1:視覚を奪う

男性の姿が視界に入ることで集中力がなくなってしまう女性もいます。そこで集中力を高めるためにアイマスクやタオルで目隠しをすることで、視覚を奪います。余計なものが見えなくなることで、セックスに集中することができるようになります。また、目隠しをされることで非日常な状態が興奮を高める効果もあるようです。


集中力を高める方法2:一点を見つめる


もう少しでイケそうなのに、イケない。イク瞬間に集中力がなくなる。イケてもあまり絶頂感がない。という女性におすすめのやり方です。一点を見つめ、あえてセックスから集中力をそらすというやり方です。男性の顔、目をじっと見つめます。セックスの快感から気持ちをそらすのです。

この時、男性は女性の意識をコントロールしなければなりません。そのためには女性よりも先にイッてしまったり、気持ち良さそうな声を出してしまったりしてはいけません。あくまでも男性が女性より優位に立っている必要があります。この方法は合う、合わない人もいますが、ぜひ試してみてください。


自分の内面に意識を向ける


セックスで快感を得るときは、気持ちよさが身体の内側から起こってきますよね。そのため、イキやすい身体にするためには、自分の身体の内面に意識を集中することが必要なのです。人には表面的に見える「顕在意識」と無意識の部分「潜在意識」があります。火事のような緊急事態に重い物が持ててしまう「火事場の馬鹿力」もこの潜在意識の力と言われています。

イク時は、この本人も自覚できていない「潜在意識」に意識が集中していると言われています。「潜在意識」に集中するためには、リラックスした状態になることが必要です。


セックスに必要なリラックス法


集中力はリラックスした状態になることで生まれます。そのためセックスに必要なリラックス状態を作りだす必要があります。セックスに必要なリラックス状態とは「セックスを楽しんでいる自分」「興奮している自分」というように、セックスを心の底から楽しむ状態のことです。

イク時にコワくなって、イクのを止めてしまう女性もいます。自分自身が興奮していることを恥ずかしく思ってしまい、自分でブレーキをかけてしまうのです。イクことは恥ずかしいことではありません。「セックスを楽しんでいる自分・興奮している自分」を認めることでイキやすくなります。このリラックス状態は練習することで身に付きます。以下で練習法を紹介していきます。


リラックスする方法1:手足が重たくなる感じ


まず、セックスと同じ体勢であお向けに寝ます。手足を軽く広げ目を閉じます。息を吸って、吐いてとゆっくりした呼吸を繰り返します。頭の中で全身から力が抜けていってゆったりした気分になっていることを想像しながら行います。

利き手に意識を向けます。(ここでは右手を利き手とします。)「右手が重い」と心の中で唱えていきます。そうするとだんだんと右手が重くなっていくはずです。右手が重いと感じたら、続けて左手、右足、左足も同じように行い、重さも感じていきます。


リラックスする方法2:手足が暖かくなる感じ


重さの次は暖かさを感じます。「右手が暖かい」と心の中で唱えます。右手が暖かくなったら、続けて左手、右足、左足の暖かさも感じていきます。この時も身体の力は抜いたまま、ゆっくりした呼吸を続けます。


リラックスする方法3:心臓の鼓動を感じる


次に自分の心臓の鼓動を感じていきます。かくれんぼなどで隠れている時に自分の心臓の鼓動がいつもより大きいと感じたことはありませんか?このように鼓動を感じることです。ゆっくり呼吸を繰り返しながら自分の心臓の鼓動に意識を集中し「心臓が静かに鼓動している」と頭の中で考えます。だんだんと心臓の鼓動を感じるようになり、気持ちも落ち着いていきます。


リラックスする方法4:自分の呼吸を感じる


リラックスする方法4:自分の呼吸を感じる

次に、ゆっくりとした呼吸を繰り返しながら、さらに「自分の呼吸が楽にできていること」を感じていきます。自分の呼吸を感じることでリラックス度は高まって行きます。次にお腹が暖かくなる感じをイメージしていきます。


