1
コレ知らないと絶対損するヤツ!遠距離恋愛を上手く続けるコツ

コレ知らないと絶対損するヤツ!遠距離恋愛を上手く続けるコツ

10,807 views

遠距離恋愛にはコツがあって、普通の惰性な付き合いの感覚でいると必ず破綻します。と言ったら難しく感じるかもしれませんが。そんなことはなくて、要するに少し工夫が必要なだけです。少し理性的な部分を増やしさえすれば気持ち的な負担が和らぎます。では、どんなことを気をつければいいのか、おさらいしていきましょう。


遠距離恋愛のコツ1: 浮気する


遠距離恋愛のコツ1: 浮気する

本命な彼女と長続きしたいのなら浮気はしたほうがいいです。言ってしまえばガス抜きです。普通なら週に一度くらい会える彼女と、数週間とか1ヶ月とか会えないわけですよね。セックスもできなければ口説きもできない。男として機能できないことへのストレスは半端ないです。この対処法として、適度に浮気することをオススメします。もちえおん内緒でバレないように、金夜とかに飲みに行けるカワイイ女の子をキープしておくんです。すると例えば次の日に彼女とスカイプする時に驚くくらい優しくなれている自分にビックリします。普通なら会えないイライラを八つ当たりしてしまったりするところですが、そういうこともなく。彼女もあなたがご機嫌なのを見て安心するんです。


遠距離恋愛のコツ2: 一途を貫きすぎない


遠距離恋愛のコツ2: 一途を貫きすぎない

逆にやってしまいがちなミスは一途を貫くことです。よく私の話では出てくる法則があります。いや、真理すぎて原則とでも呼びたいくらいです。女性は一途になられることを嫌います。重いんです。「私だけを見て」、というセリフはドラマの中だけで完結です。本当は一緒にいて気軽で楽しげな男がモテるんです。遊ばれるのは嫌だと散々口では言いながら、軽い男に騙されて泣き寝入りしている女の子が後をたたないのはこれが原因です。遊ばれたくなかったら最初から一途で重い男を選べばいいのにそういうことはしないで、気軽さを求める結果遊ばれる。愚かなものですが、逆を返せば男は遊べば重さが半減します。単純な割り算です。二人の女の子を愛せば一人当たりにかかる負担は半分ですみます。そういうのを求めているんです。もちろん本命は変えません。彼女中心に物事は進んでいきます。でももう一人いるという軽さをどこかで持つ、そうこうしてるうちに遠恋の期間があっという間に終わっていきます。なぜなら楽しい時間は過ぎるのが早いからです。重い時間はなかなか過ぎません。つまんないし重苦しい、ケンカばかりして別れてしまうわけです。


遠距離恋愛のコツ3: サプライズで会いに行こう


やってる人も多いかもしれませんね。いきなり会いに行きましょう。以前の会話で出てきたお土産を買って新幹線や飛行機に乗って行きます。部屋を訪れる直前に電話をかけて、「会いたいから来ちゃった」でOK。もちろん多少は困惑しますので。ちゃんと明日、忙しくないことを確認してから行きましょう。で、会うとい行為が遠距離ではすごく大きな価値を持つわけです。同棲中のカップルは会って当たり前、その対極ですね。花束などを準備してドアを開けた彼女に差し出すとステキです。そういうことをあまりする人っていないだろうと思います。彼女も新鮮な体験にますますラブは燃え上がります。

まあ遠距離中は。仕事はともかくプライベート。暇になりがちです。特に自分のほうが赴任した場合などなかなか土地にも慣れてないし友達も一から作るのも面倒臭かたったりして週末は基本家いたり一人で飯食ったりと寂しい毎日。であれば思い切って行っちゃってもいいと思われます。イベントを仕掛けて遠距離を逆に楽しむ作戦ですね。


