1
悪用禁止!ネット恋愛を確実に成功させる方法 8選

悪用禁止!ネット恋愛を確実に成功させる方法 8選

391 views

今や生活に欠かせないツールであるネット。色々な検索に使えたりと超便利だったりしますが、利用法はそれだけではありません。ネットでの出会いがきっかけで結婚する人までいる時代です。今回はネット恋愛を確実に成功させる方法をいくつかピックアップしてご紹介していきます。


ネット恋愛の方法その1「SNSの有効活用」


ネット恋愛の方法その1「SNSの有効活用」

ツイッター、フェイスブック、mixiなど様々なSNSがありますが、これを使わない手はありません。SNSのプロフィールなどを見れば、ある程度どういった人かわかります。もし共通の趣味などがあれば、そこをきっかけに仲良くなることだって可能です。SNSにはダイレクトメールという大変ありがたい機能があります。もちろんいきなりメールを送ると警戒されてしまうでしょうが、DMを送っても問題がない間柄になれれば、そこから距離を縮めましょう。そうすることによってそのうち実際に会える仲にまで発展する可能性が高くなります。


ネット恋愛の方法その2「SNSのコミュニティを立ち上げる」


ネット恋愛の方法その2「SNSのコミュニティを立ち上げる」

好きなアニメ、ミュージシャンなど様々なコミュニティがネット上には存在します。もし人気のあるコミュニティの主催者になれれば、色々な特権があります。自分主導でコミュニティを動かすこともできますし、オフ会の企画も自由自在。コミュニティに誰を入れるかなどの権利を持っていれば、好意を抱けそうな人たちを最初から厳選することだってできます。コミュニティを立ち上げても人が集まらなければ、寂しい結果になりますよね?そうならないためにも頭を捻って「いかに人気のあるコミュニティを作れるか?」を考えていきましょう。


ネット恋愛の方法その3「オフ会に参加する」


フェイスブックやmixiなどでコミュニティに参加していると、オフで集まる機会があります。例えば1対1の関係だと実際に会おうとなったときに、女性側が「変な人だったらどうしよう?」とか「危険な目に遭わないかな?」という不安を覚えやすいです。しかし多人数のオフ会となれば、そういった心配をかなり減らせます。

もしオフ会の時に盛り上がる会話ができたり、波長の合うことを確認できれば、そこから恋が始まって深まることもあるはずです。意中の人がネット上の同じコミュニティにいる場合は、自らオフ会を主催してみるという手もありますよ。オフ会が開催されるようになるには、ネット上でかなり盛り上がっておく必要があります。その辺りは腕の見せ所かもしれませんね。


ネット恋愛の方法その4「ツイッターで人気者になる」


面白いつぶやきができる人は、瞬く間にフォロワーを増やしていきます。そうなると「次はどんなことをつぶやいてくれるのか?」という期待をあなたに対して抱くようになります。ある種、憧れの存在になればネット上とは言え芸能人と大差がなくなるかもしれません。

もしもそんなあなたから何らかのコンタクトがあれば、どうでしょう?先ほども言ったように、あなたは憧れの存在。相手を陥落させるのはさほど難しくないでしょう。何気ない、つぶやきなどをするのではなく、万人の感情を揺さぶるような捻りのきいた言葉を生み出してください。


ネット恋愛の方法その5「ブログで上位ランカーになる」


人気ブログになると閲覧者は万単位です。もし常にトップテンに入れるようになれば、まさにあなたは注目の的。恋愛系のブログのカリスマを目指すなんていうのも悪くありません。もし恋に悩んでいる人の手助けになるような有効な一言をズバッと言えたら、あなたを崇拝する人が出てきかねないのがブログのすごいところ。ハードルは高いかもしれませんが、その位置まで上りつめれば『より取り見取り』です。ブログ上で恋愛相談を受けるコーナーを作るというのも、よいアイデアかもしれませんね。リアルでもネットでも恋愛相談がきっかけで二人の仲が深まることはよくあることです。


ネット恋愛の方法その6「とにかく相手を研究する」


ネットのよいところは相手の研究材料がたくさん揃っているところです。しかもどれだけ入念にこちらがチェックしていても、その様子が向こうに伝わることはありません。今、あなたの気になる人がどんな心理状態なのかというのだって、ずっとネット上の動向を見続けれいればわかるかもしれません。恋を始めるには、まず相手をよく知ることが重要です。どこ出身で、今どの辺りに住んでおり、どんな趣味を持っていて、どんな性格なのかというのを知ることだって不可能ではないのです。

ネット上に書いた文章にも感情は宿るのです。ストレートな表現をしていなくても「なんかいつもより元気がないな」と感じるレベルになれば、あなたはかなり相手を知ったと言えることでしょう。ネットに何か書き込んだ時間帯などでも生活時間がわかりますよね。そうなれたら、それとなくアプローチをしてみてもいいのではないでしょうか?