リラックスする方法5:おでこが涼しくなる感じ


お腹の暖かさを感じたら、次はおでこが涼しくなる感じをイメージします。おでこの涼しさを感じることができたら、心身ともに落ち着いた状態、セックスに必要なリラックス状態になることができます。これがイクのに適した心身の状態なのです。

そこからオナニーを始めていくとイキやすくなるでしょう。オナニーで練習を行った後、セックスでも実践するとイキやすくなっていきます。リラックス状態で集中力が高まったのです。


男性の協力も必要


セックスに必要なリラックス状態は、男性から愛されている、守られているという安心感からも生まれます。男性は前戯をゆっくり、じっくり、優しく愛撫してあげると良いでしょう。頭を撫でたり、抱きしめるだけでも安心感は得られます。


いかがでしたでしょうか。セックスでイクことに必要な集中力はリラックス法の取得など、自らの努力によって高めていくことができます。イクことが出来るようになれば、男性も喜んで興奮度も高まっていくでしょう。

【編集部秘話】たった数千円でセフレが作れる「セフレマッチングサービス」がヤバすぎる件…

風俗やウリ専の女を捕まえると1~2万は安くても掛かってしまいますよね。エッチ大好きな私は、毎週末エッチなお店に行っては金欠になる日々を繰り返していました。

毎月のお金も痛いのですが、プロの女性ってやっぱり飽きてしまうというか、本当にエッチがしたくて相手をしてくれるわけではないので、なんだか物足りなくなってくるんですよね。

願わくば、自分の好きなときにエッチが大好きなエロい女性と好きなだけエッチがしたい…

そんなときに発見したのが、数千円使うだけでセフレができるサービスです。

セフレができるサービスとは、大手出会い系アプリのひとつなのですが、アダルト掲示板があり得ないくらい盛り上がっていて、そこに毎晩女の子からのセフレ募集の投稿が大量にアップされているんです…!

はっきり言ってこれには衝撃を受けました。。

そのセフレが出来るサービスというのが、PCMAX(R18)というサイト。

PCMAXバナー
老舗のサイトなのですが、大人の出会いを求める女性が集まっているサイトは、実質国内でココしかないです。セフレ募集専用の2ちゃんねるという感じですね。

私はガラケー世代の人間なので、出会い系サイトと言ったらサクラが多くて迷惑メールなどがたくさんくるイメージを持っていましたが、PCMAXはかなり健全に運営されているのも驚いたポイント。24時間対応で運営が監視して、なりすましやサクラが徹底的に排除されています。

10年前の出会い系と、今の出会い系とでは思い切りイメージが変わりました。実際に、現代の若者の2人に1人は出会い系サイトを使って異性と出会っている時代です。ネットでの出会いは若い世代を中心に一般的なものとなりました。

PCMAXは現在、東京の若い世代の女性中心に、急速に人気が広がっているサイトで、登録者数はなんと900万人にもなったとか…!


アダルト掲示板を使っている女性ユーザーの人数が多いので、サイト内の「スグ会いたい」の掲示板機能を使えば、最短1時間でセックスすることも可能です。

実際に筆者自身は、2000円使って1日で3人の女の子と連絡先を交換し、全員と会ってセックスをしてます。(うち2人は今でもずっと関係が続いてます)

もちろん、女の子にはビタ一文払っていないです。セックスしたい男と女が楽しくタダでセックスできるサイトがPCMAXなのです。


風俗なんてアホらしくなっちゃって使わなくなりました。様々な出会い系サイトやアプリを使いましたが、やはり純粋にエロい子とセックスできるという意味ではPCMAXが最高なんです。アダルト板を見てみるだけなら無料なので、ぜひみなさんも下記リンクよりPCMAXを登録してみてください。

PCMAXボタン
※無料会員登録後のプロフィール設定と認証は忘れずに!(法律を守ってるサイトなので、アダルト機能を使うには年齢確認が必須になってます)

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします











TOPに戻る