遠距離恋愛のコツ4: 遠くに旅行に行こう


自分たちの距離以上に遠くに旅行に行きましょう。海外とかですね。欧米とか遠いです。そこまで一緒に行って、いつもとは全く違う環境を共有します。この異文化、日本からの距離を考えれば自分たちの距離なんて大したことない、決意を新たにできるわけです。もっとも旅行の計画をを立てることがきっかけで色々なやりとりが生じます。連絡を密にとるきっかけにもなるわけですね。旅行の計画はわくわくしますよね。その感覚を共有するだけでです、オシドリカップルも恋心が再燃です。個人旅行だとまた、打ち合わせる内容も多くていいかもしれませんよね。


遠距離恋愛のコツ5: サークルに入る


趣味でもスポーツでもなんでもサークルに入るといいです。一つ違ったコミュニティを作るということですね。すると気がまぎれるし、何かに没頭すると遠距離のモヤモヤがその瞬間はなくなるわけです。例えば気持ちいい汗をかいてるときは恋愛モードは一旦停止ですよね。そういう場を、特に週末などのお休みの時に作るとマルです。

私自身も遠距離中はテニスに没頭してました。平日の夜も壁打ち特訓などしまくって、遠距離中にやたらと上達したのを覚えています。


遠距離恋愛のコツ6: 風俗を活用する


これも性欲対処法の一つですね。風俗は行きたいだけ行ってください。先ほど紹介した浮気をしよう、では唯一のリスクとして情が移って本命とキープが入れ替わってしまう。というリスクがあります。そうならないためにも、風俗活用がより安全です。まあこちらは毎回定額料金がかかる上、本番できるかわからないというリスクはありますが。安全策ですね。

風俗嬢をセフレにするというすごく便利な作戦もあります。特に地方都市では。仕事とプライベートの境界が曖昧な嬢がいて、気が合えば飲みくらいはアリなんです。それを利用しましょう。


遠距離恋愛のコツ7: 彼女の存在を忘れる


思い出すから苦しいし、一途であるから重苦しい、会って言葉をかわすこともできなければセックスだって当分オアヅケ。久々に会ったその日に限って女の子の日だったりするんです。もう悩まない。それも一つ。会うまでは当分なるべく彼女なしのモードで過ごします。まあ合コンも行くし風俗も。エロ系だけじゃなくても別に忘れてしまうんです。本当に忘れられるわけはないので次会うときは楽しみにしていいのですがこういうスタンスで距離をある程度とっておく。するといないことが当たり前になってあまり苛立ちません。会ったり話したりするときは思い切り楽しめばいい。オンとオフをくっきり切り替えるという話なんです。

いかがでしたか。遠距離恋愛ののコツ7選でした。主に性欲対策に重点をおかなくてはならないのが男のサガですね。バレないように上手にやってくださいね。あくまで本命第一優先ですよ。

【1分でセックス確定】AV女優紗倉○なが暴露した、超簡単にセックスが上手くなる方法とは

セックスの経験が少なくセックステクに自信がない。セックスを上手くなって女性を感じさせたい。

セックステクを上達するためには経験人数を増やすことが一番の近道

風俗で本番セックスすると、安くてもホテル代込みで2~3万円かかります。何回もいける値段ではないですよね。

近場でセフレがいれば便利なのにと思ったことはありませんか。
相手の家や近場の漫喫・カラオケでセックス。

当然ですが、男性だけでなく女性も同じことを思っています。

【風俗消滅】"セックス相手募集中”の女性とセックスする方法とは

セックス相手募集中の女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用すること。

女性は男性以上に性欲があります。しかし、女性は友達の目を気にして、ネットでこっそり募集します。

少し前に、AV女優の紗倉まなさんがテレビでAV女優も使っていると暴露し話題になっていたのを覚えていますか?