ネット恋愛の方法その7「相手のブログの読者になる」


ブログをやっている人というのはファン登録、読者登録してくれた人を大切にします。そしてコメントを頻繁にくれる人に対して好意を抱きます。気分を害するようなコメントは論外ですが、熱心に自分のブログを見てくれてのコメントだったら、素直にうれしく思うはず。そこからお近づきになれるようなことだって、あるかもしれません。「どんなことを書けば相手が喜ぶか?」を徹底的に考えましょう。それを持続することで恋愛へと進んでいく可能性が生まれてくるのです。


ネット恋愛の方法その8「マニアックな趣味の人間を探す」


マニアックな趣味を持っている人は、周囲がそれを理解してくれる人おらず、孤独を抱えている場合があります。そういった人たちはネットで仲間を探します。全国にいる人間とすぐにアクセスできるのが、ネットの特徴。そこで意気投合でもすれば「この人こそ自分の真の理解者に違いない!」とテンションが上がることは間違いなし!狭い趣味だからこそ、同好の士を見つけられた瞬間は、手を取り合いたいほどの喜びが生まれるのです。そこから恋愛に転じるのは、それほどおかしなことではありません。

少し時間はかかるかもしれませんが、あなたと共通のマニアック趣味に精通している人を、探し出してみてください。

ネット恋愛を成功させる様々な方法を紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか?ネットとは言え当然つながる相手は人間です。どうすれば気に入ってもらえるか、仲良くなれるかを考えて積極的にアプローチをしかけましょう。

まだ風俗にお金かけてるの?3000円で3~4人セフレができちゃう!?

PANPAN編集部の佐々木耕平です。PANPAN編集部の先輩に教えてもらった技を大学の同期、紙井誠(仮名)に教えた時とその後の実体験をマンガにしてもらっちゃいました。







セックスマッチングアプリ◯◯とは!?

セフレ3人と3000円でゲットとなっていますが、当たり前ですが、3000円で7人とセックスした上で相性の良い3人とセックスしたということですからね(笑)マンガではスペースの都合上削除されています。

マンガの途中ですが、セックスマッチングアプリ◯◯って気になっちゃいますよね?マンガで紹介しているセックスマッチングアプリの正体はPCMAXです。

最初は平均1~2000円で1人セックスできて2回目以降は1000円以下でできちゃいます。私みたいにちょっと慣れると1人500円以下でセックスできちゃいます。先輩方は300円1SEX500円1セフレが普通だと言っています。



PCMAXを知らない方のために・・・

PCMAXを知らないという方のために解説しますね。マンガの後半はPCMAXの説明終了後始まります。

PCMAXは、10年以上の運営実績を誇る国内最大級の出会い系アプリで、老舗サイトです。老舗だけ合って24時間サポート&監視を行っており、ユーザーが危険な目に合わないように目を光らせています。

だからこそ、か弱い女の子でも安心して利用できちゃいます。



他の出会い系と違ってエロに特化した出会い系あぷりなのでエロくてセックスしたい女の子が多く集まっているのでまさにセックスマッチングアプリです。














今ならスタートダッシュキャンペーンでポイント購入が超お得!

pcmaxkizisita002

そこでオススメなのが、現在開催中の1000万人突破記念、スタートダッシュキャンペーンです。期間中の今なら、1000円分無料でお試し出来る上にかなりオトクにポイントが買えます。

pcmaxkizisitasdc001

新規会員登録直後のアイコンが初心者のマークのうちは、掲示板で目立ちやすくなっていて、かなりマッチングしやすいので登録初月にガッツリメッセージを送って大量にセフレをゲットするべきです。

慣れればたった5000円の投資で10人位セフレが作れちゃいます。セフレなら、一生タダでセックスできます。

PCMAXスタートダッシュキャンペーン

緊急速報:遂にスタートダッシュキャンペーン終了

スタートダッシュキャンペーンは


オトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。

deaipoint01

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る