男の「潮吹き」のメカニズムや仕組み【エロ研究】

男の「潮吹き」のメカニズムや仕組み【エロ研究】

21,996 views

この記事を書いた人
愛のあるヤリチン
時雨
小中高時代は義理チョコしかもらったことない非モテ男でしたが、大学デビューして遊び人の友達とストナンしまくるように。19歳で童貞卒業と遅咲きながら、28歳の今では遂に3桁突破!非モテだったからこそ女性に尽くしたいと努力した結果、女性を喜ばせるセックステクニックやデート交渉術には自信があります。皆さんに勇気を与えられるようなノウハウ伝授を心がけます。
「潮吹き」は女性だけの現象ではありません。男にもあるんです。「なんか気持ち悪い……」いえいえ、男の潮吹き専門の風俗店もあるくらいですから気持ちいいんです。ここでは男の「潮吹き」のメカニズムや仕組みをご紹介します。新しい快楽はあなたのすぐ近くにあります。


「潮吹き」ってどんな現象?潮って何?


「潮吹き」ってどんな現象?潮って何?

AVなどで見る女の「潮吹き」はAV女優が指マンされたり、バイブで突かれたりしてると尿道口からおしっこのような液体が勢いよく飛び出してくるあの現象ですが、男の潮吹きとはどんな現象なのでしょうか?

男の場合も尿道口から潮が勢いよく吹くのですが、女性がタイミング的な制約がないのに対し男性は常に射精直後にそのチャンスが訪れます。いつでも潮を吹けるわけではないのです。潮が体内のどこで作られ、何の目的で噴出するのかはまだよくわかっていません。潮の成分は、尿や精液と違い、ほとんどが水分で少量の前立腺分泌液が含まれています。無色透明、無味無臭で粘り気もありません。


どうやって吹かせるの?


どうやって吹かせるの?

まずは、セックスでもオナニーでもいいので一度射精します。間髪いれずペニスを手で激しくしごき続けます。これが辛い。男なら分かりますが、射精直後のペニスはとても敏感です。きれいに拭こうと軽く絞っただけでも痛いくらいです。それを激しくしごき続ければ激痛で悶絶することでしょう。

この事後しごきを10~20分、人によっては30分以上続けると、尿意を催すような感覚がやってきて、突然スイッチが入って爆発するように噴出します。射精のように快感が徐々に高まってきて限界点で発射するという感覚ではありません。突然なのです。その瞬間は射精以上に気持ちいいという人もいます。それにしても事後しごきの苦しみを30分!?もはや快楽というより荒行です。自虐行為です。でも逆に苦痛を乗り越えて得られるがゆえに気持ちよさもひとしおなのです。


気持ちよく潮を吹くためのひと工夫


最初からプシュ~っと鮮やかに吹けるひとはなかなかいません。また吹き出すタイミングや量などはコントロール不能なので、慣れるまでお風呂場で行いましょう。後始末が楽です。その他にもうまく吹くコツをご紹介しましょう。

(1)うんこは済ませておく
射精のときは肛門は力が入ってグッと締まるものですが、潮吹きの場合は体中が弛緩して力が入らなくなります。肛門も緩みますので、うんこが残っていると漏れる可能性があります。

(2)事前に水分を多めに摂る
水分が足りないと潮も足りなくなり、不発に終わります。

(3)理性を捨てる
これが一番難しいかも。普通はお漏らしは恥ずかしいという意識があるため、尿意を催したら止めてしまう人がいます。精神的リラックスして、 漏らしてもいいんだよ、汚してもいいんだよと自分に言い聞かせましょう。

(4)ローションを使う
ペニスを長時間激しくしごくことで、表皮がすりむけたり、尿道の内壁にキズが付いたりするなどペニスにとっては過酷な試練です。ローションを使って負担を軽減しましょう。


おわりに


いかがでしたでしょうか?最近セックスやオナニーにマンネリの人、精力減退気味で新しい刺激がほしい人、1回や2回の不発であきらめず根気よく潮吹きにチャレンジしてみましょう。きっと世界が広がりますよ。

※今回ご紹介した内容にはまだ解明されていない点も多いので、学術的な部分はあくまで有力な仮説とお考えください。

\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る