セックス相手を募集するために使われているのが、匿名可能なPCMAX【R18】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流。

PCMAXだと、セックスすることが目的なので余計なデートは必要なし

PCMAXがセックスできる女性と出会える理由

登録者の人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 PCMAXに登録したら、まずアダルト掲示板内の「スグ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上


パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

会う場所はお互い都合の良い駅前で待ち合わせる約束をすればOK。

PCMAXが女性に人気の3条件

・匿名可能で知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌で話題
と知名度が高く安心して使えるからです。
10年以上も運営をしている老舗で登録者も1000万人以上いています。


都内には色々なところにPCMAXが掲載されていて信頼できるのも女性に人気の理由の1つ。

PCMAXを使うと慣れれば500円でセックスできた

結論として筆者は5000円課金して7人と14回セックスできました。1人目こそ1000円位かかりましたが、最終的には1人500円でセックスできます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとPCMAXに課金して近くでセックスができる女性を探す方がコスパ良いですよね。


たった1ヶ月でセックステクの上達が凄い!女性を簡単にイかすことができた

PCMAXを使うまでは、経験人数1人の筆者でしたが、1ヶ月で7人とセックスすることで今までとはレベルにならないセックステクとセックスに対する自信をゲット

女性が「感じる場所」や「力加減」など教えてくれるので、最終的には女性に何も言われなくてもイかせることができました。

今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.4倍になるキャンペーン中


セフレが数人欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定ポイント増量キャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら会員登録無料で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とポイント増量キャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。
女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、のぞいて見てください。


本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス。

緊急速報!まもなくポイント増量キャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

【1分でセックス確定】AV女優紗倉○なが暴露した、超簡単にセックスが上手くなる方法とは

セックスの経験が少なくセックステクに自信がない。セックスを上手くなって女性を感じさせたい。

セックステクを上達するためには経験人数を増やすことが一番の近道

風俗で本番セックスすると、安くてもホテル代込みで2~3万円かかります。何回もいける値段ではないですよね。

近場でセフレがいれば便利なのにと思ったことはありませんか。
相手の家や近場の漫喫・カラオケでセックス。

当然ですが、男性だけでなく女性も同じことを思っています。

【風俗消滅】"セックス相手募集中”の女性とセックスする方法とは

セックス相手募集中の女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用すること。

女性は男性以上に性欲があります。しかし、女性は友達の目を気にして、ネットでこっそり募集します。

少し前に、AV女優の紗倉まなさんがテレビでAV女優も使っていると暴露し話題になっていたのを覚えていますか?


セックス相手を募集するために使われているのが、匿名可能なハッピーメール【R18】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流。

ハッピーメールだと、セックスすることが目的なので余計なデートは必要なし

ハッピーメールがセックスできる女性と出会える理由

登録者の人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 ハッピーメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「その他の掲示板」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上


パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

会う場所はお互い都合の良い駅前で待ち合わせる約束をすればOK。

ハッピーメールが女性に人気の3条件

・匿名可能で知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌で話題
と知名度が高く安心して使えるからです。
18年も運営をしている老舗で登録者も2000万以上


ananやGLITTERなど有名誌に掲載されているのも女性に人気の理由の1つ。


ハッピーメールを使うと慣れれば500円でセックスできた

結論として筆者は5000円課金して7人と14回セックスできました。1人目こそ1000円位かかりましたが、最終的には1人500円でセックスできます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとハッピーメールに課金して近くでセックスができる女性を探す方がコスパ良いですよね。


たった1ヶ月でセックステクの上達が凄い!女性を簡単にイかすことができた

ハッピーメールを使うまでは、経験人数1人の筆者でしたが、1ヶ月で7人とセックスすることで今までとはレベルにならないセックステクとセックスに対する自信をゲット

女性が「感じる場所」や「力加減」など教えてくれるので、最終的には女性に何も言われなくてもイかせることができました。

期間限定でポイントが最大1.4倍になるキャンペーン中


セフレが数人欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定キャンペーンを利用し、お得にポイント追加してください!


今なら会員登録無料で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とポイント増量キャンペーンは予告なく終了してしまいます。

おトクにポイント購入できるラストチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。

登録は1分で完了
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る