1
パイパンのメリット、デメリットを具体的にまとめた【男女共通】

パイパンのメリット、デメリットを具体的にまとめた【男女共通】

46,682 views

パイパンとは、男性器、女性器の周りの毛を無くしてしまうこと。剃ったり脱毛したりと方法はさまざまです。外国では普通とのことですが、日本ではまだ抵抗がある人も多いみたいですね。今回は『パイパンのメリット、デメリットを具体的にまとめた【男女共通】』として、ご紹介します。

パイパン女性と出会えちゃうかも!出会い系なら「ミントC!Jメール」がおすすめ!「ミントC!Jメール」について詳しく知りたい方は下記記事を読んでみてください!↓↓

■関連記事:Jメールのアダルト掲示板はヤレるの?30人とセックスした筆者が解説


パイパンのメリット1:清潔であること


パイパンのメリット1:清潔であること

皆さんも経験があることかもしれませんが、毛があるとムレますよね。すると、そこで雑菌が繁殖して不潔になってしまいます。また、女性の場合は毎月生理が来ますから、その際にいちいち毛に血液がこびりついていたのでは処理が非常に大変ですし、いちいち水洗いをするわけにもいきませんから中途半端に汚れや雑菌が残ってしまいます。こうして残った血液に雑菌が繁殖してしまうと、どうしても悪臭が発生します。

見えないところとはいっても、ニオイは感じられてしまうもの。また、いざエッチで愛撫しようっとというときにニオイがきついと男性もせっかくの興奮が失せてしまうでしょう。恥毛の処理はエチケットとしても大事かもしれません。

さらに、衛生面でもっと言うなら、性病の一つである「ケジラミ症」にかからなくなるというメリットがあります。これは、毛にしがみついて血を吸うシラミで、凄まじいかゆみを伴います。感染経路としては、感染者とのセックスや同じ湯船に入ったなどがありますが、毛にくっつくわけですから毛がなければもらいようがないわけです。

パイパンは手入れも楽になるし、ニオイや病気を防いでくれるのです。


パイパンのメリット2:水着や下着を選ばないですむ


パイパンのメリット2:水着や下着を選ばないですむ

男性の場合そこまで気にしないかもしれませんが、下着から陰毛がはみ出ていると不快な思いをさせてしまう可能性があります。女性の場合はもっと深刻で、アソコの毛があると、どうしてもはみ出さないかとか透けないかなどが気になってしまうもの。そのせいで面積の狭い水着を着づらくなってしまうのはとても残念なものです。

でも、その可愛い水着、海外の輸入だったりしません?だとしたら、毛の処理をしている人が着る前提で作っている可能性があります。毛を剃るだけで、おしゃれの幅が広がるのなら、やらない手はありません。


エッチのときに、愛撫がより直接的に感じられる


女性の場合、毛があると性器が埋れてしまいますから、男性にとっては愛撫の障害になりかねません。その点毛がない場合、触りたいところが直接見えますからピンポイントに攻めやすくなります。そうすると、女性が触って欲しいところをうまく触れる確率が上がりますから、気持ち良さもアップするわけです。パイパンだと男性も攻めやすいし、女性も気持ちいいというわけです。

また、男性も女性もパイパンだと、ピストン運動に合わせて男性のペニス上部の皮膚がクリトリスに直接当たる形になるため、気持ち良いという声もあります。


パイパンのデメリット1:彼氏などの趣味に合わせていると誤解される


続いてはパイパンのデメリットを紹介していきます。男性の性的嗜好で、パイパン好きというのがあります。男性は自分本位に考えがちですし、先ほど述べたようなファッションの問題などには関心が薄いのです。ですから、陰毛の処理というとすぐにエッチに直結させて考えてしまうのです。そうすると、パイパン好きの彼氏と付き合っている(いた)のかななどと邪推されるかもしれません。


パイパンのデメリット2:病気があったのかと思われる


日本ではまだ一般的でないパイパン。あえてそれを選択しているということは、パイパンにしなければならない理由があったのかと思われることになりかねません。例えば、前述したようなような、ケジラミをもらってしまったといった事情です。

人は噂好きですから、あることないこと言われることにもなります。特に男性だと、風俗でもらってきたのかというように話が膨らみますし、女性なら性病もらうくらい不特定多数とエッチしているということをいわれがちです。わざわざパイパンにしていることを自分から言う必要はないかもしれませんね。


パイパンのデメリット3:お風呂、プールで周りの目が気になるかもしれない


日本ではまだまだパイパンは一般的ではないですから仕方のないこととはいえ、少し周りの目が気になるかもしれません。女性は生理のことがありますから除毛していても理由付けはいくらでもできるかもしれませんが、男性がパイパンにしているとなると厄介です。

噂好きの人と一緒だったりすると、いろいろ理由を聞かれて面倒かもしれません。特に男性の場合、こういう下ネタの話は大好きですし、みんな食いついてきます。そしてまっとうな理由をいったところで面白くないですから、さらに詮索されるということになり少々面倒かもしれませんね。


パイパンのデメリット4:処理してしばらくは不快感や違和感がある


脇毛などを剃ったことがある方ならおわかりかもしれませんが、毛を剃ってしばらくするとじょりじょりとした嫌な感覚があるかもしれません。また、無くなった毛がまた生えてくるときにむずむずしたかゆみがある可能性もあります。でも、それが嫌なら対策はあります。それは、クリニックなどで専門的に行う脱毛です。これなら剃ることはないですから、再び生え始めのジョリジョリなんかもないですよね!

しかし、やはりクリニックに通うとなるとある程度のお金も時間もかかってしまいますから、もっとハードルを下げた現実的な妥協案としては、除毛クリームを使用する方がいいかもしれませんね。カミソリを使用すると、いくら気をつけていても皮膚にこまかいこまかい傷をつけてしまうものです。特に皮膚の弱い方は気をつけたいところですし、自分でもあまり刃物をデリケートな肌に当てたくないなぁと思っておられるのではないでしょうか。

いかがでしたか?日本ではまだまだ一般的でないということで、抵抗はあるかもしれません。でも、デメリットをいろいろ考えた上でもやはりメリットが非常に大きいように思えませんか?ファッションの幅が広がったり、衛生的によかったり。恥毛は、いったん無くなっても生えてくるものですから、ためしてみて損はないと思います。この記事があなたのより充実した恋愛ライフにつながることを願っています。
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る