1
LINEで好きな人から必ず返信がくる!魔法のLINEテク 7選

LINEで好きな人から必ず返信がくる!魔法のLINEテク 7選

4,802 views

LINEって便利ですよね!既読かどうかが分かりやすい点も、また、相手に既読したことが伝わるということが認知されている点も、良くも悪くも使いやすいツールなのではないでしょうか?LINEの返信が来る確率をグンと上げる魔法のテクニックご紹介します。


返信したくなるLINEテク①:相手にとって有益な情報をあたえる


返信したくなるLINEテク①:相手にとって有益な情報をあたえる

LINEでメッセージを送る相手が、既にあなたに気があるなら話は別ですが、まだ今現在、自分のことを印象付ける段階なら、相手にとって有益な情報をあたえることができると、とても効果的です。

相手にとって有益な情報とは、例えば『相手の好きそうなニューオープンのお店情報』や、『相手が興味がありそうなワークショップの開催情報』、『相手が好きなアーティストの来日情報』などがあります。「もう知ってるかもしれないけど、○○の情報、送っとくね!」や、「○○、好きだったよね!?これもう知ってた?」など、相手の好きなものの情報を送るのです。

人は、自分の好きなものに関する文章を読むと、楽しい気分になります。あなたからのメッセージが、楽しい気分になれるものが多いなと感じてもらえるようになれば、あなたの印象がアップするのです。返信も「詳しく教えて!」や、「そうなの!これ、行こうと思ってたんだよね!」など、相手も返しやすく、会話が続く可能性も高いのです。


返信したくなるLINEテク②:相手の愚痴を聞き出す


返信したくなるLINEテク②:相手の愚痴を聞き出す

人は多かれ少なかれ、対人関係や社会の理不尽さにおいて不満を持っています。誰もが『あまり人のことを悪く言ってはいけない』と自制し、口には出さず我慢していることが多くあります。(中には、常に人の悪口や、不平不満を言っている人もいますが……)

そんな、なかなか人には言えない愚痴を聞いてあげることができれば、相手はあなたのことを信頼し、会話が続くようになります。普段、注意深く観察していれば、相手が誰に嫌悪感を抱いているか、誰とそりが合わないかが見えてきます。

「今日もお疲れさま(*^^*)。○○さん(相手が嫌っている人の名前)、何だか大変そうだけど大丈夫?」という感じでメッセージすれば、「え?何か知ってるの?」や、「誰かから何か聞いた?」などの返信が来る可能性が高いです。その返信には「ううん、何も知らないんだけど、○○(好きな人の名前)、○○さん(相手が嫌がっている人の名前)のことで、苦労してるみたいに見えたから、大丈夫かなと思って……」という感じにすれば、相手からいろいろ話してくれる可能性が高いのです。


返信したくなるLINEテク③:相手に教えを乞う(こう)


相手が得意なことについて、教えてもらいたいとお願いするのも、必ず返信をゲットできるコツです。この場合、質問は具体的に簡潔に書くようにします。

例えば、「○○(相手の名前)、普段、パソコンで仕事してるんだよね?目、疲れたりしない?」などの質問を投げかけてみて「白地に黒文字だと、長時間になると疲れちゃうから、反転させてるよ〜。」などの返信がくれば、このパソコン周辺の知識について得意そうだなと判断できます。それが分かれば、「そうなんだ!反転させるんだ!もし良かったらやり方教えて貰って良い?」と返信すれば、丁寧に教えてくれる可能性が高いでしょう。


返信したくなるLINEテク④:相手を労う(ねぎらう)


「お疲れさま(*^^*)。今日も仕事大変だった?」「テスト、お疲れさま(*^^*)。体調、大丈夫だった?」など、相手を労う文面と、クエスチョンマーク付きの質問を二つ抱合せて送ります。

このように、まず、自分を労ってくれる言葉があると、嬉しくなるものです。質問も、その日一日の相手の行動や苦労を思い図ってのものなので、相手もついつい返信してしまいたくなるのです。疲れて帰ってきたところに、自分本位のメッセージが届くと、相手はうんざりしてしまいます。あくまでも相手本位で文面を考えるのがコツです。


返信したくなるLINEテク⑤:写真を送る時も相手と関係性を持たせて


『私通信』『俺通信』の写真付きメッセージは実はNGです。「ただいま呑み中〜」と表してお酒の写真を送られてきても相手は「は?だから?」と思ってしまいます。同じ写真を送るにも、「これ、すごく口当たりがまろやかで美味しいから、今度、是非、一緒に飲んでほしいお酒!忘れないように写真送っとくね!」と書けば、随分、印象が変わります。

他に、旅先からの景色の写真を送る時などにも、「キレイな夕日!一緒に見たかったな……なんて思ったので、取りあえず写真だけど一緒に見て!(*^^*)」など、相手本位で文面を考え、相手と関係性を持たせることが大切なのです。


返信したくなるLINEテク⑥:あえて「返信はいつでも良い」という


早く返信が欲しくてうずうずしているわけですが、あえて返信を急がないという一文を入れるのもテクニックの1つです。その場合も、やはり相手のことを気遣った文面にすることがコツです。

「忙しいと思うから、返信、手が空いたときで全然OKだから!」や、「忙しそうだなって分かってるのにLINEしてゴメン。でも、これがあるとモチベーションアップするので!(≧▽≦)返信、待ってるのも楽しいから、急がないで、手が空いたときによろしくね!」と、いつになっても良いので返信を楽しみにしているということを上手に表現できれば、返信が来る確率がグッと上がります。


返信したくなるLINEテク⑦:スタンプの有効な使い方


LINEといえば、豊富なスタンプも魅力の1つですね。スタンプを有効に使うというテクニックも、返信が来る確率を上げるのに一役買ってくれそうです。

コツは、相手が使ったスタンプと同じものを購入し、その中でまだ、相手が送ってきていないスタンプを使うという方法です。「あ、○○(相手の名前)も、これ買ったの?」と返信が来たら、「うん○○が使ってるの見て、センス良いな(面白いな・可愛いな)と思って。」と返します。相手は、自分が送ったスタンプを気に入ってくれたことが嬉しくて、「他にこんなのもあるよ!」など、話が弾むかもしれません。

いかがでしたか?LINEの返信をゲットするには、相手が『この人とLINEしていたら楽しい』と思うような会話をすることがポイントです。それには、相手のことを思いやり、相手のことを喜ばせようと考えて文章を作るのが手っ取り早い方法なのです。是非、試してみてくださいね!

まだ風俗にお金かけてるの?3000円で3~4人セフレができちゃう!?

PANPAN編集部の佐々木耕平です。PANPAN編集部の先輩に教えてもらった技を大学の同期、紙井誠(仮名)に教えた時とその後の実体験をマンガにしてもらっちゃいました。







セックスマッチングアプリ◯◯とは!?

セフレ3人と3000円でゲットとなっていますが、当たり前ですが、3000円で7人とセックスした上で相性の良い3人とセックスしたということですからね(笑)マンガではスペースの都合上削除されています。

マンガの途中ですが、セックスマッチングアプリ◯◯って気になっちゃいますよね?マンガで紹介しているセックスマッチングアプリの正体はPCMAXです。

最初は平均1~2000円で1人セックスできて2回目以降は1000円以下でできちゃいます。私みたいにちょっと慣れると1人500円以下でセックスできちゃいます。先輩方は300円1SEX500円1セフレが普通だと言っています。



PCMAXを知らない方のために・・・

PCMAXを知らないという方のために解説しますね。マンガの後半はPCMAXの説明終了後始まります。

PCMAXは、10年以上の運営実績を誇る国内最大級の出会い系アプリで、老舗サイトです。老舗だけ合って24時間サポート&監視を行っており、ユーザーが危険な目に合わないように目を光らせています。

だからこそ、か弱い女の子でも安心して利用できちゃいます。



他の出会い系と違ってエロに特化した出会い系あぷりなのでエロくてセックスしたい女の子が多く集まっているのでまさにセックスマッチングアプリです。














今ならスタートダッシュキャンペーンでポイント購入が超お得!

pcmaxkizisita002

そこでオススメなのが、現在開催中の1000万人突破記念、スタートダッシュキャンペーンです。期間中の今なら、1000円分無料でお試し出来る上にかなりオトクにポイントが買えます。

pcmaxkizisitasdc001

新規会員登録直後のアイコンが初心者のマークのうちは、掲示板で目立ちやすくなっていて、かなりマッチングしやすいので登録初月にガッツリメッセージを送って大量にセフレをゲットするべきです。

慣れればたった5000円の投資で10人位セフレが作れちゃいます。セフレなら、一生タダでセックスできます。

PCMAXスタートダッシュキャンペーン

緊急速報:遂にスタートダッシュキャンペーン終了

スタートダッシュキャンペーンは


オトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。

deaipoint01

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る